ハードボイルド!  
作家レイモンド・チャンドラーの探偵小説に登場する主人公、フィリップ・マーロウ。
 と思しき人物がトレードマークのカフェ・レストラン・マーロウ(since1984)の、名物・ビーカー・プリン♪
c0150974_1513098.jpg
夏の休みのプチ贅沢♪  満を持して、いただきました~。^^
ビーカーに入っているというインパクトの強さに、男らしいビッグなサイズ、清水舞台とまでは行かなくてもスリリングなお値段。
しかし、ここからがハードボイルドの真骨頂なのでした。  まず、プリンは本来の食べ方でいただくべし! ということで・・
c0150974_1513436.jpg
美味しい食べ方の手順に従って、プリンを皿に取り出します。  細いナイフが無いため、竹串で。。(悲)
c0150974_15135499.jpg
 で、出ましたー!  出てくる時のズボボボボ、ポンってのはなかなかの迫力。
竹串の厚みのせいで粉々になってしまった部分もありますが、それは仕方無いので良しとしましょう。。(^^ゞ
それにしても、綺麗な台形、見事な縦横比。 これぞプリンたる姿! タップリのカラメルソースも申し分無し。
c0150974_1514357.jpg
バニラビーンズの粒々が、ますます食欲をそそります~。 ってことで、早速いただきました。
c0150974_15145682.jpg
 いただいてみて、ビックリ!
ハードボイルドに違わず、スプーンですくっても形が変わらないくらいしっかりしているのに、きめが細かくて、口どけが素晴らしく良いのです。
それに、お味は、思わず唸る美味しさ! 素材そのものの綺麗な風味を生かした繊細かつきちんとした味わいに感じられます。
『真っ当に作れば真っ当な味がする』の代名詞みたいなプリン。  手作りしたことある人への挑戦状のようなプリンです。(笑)
タップリのカラメルソースは結構ビターなのだけど、その効果は絶大で、ビックサイズでもペロリと食べてしまいました。 う~危険だ。。
最初多そうに見えたカラメルソースの量は、プリンを食べきるのに丁度の量でした。 このプリンは計算しつくされている!!
探偵マーロウの名台詞:『タフでなければ生きて行けない、優しくなければ生きている資格が無い』。 なるほどなと思う、絶品プリンでした。

※ロゴ入りビーカーはリユース瓶。 傷の無い状態できれいに洗ってお店へ返却すると、200円返金されるシステムです。
 また、ビーカーとセットになるパッキン付きの蓋も販売されており、保存容器としての利用も可能。
[PR]
by aku_beeno | 2013-08-13 15:16 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)
Commented by kororogi at 2013-08-19 11:19 x
検索してみました。
横浜そごうへ行けば買えるのですね。お店にも行ってみたい。
(行きたい店が多すぎですね。)
美味しそうです♪
Commented by aku_beeno at 2013-08-19 20:59
kororogiさん、ありがとうございます!^^ノ
私もお店へ行ってみたいけれど・・・逗子なのでちょっと遠いかな~。
卵多めでしっかりしたプリンがお好きな方にはとってもオススメのプリンです!
種類も色々あるんですよ~。 私は長期戦で全種類制覇をねらっています。^^
なかなか行けないお店も多いですけど、行ってみたいお店が沢山あるって楽しいことですよね~♪


<<   久しぶりの汁なしタンタン。     黄色い夕焼けと雷雨。 >>