わらび餅~葛餅風。  
    夏になると作りたくなる、わらび餅~♪  (と言っても…甘藷澱粉餅なんですが。^^;)
        子供の頃からよく母と一緒に作って食べていました。
c0150974_167326.jpg
    お店では色々な種類の“わらび餅の粉”が売られていますが、
                今回購入したものは、甘藷澱粉85%+葛粉10%+蕨粉5%。
      葛粉の気持ちリッチ?な配合だったので、葛餅風に黒蜜ときな粉でいただきました。
   (いつもはスプーンで一口大に丸めて冷した餅に砂糖入りきな粉をかけていただいてます。)
    水分を少し減らして弾力の強い餅にしてみたところ、葛感がアップして美味しかったです。

      :材料:(2人分)
    わらび餅の粉50g、砂糖25g、水230g。 黒蜜 適量。 お好みのきな粉+塩少々。   
   鍋にわらび餅の粉と砂糖と水を入れ粒がなくなるまで混ぜる。中火にかけながら混ぜていく。
   粘りが出て完全に透明になったら火を止め、冷水にスプーンで一口大ずつ丸めて落とすか
   型に流して型ごと冷水に浸ける(粗熱が取れたら冷蔵庫へ)かして冷し固める(2~3時間)。
               冷し過ぎると白く硬くなってしまうので、冷えたら直ぐいただくのがグーです。

    わらび餅が東海道・日坂宿の名物だったことが、江戸初期の書物に書かれているそうです。
   その頃からすでに蕨粉が希少で、葛粉を混ぜたり、葛餅をわらび餅と言ったりしていたとか。
      餅にしてしまえば、葛だろうが蕨だろうが客には判らない…んだそうで。。。。
    それにしても、蕨餅そのものの起源は、とても古いみたいですね。
                日坂(掛川~金谷の間)の名物だったのか~知らなかったナ。@@
[PR]
by aku_beeno | 2009-08-21 21:38 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)


<<   16日日曜の夕暮れ。     今日も。   >>