追分まんじゅう。  
ふっくらしたお饅頭にたっぷりのきな粉。 川崎名物の追分まんじゅう。
きな粉をまぶしたお饅頭って珍しいんじゃないかしら。 きな粉のおはぎみたいなお饅頭。^^ 
c0150974_17425961.jpg
人気のお饅頭らしく、蒸したて熱々を買えるチャンスが多いもよう。 夫ふろやんが用のついでに買ってきてくれたこちらもまだ温かでした。
なので、ふんわりもっちりの皮のもっちりがまだ強く、割ろうとしてもうまく割れず。。 きな粉、飛び散った!(^^ゞ
c0150974_17504435.jpg
白くて淡泊なふわふわもっちりな薄い皮にアクが少ない感じのきれいな色の粒あんがぎっしり詰まっていました。
粒あんが、単体で食べるとちょっと甘めなんだけどすごく美味しくて、皮はもちろん、きな粉とも合う合う!
そして恐ろしいことに、食べた瞬間は結構甘いと思うのだけれど、甘さがす~っと引けるのも早くて後に残らないのです。
このお饅頭の誕生は昭和31年。 きな粉を使うようになったのは、手や包装紙にくっ付かないようにするための工夫だったとか。
でも、このお饅頭にはきな粉があった方が断然美味しいと思う。と言うまでも無く、きな粉ありきのお味に仕上げられていますね、絶対。
材料は国産のこだわりで1個がこのボリューム、なのにお値段も安くて、評判高いのも納得です。 一度食べたらやみつきになること間違いなし。
[PR]
by aku_beeno | 2015-08-02 00:05 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)


<<   バターナッツかぼちゃ。     国際宇宙ステーション、上空... >>