昨日の晩ご飯。  
晩ご飯メモ。(写真はありません。<(_ _)>)

<献立>
主食:むかごご飯(塩・みじん切り生姜)
主菜:保温調理おでん+でん味噌
副菜:小松菜と卵ときくらげのオイスターソース炒め
副菜:千切り野菜の甘酢マヨサラダ
汁もの:なし(替りにお茶) 
デザート:おでん食べて温かくなってアイス食べた。

寒くなったので、おでん。 保温調理に挑戦!
・牛すじは、ゆでこぼし(熱湯から5分くらい)をして、圧力鍋で10分ほど下煮(下味:酒どぼどぼ・醤油ちょぼ)して、串に刺す。
・昆布を水に浸して出汁をとり、出汁をとった後の昆布は串に刺す。
・糸こんはゆでこぼしをして串に巻く。
・がんもとさつま揚げはお湯をかけて油抜き。
・ジャガイモは皮をむいて水に浸けておく。
・茹で卵はオシリ部分に軽くヒビを入れてからひたひたの水で茹でる。
 沸騰したら蓋をピッチリ閉めて、火を止めて10分くらい置いておくと固茹で卵になる。(ガス節約。)
・大根の下茹では水か米のとぎ汁をかぶるくらいに注ぎ5分ほど煮たら、蓋をピッチリ閉めて一度強火にして火を止める。
 鍋を新聞紙で包み、バスタオルで2重に包み、発泡スチロールに入れて保温調理30分。(ガス節約。)

おでんの鍋に具材と、出汁をひたひた(牛すじの煮汁、昆布出汁、鰹出汁、水を合わせて1.2リットルくらい)
酒大さじ2、醤油大さじ3、砂糖大さじ1・5、塩小さじ1、みりん大さじ2くらいで味付けしたら、10分くらい煮る。
鍋の蓋をピッチリ閉めて一度強火にして火を止め、鍋を新聞紙とバスタオルで包んでスチロール箱に入れる。
 保温調理、60分毎に再加熱(沸騰したらまたスチロール箱に戻す)。
 今回、計2時間ほどで大きなジャガイモや大根が軟らかくなっていた。
 具材全体に火が通ったら、鍋を包みから取り出して一度冷ますと味が滲みる。
食べる前に温めなおす。 美味しく出来て大成功♪
保温調理のおかげで、いつもより随分とガスの節約になったけれど、かえって保温調理の方が上手く作れるなぁ~。。

※保温調理に、鍋のぼうしと言うモノがあるそうです。高温に強い綿や毛素材の毛布で鍋を包んでもOK。
  発泡スチロールはちょっと危険があるので、要注意です。

覚書。
[PR]
by aku_beeno | 2011-11-29 20:06 | 晩ご飯メモ | Comments(0)


<<   自家製・中華麺。     昼から夕へ。   >>