お節メモ。  
祝いの肴3種と好物の伊達巻、煮しめと紅白なます、雑煮。 栗金団は栗を忘れたので芋ようかんに。
今年登場したのは、濃いお屠蘇と、焼き物に鰤の柚子風味焼き。
  海老は手頃なものが手に入らず、昆布巻きも時間が足りずに今年も見送り。
c0150974_19365234.jpg
伊達巻は何故か裏巻きになってしまった。 クリスマスにロールケーキを作ったばかりで・・。無意識って怖い。。
今まであまり気にしていなかったけれど、ナルトも伊達巻も、のの字になる方が表だとか。

元日の夜は、恒例のふろやん特製の角煮とご飯。
 これは本当に美味しいのでお節作りと同時進行で毎年作って貰っているけれど、今回も激旨かった。( レシピ記事
c0150974_1937994.jpg

:黒豆:水600g+砂糖85g+酒25㏄+醤油25㏄+重曹小さじ半を煮立てて火を止め、洗った黒豆125g(半袋)を投入。蓋をして1晩置く。
鍋を火にかけて煮立ったらアクを取り、落し蓋をして保温調理で1時間毎くらいに再加熱しながら豆が軟らかくなるまで煮る。
煮汁の味を見て砂糖を足し(大さじ山盛り2くらい)、仕上げに丁度良いくらいに煮詰めて、蓋をして1晩置く。
豆の頭が煮汁から出てしまわないようにするのがポイント。

:ごまめ:そのまま食べられる煮干し軽く一掴みと刻んだ胡桃半量をフライパンで炒って、篩って粉を落とす。
さっとぬらしたフライパンに醤油1:味醂1:砂糖1:酒少々を入れて沸かし、つやっぽくなってきたら魚と胡桃を混ぜて、
クッキングシートに取り出して広げて冷ます。

:伊達巻:白はんぺん小1個+卵4個+砂糖大3+味醂大2+酒大1+醤油小1+塩少々をフードプロセッサーで撹拌。
クッキングシートを敷いたバット(18×24センチくらい)に流して、180℃のオーブンで30分くらい焼いて熱いうちに巻く。

:鰤の柚子風味焼き:鰤は一口大に切って塩少々を振り、10分くらい置いて水気を良くふき取る。
つけ汁は醤油1:酒1:味醂1を一度煮立てて冷まし、柚子果汁1を混ぜる。鰤を漬けて数時間は置き、グリルで焼く。

:紅白なます:大根と人参はそれぞれ千切り。塩を振って10分くらい置いて水気を絞る。 甘酢は酢3:砂糖1:塩少々+柚子の皮の千切り。

:煮しめ:具は、結び昆布・蓮根・里芋・人参・牛蒡・手綱コンニャク・干し椎茸・インゲン(入れ忘れ)など。
一度茹でこぼして、昆布と干し椎茸の戻し汁+鰹出汁ひたひた。砂糖1:酒2:味醂2:醤油3~4くらいの味付け。

毎年ほぼ同じだけれど、1年に1度しか作らないとすっかり忘れてしまうので覚書。
[PR]
by aku_beeno | 2012-01-06 19:59 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)


<<   末長・杉山神社の狛犬さん。     初詣。   >>