麩菓子・たえちゃん。  
c0150974_12564133.jpg
麩菓子は、地元静岡では馴染のお菓子。
最近、さくら棒が静岡名物として取り上げられている番組を見て、へぇ~そうなんだ~と知りました。
静岡を離れた今でも、時々懐かしくなって食べますが、近場では黒糖の麩菓子しか手に入らないのがちょっとさみしいような。。

麩菓子は母が好きでした。 麩菓子ばかりでなく、和洋菓子から駄菓子まで甘い物が好きで、良く食べていました。
それは確実に、私に遺伝しております。  その母が、先月末に亡くなりました。
世の中には色んな『たえちゃん』がいると思いますが、母の場合は、とても我慢強く良く『耐え』て頑張った人だったと思う。
生き方は素朴だったけれど、穏和で優しくて華のある人でした。

この数年は病気で嚥下障害を患い、硬い物や飲み込み難い物を食べられなくなっていたのですが、麩菓子は最期までお気に入りでした。
一見、硬く食べ難そうだけれど、発泡していて中身がスカスカなので(メーカーによって違いはありますが)、意外と大丈夫だったみたいです。
それに、食事は軟らかいものばかりだったので、ガリガリ・バリバリした食感が気持ち良かったのかもしれません。

久しぶりにいただいた麩菓子のたえちゃん、優しいお味で美味しかった♪  (最近は黒糖のふーちゃんばかりだったから。)
母の笑顔の味がしました。
[PR]
by aku_beeno | 2013-09-09 13:04 | 食べ物・飲み物


<<   正麺の冷し中華を食べてみる。     ゴマ塩つけめん。   >>