あらめ。  
少し残っていた『あらめ』を煮物にしました。
最近、おやっ?と気が付いたのですが、川崎(~東京)では見かけない食材なんですよね~。
静岡ではお馴染みの食材でして、こちらは前に帰省した際、近所のスーパーで購入してきた物です。
筍の季節、スーパーの筍売り場の横には「一緒に煮てください」とばかりにあらめが置いてあったりします。 一袋(5本くらい)200円前後。
c0150974_22371.jpg
あらめは、茹でてから乾燥させてあるものなので、簡単に水で戻して使います。 1本が長いので適当に切ってからボールへ。
戻せば、波々で黒々ツヤツヤ。 ちょっと凄いです。
c0150974_2231851.jpg
アラメはアク(渋)の強い海藻なのだそうで、収獲した段階でアク抜きの処理がされるのだそうです。
ウィキ.には海水につけて渋を抜くとありますが、どんななのかはちょっと分からず。
まあそれで、最終的に茹でて乾燥させた状態になっているって訳なんですね。
水に戻して調理しても、渋味やえぐ味のようなものはそれほど感じられません。 でも、ワカメや昆布などに比べて少々ダークな風味ではあります。
それで筍やジャガイモなど、同じアク系の風味の強い食材との相性が良いのかな~と思います。
c0150974_10565264.jpg
今回、黒はんぺんと里芋と一緒に煮てみました。
冷凍食品の小粒里芋なので里芋の存在感がちょっと弱いですが、美味しかったですよ。
[PR]
by aku_beeno | 2012-06-20 22:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)


<<   うるう秒。     本日の夕景。   >>