スカルラッティのピアノソナタ。  
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン・2010。 今年は生誕200年のショパンがテーマ。
今年こそ行ってみたいと思っていたのですが、チケット発売日にうっかり出遅れてしまい
2時間遅れで電話してやっと繋がったかと思えば、チェックしていた公演は全て完売。
                                           (あぅぅ~。。)

『のだめ』効果と、近頃、夫・ふろやんがチューバの練習を頑張っている影響を受けて
私もぐぐっとクラシック音楽付いています。 『のだめ』のおかげで初めて知った曲も多くて
のだめが授業で弾いていた課題曲・スカルラッティのピアノソナタも、その1つ。
曲を聴くまで、スカルラッティがモーツァルトより前のバロック時代の人だとは知らず
ふろやんが好きらしいというだけで、勝手に現代音楽家とばかり思っていました。-_-;

ドメニコ・スカルラッティは父親も有名な親子鷹的イタリアの作曲家(兼オルガン奏者)で、
  近代的鍵盤楽器奏法の父と言われているそうです。 イタリアなどで活躍したのちは
ポルトガル王家に仕え、宮廷楽長や音楽教師をしていました。 チェンバロを教えていた王女
バルバラがスペイン王家へ嫁ぐ際、スカルラッティも随伴してスペインへ渡っています。
500曲を超えるピアノ(チェンバロ)ソナタは、スペインで作曲されました。
                          (全てバルバラ王女の練習曲だとか。すごい!)
ふろやんにCDを借りて聴いていますが、スペイン風の旋律があちこちにちりばめられていて
爽やかで素敵な曲ばかりです。 沢山あるから似た曲も多いですけどネ。^^

チェンバロの演奏(CD)を聴きながら思ったのは、
        これをギターで演奏してみたら、すごく良いのではないだろうか?ということ。
で、探してみれば、やはりありました。
c0150974_15421777.jpg
チェンバロのキラキラとは違った、クラシックギターの柔らかく艶っぽい音色、
    私はギターが好きだから余計なんですけど、哀愁が漂うような旋律は、もうっ最高です!
またこのCDはデュオの演奏がとても素晴らしく録音も良くて、お気に入りの1枚となりました。
録音が良いというのは私の場合、演奏会へ行っているのに近い状態で聴けることです。
  
先日買ったCDの中に、演奏はとても素晴らしいのに録音が物凄く気持ち悪いものがありました。
例えば映像でオーケストラの演奏を観ていると、オケ全体が鳴っている時はオケ全体を捉えた
広い画角で映っていて、ソロなどではメインの楽器がアップで映ったりします。
                           それを、音でやったような感じに聴こえるのです。
 メインの楽器がアップになると、息継ぎや弓の滑るような音が必要以上に目立っているし
横から聴こえるはずの音が真ん中から聴こえるのも、何か気持ち悪い。 高音もキンキン。。 
 せっかくのゲルギーの春祭なのに、残念でした。。 録音、大事ですね~。  
   
のだめが弾いていたピアノソナタは、K159番(K番号、L番号などある)と判明。
楽譜もあるし素敵な曲なので、私も弾いてみたいな~なんて気持ちになったのですが
                            楽譜を見てすっかり怖気づいてしまいました。
 基礎練習で挫折して以来ピアノを弾いていない私には、やはり無謀すぎたみたいです。
 それでも、ピアノで弾いている動画はないかと探してみると、驚愕の動画を発見!

 T. Koopmanのチェンバロ演奏・K513番
 ギターデュオの演奏・K461番 ※CDの演奏者とは違います。
[PR]
by aku_beeno | 2010-04-08 12:41 | 音楽 | Comments(10)
Commented by ke-ko617 at 2010-04-11 12:30
今年のLFJはショパンがテーマだったので、いいプログラムがあったら行こうかな~と思っていました。
ポゴレリッチのコンチェルトを聴きたかったのですが・・・・
こわくてやめました。^^;
(彼のコンチェルトのCDは大好きなんですけれど)

スカルラッティのソナタは数曲しか知りませんが
短いので聴きやすい^^;ですよね。
楽しくてかわいらしいし。
Commented by scanandyou at 2010-04-11 13:02
ギターデュオ&8歳少女ピアノ、
どちらも素敵です!
私が高校生頃(大昔)、ホロヴィッツのスカルラッティ・ソナタ集が
発売されてツボに嵌り、しばらく毎日聴いていました。
ショパンもいいよねえ~(ノ*´∀`)ノ
Commented by aku_beeno at 2010-04-13 13:19
けーこさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
ポゴレリッチさん、『ポゴレリッチ事件』の人だと夫に聞いて調べてみましたが
なるほど~型破りで個性的な演奏をする方なのですか~私も聴いてみたかったです!

スカルラッティの曲って3分くらいから長くても10分くらいですものね。
集中力が続かない私には、ぴったり。^^
楽譜を見ると、繰り返し部分が多くて、さらにコンパクトに感じられますが
でも、中身は難しい(初心者には)のですよね~。。
Commented by aku_beeno at 2010-04-13 13:28
scanandyouさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
ホロヴィッツさんのソナタ集、スカルラッティと言えばというくらいの名盤なのですね。
私はコープマンって方のチェンバロのCDが気に入って聴いていました。
遅れ馳せながらふろやんにホロビッツさんのCDを借りて聴いてみましたが
ピアノ、素敵ですね! L23番(K380番)はチェンバロでも好きな曲ですが
ホロヴィッツさんのL23番は特にぐっときました~♪
今まで私はピアノ曲を全然聴いてこなかったので、ショパンの年の今年は
少しピアノの曲に親しんでみようかと思っています。^^
Commented by 3姉妹パパ at 2010-04-19 19:42 x
ようやくYouTubeを聴いてみました。
>「T. Koopmanのチェンバロ演奏・K513番」
⇒気持ち良い~♪
 チェンバロってこんなに深イイって知りませんでした!
>「ギターデュオの演奏・K461番」
⇒昔、クラシック・ギターでカルカッシの教則本をやったのを思い出しました。
 完全に忘れてた記憶。
 懐かしい♪

で、両方を同時再生しちゃったら・・・・気持ち良い~~~♪(笑)
脳が和んでます。

良い刺激をありがとうございます。
Commented by aku_beeno at 2010-04-21 18:56
3姉妹パパさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
和んでいただけて良かったです~。^^
同時再生でも和めちゃうとは、パパさん素晴らしい~♪
チェンバロとギターはどちらも弦を弾く音なので相性は良いですよね。
マッテオ・カルカッシの練習曲を2・3曲動画で聴いてみましたが、すっごく好いです!
今度楽器店に行ったら教則本を探して見てみます~。
Commented by もうもう at 2010-05-05 00:46 x
まぁ、明暮日さんものだめを見ていたんですね~~。ふろやんさんは無理かも、と思い込んでいたので、なんとなく、明暮日さんものだめを見なかったと思っちゃってました。反省。
映画を見に行きたいけど、行けそうもなく、DVD待ちです。

取り上げられていた曲を聴いてみたいけど、お勧め度合いを聞いて見たいと思います。漫画中心だから、曲のイメージが湧かないんですよね、いつも。。。
Commented by aku_beeno at 2010-05-05 19:51
もうもうさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
こちら2人して、のだめ好きですよ~。^◇^
私はドラマでのだめを知って、それから原作コミックを読んだクチですけど
ふろやんの方は、もっと前から原作をちょくちょく読んでいたのだそうです。
のだめにはホント沢山の曲が出てきて、原作の場合曲を知らないと
ちょっとツライ部分がありますよね。。 私も色々聴いてみようと思っているのですが
まだ全然聴けていないんですよ~。。 聴いた中ではスカルラッティのピアノソナタや
ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調がお気に入りです。^^
Commented by もうもう at 2010-05-06 22:42 x
まぁ、そうでしたか!うちも2人でのだめを追いかけてますよ(笑)もちろん、DVDは揃えちゃいました。
手元のCDから聞いていると、ピンクのモーツアルトとかテレビのエンディングの曲とかは好きかな♪
そのあと買った中では、辻井伸行(結構ハマっている私)と佐渡裕のラフマニノフのピアノ協奏曲2番は大好きです。

子どもの寝かしつけに童謡を歌ってきたけど、レパートリーが尽きてきたこともあり、手持ちのピアノ選のCDなどを聞かせています。今は、辻井伸行のマイ・フェイヴァリット・ショパン のCDを聞かせています。
寝かしつけに良さそうな曲があったら教えてくださいね。
Commented by aku_beeno at 2010-05-07 18:56
もうもうさん、どうもです!(^-^)ノ
DVD>こちらもですよん~。同じく映画もDVD待ちで。^m^
ラプソディー・イン・ブルーはエンディングにぴったりですよね。
今年はピアノ曲を色々聴いてみようと思っているので
ベビーちゃんが寝るのに良さそうな曲を見つけたらチェックしておきますね♪


<<   お花見。     春の嵐。   >>