茶の新芽と桜海老のかき揚げ。  
八十八夜が近づいて、茶摘前線が北上してきました。 
  今年は3月4月と寒い日が続いて、新芽の状態が心配されました。
19日に静岡で行われた新茶初取り引きでも、霜害のため生育が遅れ
                        前年に比べて2割ほどの量(8割減)だったそうです。 
家のベランダでは茶の樹2株を小さな鉢植えにして育てていますが、霜害は無かったものの
 2株で成長具合が違っていたり同じ株でも芽が揃っていなかったりしています。
    それでも、片方の株の芽がいくらか一芯ニ葉になってきたので、茶摘み決行です!
c0150974_20102048.jpg
  少ないですが、貴重な新茶葉。(昼に摘んで夜まで置いたので、少ししんなりしています。)
 新茶葉は表面がツルツルピカピカで、本当に綺麗な若緑色。(生えている姿は左上の写真を)
c0150974_20102878.jpg
 お茶を作れるほどの量ではないので、
   これまた今が旬の桜海老(残念ながら干し海老でしたが)と一緒にかき揚げにしました。
 最近はコレを、駿河揚げと言うらしいですね。^^; お酒のCM用の呼称だと思いますが。
c0150974_20103673.jpg
               塩をパラリと。 ほんのりお茶香が香って、美味しかったです☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-04-27 10:34 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
Commented by kororogi2 at 2010-05-05 23:29
貴重な新茶葉で天ぷら!
おいしそうです♪
Commented by scanandyou at 2010-05-06 14:09
茶葉の天ぷらは初めて!
どんな風味かなあ~。
『明暮日~』らしい一品ですね~♪
Commented by aku_beeno at 2010-05-07 18:20
kororogiさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
もう少し、多く摘めると思っていたのですけどね~。
遅れていた新芽はこの暑さであっという間に成長し、摘み時を逃してしまいました。
貴重な新茶葉、美味しかったですよ~♪ ^^
Commented by aku_beeno at 2010-05-07 18:30
scanandyouさん、ありがとうございます!(^-^)ノ
久々のお茶記事です~。^^ゞ
茶の生葉は苦味が強いのですけど、新芽を天ぷらにすると美味しいんですよ~。
生葉を手に入れるのは難しいので、替りに、良い玉露や煎茶の新茶が手に入ったら
1~2煎飲んだあとの茶殻を汁気を切って、同じように天ぷらにしても美味しいと思います。
よかったらお試し下さい。^◇^


<<   メロンパン作り。     うぐいす餅。   >>