久々、お抹茶。  
   久しぶりに抹茶が飲みたくなって、静岡の抹茶を買ってみました。
c0150974_1893163.jpg
   静岡に数ある茶産地、その殆どは『煎茶』の産地でありますが
                唯一、岡部町(現・藤枝市)は『玉露』の産地として知られています。
 抹茶では無くて玉露?と、思われるかもしれませんが・・・
   玉露は一見、煎茶と似ているのですが、栽培方法は『覆下(おおいした)栽培』と言って
 簡単に言ってしまうと、抹茶の素である『碾茶』と殆ど同じ栽培の仕方をしています。 ですから、
  抹茶の産地では玉露も、玉露の産地では抹茶も作られていることが、ある訳なのです。

    早速、飲んでみました。   点て方は全くの自己流(適当)にて。。<(_ _)>
c0150974_18102433.jpg
   青羽根地区産、エメラルドグリーンで色鮮やかな抹茶との説明で買ってみたのですが
  もう少し青い色を想像していたものの、確かに鮮やかで綺麗な色が気持ち良いお茶でした。
    お味の方は、少々甘味が少ないです。 でも、ミルクととっても相性が良さそうな感じ。
c0150974_18162333.jpg
     前回点てた泡の表面に、大きな泡が出てしまうのが気になっていたのですけど
   少し良くなったかな?  最後の方で茶筅を浮かせて振ると、泡が細かくなるみたいなので
                                暫くはそれで、やってみます。
c0150974_18141618.jpg
    抹茶2gに70℃のお湯60mlが1杯分の目安だそうですが、それぞれお好みで!^^
[PR]
by aku_beeno | 2010-07-04 18:50 | | Comments(2)
Commented by ke-ko617 at 2010-07-12 00:18
けっこうたくさんの抹茶(粉)が入っているように見えますね。
あくびさんはいつもこれくらい?

なんてきめ細かい泡!とても上手に点てられていますね。素晴らしいです~。
Commented by aku_beeno at 2010-07-13 10:25
けーこさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
確かに少々濃い目かも! たまにしかいただかないので、飲む時は
ちょびっと茶杓の盛りが贅沢になってしまうのですよね~。
でも表面の景色だけで、分かる人には分かってしまうのですね。。流石デス!
泡立てるのが楽しくて、目一杯泡立てて飲んでおります。^^


<<   鶏はむ。     ゴーヤの雌花。   >>