バナナのマドレーヌ。  
    黒くなったバナナが1本。 軽く焦がしたバター入りの生地に混ぜて焼いてみました。   
                生地はマドレーヌなのですが(・・たぶん)、型が無いのでマフィン型で。
c0150974_9173724.jpg
   ノワゼットバターと言えば、ナッツの粉をたっぷり使って作るフィナンシェに欠かせないバター。
     バターをハシバミ色に焦がして使うことで香ばしいコクのある風味になります。
   マドレーヌとフィナンシェってすごくよく似ているのですが、今回、卵は卵白ではなく全卵を、
    小麦粉が多くナッツの粉が少ない生地でしたので、フィナンシェではなくマドレーヌ。たぶん。 
       バナナとバターでとてもしっとり、そしてふんわり軽く、美味しく仕上りました。
   
      :材料:(マフィン型で9個分)
    無塩バター100g、全卵80g、きび糖80g、ハチミツ10g、アーモンドパウダー15g、
    薄力粉100g、BP3g、バナナ1本+ダークラム小さじ2。 ブルーポピーシード。
  ※ノワゼットバター。バターを色付くまで火にかけて、かすを濾して使う。
      泡立てた卵に砂糖、粉類、バナナ、ノワゼットバターの順に混ぜていく。180℃25分。
   焼く前に生地を1晩ほどしっかり冷やしておくと、ぷっくりした形の膨らみができるそうです。
[PR]
by aku_beeno | 2009-08-26 18:50 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)


<<   太陽光ビーム。   夏の、ある夜の珍客。   >>