月見団子。
 日中の猛烈な暑さに十五夜とはちょっと信じられない気持ちでしたが、夜になると月が昇り
  近くに寄り添う木星と一緒に、夜空を華やかに照らしていました。
 中秋の名月・芋名月と言うことで、今回は芋の形をした関西風の月見団子を作ってみました。
c0150974_2353465.jpg
 巻いてあるあんは雲を表しているそうです。 今回、粒あんを使ったので、少々ぼってり。
  こしあんを薄く巻いた方が、月を覆っては過ぎて行く薄雲の風情が出たかもしれません。
 折角なので、満月も作ってみました。 サツマイモのあんで団子生地を包んであります。
   団子生地は上新粉8:白玉粉2に砂糖を少々加えた生地。
 水分が多かったみたいで軟らかめの団子になってしまったのですが、美味しくいただけました。

  夕ご飯を食べてまた空を見てみると、空一面が雲に覆われてしまっていて
         残念ながら、月も見えず。    もしや、、粒あんが厚すぎた・・・せい?!

  :団子生地:
 白玉粉20g、上新粉80g、水(お湯)100g弱、砂糖20g。
 白玉粉に分量の水から少量を加えて捏ね、上新粉と砂糖とお湯を加えて捏ねる。
 きれいにまとまったらちぎって蒸し器に並べ、15分くらい蒸す。
 蒸し器から取り出した生地を滑らかになるまで捏ねてまとめたら、丸めて出来上がり。
   蒸した生地を捏ねる時はオーブンシートを使うとくっ付かずに便利。
   電子レンジ加熱でも大丈夫みたいです。(ムラができないよう注意。)
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-22 22:52 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
Commented by ke-ko617 at 2010-09-24 22:09
そちらではお月さまが見られたのですね。
こちらは嵐でした・・・・(*_*)

とても美味しそうなお月見団子ですね~。
いつもながら素晴らしいです!

Commented by aku_beeno at 2010-09-25 12:33
けーこさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
残念ながらお月見日和の天気ではありませんでしたね。
こちらでは、早い時間は少しだけ月が見えていました。
その後すぐ空一面が雲に覆われてしまったので、ほんの少しの間でしたけど。
次の十三夜の時にはお月見が楽しめると良いですよね~。
お団子は即席で作ったわりに美味しくできて良かったです。^^


<<   さつま芋白玉ぜんざい。   ゆで落花生。   >>