鵜ノ木八幡神社。  
下丸子から環八通りに出て、鵜ノ木八幡神社へ。 拝殿前に左右子持ちの江戸狛犬さんがいらっしゃいました。
阿形さんは授乳中。
c0150974_18411737.jpg
吽形さんも口は開いているのだけれど、歯はしっかり閉じているので『吽形』なのでしょう。
鼻横の巻き毛がダンディー。^^
c0150974_18413883.jpg
パッと見、『吉六さんかな?』と思ったのですが、台座には八幡石工・高橋磯右エ門とありました。
c0150974_1843113.jpg
奉納は明治24年。
c0150974_18432872.jpg
残念ながら狛犬さんの傷みが激しく真っ黒なので台座が違う物かのように見えるのですが、裏側を拝見するとそうでもないようで、
少々石工さんについて調べてみましたが、磯右エ門さんについての情報は他に見つかりませんでした。
しかし、大田区の神社にある狛犬さんの石工・高橋さんについては
大田区大森北磐井神社(の狛犬)、八幡石工:高橋安五郎(明治14年)
大田区山王熊野神社(の狛犬)、八幡石工:高橋弐右ェ門(明治35年)と紹介されている記事が見つかり
もしかしたら、八幡石工の高橋一族が大森(?)を拠点に活躍していたのかもしれません。

入り口の脇にある灯篭には頑丈な囲いがあって、物々しい雰囲気。
c0150974_1844280.jpg
灯篭の下の装飾が綺麗だな~と思って見ていると、元禄の文字に気が付きました。
c0150974_18441660.jpg
元禄14年8月。 赤穂浪士討ち入り(15年12月)のちょっと前ダ!
[PR]
by aku_beeno | 2012-02-19 19:24 | お出かけ | Comments(2)
Commented by kororogi2 at 2012-03-01 14:49
こういうデザインは江戸狛犬さんというのですね。
なんというかいいデザインと思います。
下の灯篭凄く古いのね!
昔から繁栄しているところだったのですね。
また狛犬お散歩行きたいな~!
Commented by aku_beeno at 2012-03-01 21:01
kororogi2さん、ありがとうございます。^^ノ
こちらではお馴染みのこのスタイル、どうやら江戸独特のものみたいですね~。
真ん中分けカールも面白いし流れるようなラインは美しくて、良いデザインですよね。
灯篭にはビックリしました。ふろやんの調べによると、この神社は空襲に遭っているそうなのです。
狛犬さんが真っ黒に傷んでいたのはその為のようで、よくぞ灯篭も無事だったなぁと。。
また狛犬散歩いたしましょ~♪ ^◇^


<<   大田区東嶺町・白山神社。     下丸子・六所神社。   >>