チャイ・煮込み式ミルクティー。  
“ミルクティー”と一言で言ってもその淹れ方は様々で、なかなかに奥が深いもの。
『ミルク イン ファースト』か『ミルク イン アフター』か。 ミルクは温めるか温めないか。
煮出すか煮出さないか。 ミルクには何を使うか。 紅茶液:ミルクはどのくらい?・・・などなど。
ちなみに・・日本でお馴染みのロイヤルミルクティーは、煮出し式のミルクティー。
“ロイヤル”でも英国との関係は無いそうで、ミルクをたっぷり使うところがロイヤルっぽい?
 と言うような理由の、日本の呼び方なのだとか。 チャイとはどう違うのかな?

先日DVDを借りて観た『ダーリンは外国人』では、
  主人公さおりとトニーの絆を現す大切なシーンでミルクティーが登場していました。
トニーが淹れるミルクティーは、小鍋で温めたミルクを紅茶の入ったカップに注ぐ
『ミルク イン アフター』。 火にかけたミルクをカップに注ぐシーンはミルクティーらしく
良いシーンだったけれど、毎回同じだったのが(茶好者には)ちょびっと残念でありました。

で、人によっては、香りが立ちすぎるからミルクは温めないで常温のままの方が良い
と言うことを言う人もいるようですが、私は、ミルクがたっぷりで熱々が大好き。
 やっぱり温めないと。 ってことで、家ではチャイを作ります。
以前、インド料理の店でチャイを飲んで以来、チャイのコクがあってまろやかなミルクの味に
ハマってしまいました。 でも家で作っても、なかなかお店のような味にならないのね。。

チャイのように煮て作る場合でも、ミルクティーのミルクについて一般に言われていることは
 『ミルクは煮立たせない!』と言うこと。 これは鉄則だと思っている人も多いと思います。 
が、本場インドの作り方を見てビックリ!

  

煮出し式でなく、煮込み式だったのですね。。
普通、茶葉を煮出す時にミルクの中へ茶葉を入れてしまうと、タンパク質の膜に覆われて
浸出しないので、ミルクを入れる前に紅茶葉を煮出しておきますが、ミルクに茶葉を入れてOK!
ガンガン沸騰させてOK! 沸騰させて、さらに煮詰めています。
とにかく、スゴイです。@0@

そうして淹れてみたらどうなのか、試してみました。
  茶葉はディンブラ(スリランカですが)。 ミルクは普通に牛乳。
(インドは紅茶の生産量もすごいですが、牛乳の生産量世界一だってなんて知らなかったな~。)
細かい茶葉ではありますが、やはり浸出を良くするため先に少し煮出しておきます。
c0150974_17564913.jpg
1分ほど煮出したら牛乳を入れて、強火!沸騰! そのまま3分ほど煮込みます。
c0150974_1757160.jpg
今回はスパイスも砂糖も無しで。
c0150974_1816973.jpg
飲んでみると、オォ~♪ってなお味。 求めていたコクが出ています。
今まではサラリとし過ぎていると言うか、ミルクを多くしても薄い気がして何か物足りないような、
それはミルクが違うからだと思っていましたが、そうでは無かったのですねぇ。
c0150974_18163215.jpg
水と牛乳の比率を変えて何度か作ってみたところ、ミルクを多すればするほど濃厚になるという
訳では無いことが分かりました。 茶葉の量を増やしてみても風味が淡く感じてしまうような・・・。
牛乳が多すぎると紅茶の風味が隠されてしまい、釣り合いが悪くなってしまうのかもしれません。
2倍+αの濃さの紅茶液1:牛乳1くらいが、今のところ丁度良いみたいでした。
               やはりチャイにはスパイスと砂糖もちょっと入ると美味しいですね~♪
[PR]
by aku_beeno | 2011-05-11 19:15 | | Comments(2)
Commented by scanandyou at 2011-05-15 11:42
>2倍+αの濃さの紅茶液1:牛乳1くらい
なるほど~。とても参考になりました。今度、やってみます。
ところで、最後にシナモンをふりかけるのは反則でしょうか?
Commented by aku_beeno at 2011-05-15 19:33
scanandyouさん、ありがとうございます。(^-^)ノ
ぜひ、お試しください~!(お鍋は大きくて、汚れても良いものがオススメです。^^)
シナモンを最後にふりかけるのは全く反則では無いと思いますよ~。
でもシナモンパウダーをふりかけると、なかなか溶けずに固まってしまって飲み難いので
私は紅茶葉を煮出す時にホールもパウダーも一緒に入れて作っています。
一緒に煮出してさらに煮込むと、風味もしっかり付いて美味しいですよ~♪


<<   4惑星集合。     焼き菓子2種。   >>