ドクダミ茶作り。その2  
   随分遅くなってしまいましたが、続きです。<(_ _)> さて、10日ほど乾燥させたドクダミ。
    薬効を期待するならば、このままを煎じて飲んだ方が良いのかもしれません。 
                    (さらに期待するなら、生葉で作る青汁が良いそうです。。)
c0150974_16195677.jpg
    一応、軽~く煮出して飲んでみました。(湯500cc+葉5g弱、弱火煎出2~3分)
c0150974_22415684.jpg
   うぅ~む、、かなり若々しく青々しいと言ったお味です。
   干し具合が上品すぎたのでしょうか。。 とても甘くて爽やかな風味を感じるのですが、
  少し青臭く、後味にドクダミ香とアクっぽさが残ります。(飲めない程では無いのですけど。)

   で、焙煎を試みました。 焙烙があれば良いのですが、無いので空焚きOKの鍋を用意。
  夫ふろやん所有の使い込まれた中華鍋を借りて、なるべく油分を洗い落として使用しました。
   理想はほうじ茶のような明るい褐色ですが(見るからにメイラード反応しましたって色!^^)、
    とりあえず、焦がさずに全体が褐色になるまで、を目標に焙煎開始。 
   鍋を軽く熱したら葉を投入し、弱火でじっくりと焦げないように炒っていきます。
      葉を投入した途端、甘香ばしい香りがふわ~っと立ち上りますよ♪
c0150974_1620759.jpg
    葉が大きく縮れているとムラになってしまうので、ヘラで潰して細かくしながら炒りました。
   ↓この状態で、開始から25分。ちょっと慎重すぎたかな~。。でも意外と焦げやすいんです。
c0150974_16203846.jpg
   ↓30分経ったら疲れてしまって、ここで終了。多少の緑色は気にしない気にしない。。
c0150974_16204883.jpg
    焙煎前と同じ条件で煎れてみました。
   水色もだいぶ違いますが、香味はとても香ばしく、コクが出てまろやかになりました。
    相変わらずドクダミ香やアクっぽさはありますが、香ばしさに覆われてぼやけた様子。
   甘味や清涼感もはっきりして、焙煎前に比べて飲みやすくなったことは確かです。
c0150974_16205819.jpg
    よく市販のドクダミ茶には、「焙煎して飲みやすくしました」と、もう一つ
              「ブレンドして飲みやすく…」と書いてあるものも多くありますでしょ?
   そこで、焙煎したドクダミ葉を半量に、はと麦茶の(焙煎・粉末)を足して煎じてみたのですが
    確かに、それぞれ単品とは違う味の拡がりになり、飲みやすくなるように思いました。

   今年の手作りドクダミ茶。 自分としては美味しく出来て、上出来だったと思います。
   それと、干したばかり・焙煎したばかりより、数日間袋に入れて保存していたモノの方が
      同じように煎れても、美味しく感じられたような気がします。
  もう殆ど飲んでしまって残りわずか。でも、旬の時期にちょこっと楽しむには十分な量でした。
                                また来年を楽しみに~。^^      
[PR]
by aku_beeno | 2009-07-11 19:58 | チャ以外の茶 | Comments(8)
Commented by ke-ko528 at 2009-07-11 21:38
おお!自家製ドクダミ茶~、ついに完成ですね。
昔飲んだ(飲まされた)ドクダミ茶は
思いっきり茶色だったような気がするのですが
(幼いころの記憶なので定かではない)
ひょっとしたら麦茶かなにかとのブレンドだったのかな~。

生葉で作る青汁・・・・・・?
想像しただけでも恐ろしい・・・・・(*_*)
Commented by aku_beeno at 2009-07-12 00:28
けーこさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
記事を書くのが随分遅くなってしまいました。<(_ _)>
たぶん、私の煎れ方が薄いのだと思います~。
薬的に煎れるなら、もっともっと濃くなきゃダメですよね。
ご実家も自家製だったのでしょうか?
生の青汁はさすがにキツそうです。味覚のダメージだけでは済まないような…。。
Commented by suze69 at 2009-07-12 03:16
続きを待っていましたー!

自生のドクダミの花はとうに枯れてしまいまいましたが、
お茶使用としてはだいじょうぶでしょうか。



うちの広東中華鍋はかなり油吸ってるし、それをとったら最初の購入仕込みの意味ないし…

土鍋はあかんかな??





Commented by aku_beeno at 2009-07-13 12:47
suzeさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
花の頃にお茶を作る理由は、花には葉に無い有効成分が含まれているからだそうで
別に気にしないのなら、いつ作っても良いように思うのですが~どうでしょう。
只、今のドクダミの葉は、強い日光を浴びて随分と生長しているので
もしかしたら、渋などのアク成分が多くなっていている可能性もありそうです。

土鍋…う~む、どうでしょうねぇ。基本的には空焚きはダメだったような。。
ちょっと分かりません。
Commented by suze69 at 2009-07-14 22:13
そういえば、枯れている感じではなく、葉の渕が錆色っぽく変色してきています。
コレが灰汁かな。

ほな、テフロン加工のフライパンにします♪

Commented by aku_beeno at 2009-07-15 21:30
suzeさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
先の方の柔らかそうな葉で作ったら大丈夫かも。
美味しく出来ると良いですね~!^^
Commented at 2009-07-19 11:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aku_beeno at 2009-07-21 14:40
鍵コメさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
小学生の時ってそうなんですよね~。
変な風に呼んでみたいだけなんでしょうけど。。
私の場合もなかなか酷かったですよ。下ネタでしたし。^^;
ここではちょっと言えません。(笑


<<   梅シロップ、発酵。。     ツバメの飛行訓練。   >>