小豆がゆ。  
小正月ということで、小豆がゆ。 小豆の赤色で邪気を払い、1年の健康や豊作を願うためいただきます。
  小豆入りの全粥を炊き、お餅も入れてみました。
c0150974_1131815.jpg
旧暦の1月15日は望月(満月)なので、小正月に食べる小豆がゆは『望粥』⇒『餅粥』。
 というのが、小豆がゆに餅を入れる由来だそうです。
小豆がゆは塩味レシピと、砂糖を入れて甘くするレシピも多くあって、さらに塩味だけど隠し味に砂糖を少々入れると美味しい、
砂糖も白より茶系が美味しい、という情報もあり、へぇ~と思って今回、隠し味に砂糖を少々というのを試してみたのですが
確かに、小豆の風味やお米の甘さと良く馴染んでまろやかになるような。 うん、合うと思います~。
米1合の全粥に三温糖小さじ2杯弱+塩小さじ半くらいの味付けでしたが、このくらいだと砂糖入れましたって程にはなりません。
 今度はもう少し甘くしてみようかな。 七草がゆはあっさり塩味で、小豆がゆはほんのり甘くってのも良さそうです。^^
[PR]
by aku_beeno | 2012-01-16 18:33 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)


<<   初雪。     本日の大気光象。   >>