非常事態。 
未曾有の大地震・大津波から4日目。
今もまだ余震が続き、予断を許さない状態が続いています。
被災地の方々のことを思うと、切なくてとても言葉になりません。
自分の出来る事に力を尽くさなければと、思うことしかできません。

今日から計画停電が実施される予定です。
今朝は早めに起きて、ふろやんはバスもしくは徒歩で会社へ向かいました。
交通機関は大混乱、会社や店などもこれからどうなるのでしょう。

地震発生時、ここ川﨑の自宅では大きな横揺れが徐々に激しくなりながら長く続き
キャシャな棚が大きく揺れて上部に置いてあった物などが所々で落下。
長く続いた横揺れにより、酔って気分が悪くなるほどでした。
今回の揺れは建物の上階ほど強かった模様。
安全の為、防寒着を着て持ち出し袋を背負い、マンションの外へ一時避難。
そこで、同マンションの人が携帯電話でワンセグ放送を見ていたので
一緒に見せて貰い、東北地方で発生した地震と知りました。
ワンセグは有用だったようです。

地震で電気・水道(電力ポンプ)がストップ。
固定電話は通じた為、早くに夫・ふろやんと連絡が取れ、
その後、実家とも連絡が取れました。
災害伝言ダイヤルは使わず済みましたが、こちらも有用のようです。
手回しラジオで、ひたすら情報収集。
ラジオでテレビのアナログ放送の音声を高感度で受信できたけれど、
7月になったら聴けなくなるとか。

日が暮れたら、部屋は真っ暗に。
キャンプ用に買った吊る下げ式の懐中電灯が役に立つけれど電池を食うので
必要な時以外は自転車用のLEDライトを遠くを照らすように吊るすと、思いのほか
明るく具合が良いことが分かりました。 もう1つあると便利かも。
8時半頃、夫・ふろやんが会社から徒歩で何とか帰宅。
体を温めるため、ガスでお湯を沸かしカップ麺をすすって夕食としました。

10時半頃に電気・水道が復旧。
テレビを見て絶句。 心が潰れる思いだけれど私が泣いたところで何にも
ならないのだから、現実に起きていることをしっかりと見て心に刻むこと。
とにかく電力が逼迫とのことなので、我が家もエアコンの使用を禁止、
できる限りの節電に努めることとしています。
電気が止まると我が家は水が使えなくなるので、今後水対策も必要になります。

翌日、買い物へ行くとパンや保存食などが店の棚から無くなっていました。
私も保存できる物を少し買って帰りましたが、必要以上に買って、
必要な人が買えなくて困ることにならないように気をつけたいところです。
また、変な情報に惑わされて踊らされたりしないように
自分の不注意で他人に迷惑をかけることがないように、くれぐれも注意すること。
覚書。
[PR]
by aku_beeno | 2011-03-14 12:39 | 出来事 | Comments(2)
Commented by sakura-blend at 2011-03-15 02:06
不自由な暮らしですね。
御見舞い申し上げます。
こちらの電気をもっとお分けできたらいいのですが…
あくびさんたちも被災者でいらっしゃるのに強い意志を保っておられることに頭の下がる思いです。
どうぞお体には気をつけください。 <(_~_)>
Commented by aku_beeno at 2011-03-15 16:50
sakura-blendさん、どうもありがとうございます。(^-^)ノ
こちらへも御見舞いを頂き、ありがとうございました。<(_ _)>
これからあらゆる方法で実被災地の皆さんを応援・協力して行かなければ
いけませんね。 こちらは、まずは電力です。
今は大混乱ですが、不自由ながら家庭の方は何とかなりそうなので
会社や商店などへの影響が少しでも回避されることを願っています。
まだ寒い折ですので、sakura-blendさんもお体にお気をつけて。
皆でがんばりましょうね。


<<  計画停電の準備。    水前寺菜の粕汁。   >>