強烈な風塵の日。  
昨日、午後2時頃の空模様。
寒冷前線の通過に伴う強風によって、南関東地方、地表の土砂埃や塵が巻き上げられる風塵・砂塵が起こりました。
c0150974_17145636.jpg
気象庁発表の『煙霧』というのは、乾いた固体の微粒子が空中に浮遊して視程が10km未満になる状態のことだそうで
その中に風塵などが入ります。  原因の微粒子が何なのかは、専門機関の発表が無ければ分からないことですが、近所の畑の土が
濛々と巻き上げられていたので、この辺りは風塵ってことになるんじゃないかと思います。
追記:気象庁の気象統計情報(横浜過去データ)を見てみたところ、『ちり煙霧』となっていました。 視程は15時で1.5km。

このところ雨も降らず地表はとても乾燥していました。
午前中から風速10m/s以上の強い南風が吹いていて、気温も20℃以上。 強風によって地表の土埃などが巻き上げられると、こんな状態に
なるのだと思っていましたが、そればかりじゃ無かったのですねぇ。 土埃が舞い上がった後、寒冷前線が通過して寒気が入ってくると
上から押さえつけられるように舞い上がっていた土埃が下降して、低層で濃くなるのだそうです。 それで、こんな状態↑に。

この直後から風が北風に変わって、気温がぐんぐん下がってきました。
徐々に視界も良くなってきて、日没の頃にはこのくらいまで回復していました。
c0150974_19565498.jpg
5年前のこの日も、同じ現象だったみたいですね。  それにしても、凄かったです~。
[PR]
by aku_beeno | 2013-03-11 16:00 | 空・風景 | Comments(2)
Commented by scanandyou at 2013-03-13 17:45
見ているだけで鼻の奥がヒクヒクするような光景^^;
カメラやレンズにホコリが付いてないか心配です。
Commented by aku_beeno at 2013-03-14 16:35
scanandyouさん、ありがとうございます。^^ノ
凄い日でしたね~。 ベランダにちょこっと出ただけでしたけど、埃っぽかったです。
一応、カメラはシュシュシュっとやっておきました。^^


<<   のっぽのホットドッグ。     焼きうどん。   >>