砥部焼の器。  
 久しぶりに食器を購入しました。
砥部(とべ)焼は愛媛県砥部町で作られている焼き物で、230年以上もの歴史があります。
元々良質な砥石の産地で、大量に出る砥石の屑から磁器を作るようになったのが始まりとの事。
殆どが今も手成形・手描きで作られ、厚みのあるしっかりした作りと呉須(ゴス)の染付けが
特徴の砥部焼。 丈夫でシンプルな雰囲気と手作りらしい味わいがとても気に入っています。
 日頃から気軽に使えるその気軽な感じが良いんですよね~。
c0150974_11451868.jpg
8寸の大皿とそばちょこ型のコーヒーカップ&ソーサーを模様違いで2セット。
 唐草模様と三つ葉模様。唐草模様も種類があるそうで、これは三つ唐草と言われる模様。
カップとソーサー、サイズはかなり大きめです。なのでカップだけマグカップのように使ってOK。
 ソーサーもカップを置く凹みが無いので、お皿として使うことができます。
 今朝はコーヒーと手作りのシナモンロール、バナナと胡桃のマフィンをいただきました。
c0150974_11452559.jpg
  昼は1人ご飯で、簡単スパゲティ。
c0150974_1433281.jpg
  8寸皿は私的にはとても使いやすいサイズで、これからとても重宝しそうです♪
[PR]
by aku_beeno | 2010-10-03 16:30 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)


<<   夕景。     さつま芋白玉ぜんざい。 >>