柚子仕事。  
昨年末に収穫した柚子。 今シーズンは沢山採れたので、柚子ポン酢を作ってみようかと考えていました。
鍋シーズンが終わる前に、いざ決行!  柚子は1個から絞れる果汁の量が少なく、10個くらい絞ってやっと100ml。
足りない分はお酢や他の柑橘果汁を足しても作れるけれど、せっかくだもの、ウチの柚子果汁だけで作ってみたいじゃない。
ポン酢の基本分量は、柑橘果汁:醤油:味醂=5:5:1くらい。 プラス昆布と鰹節。 鰹節は削って貰ったばかりの削り立てほやほや。
c0150974_15505284.jpg
柚子果汁100mlに合わせて、醤油100ml、味醂20ml、昆布5cm角くらい、鰹節7gくらい。
このまま24時間くらい冷蔵庫で寝かせたら、濾して出汁ガラを取り、保存容器に移して冷蔵庫で1か月ほど熟成させたら出来上がり。
c0150974_15511897.jpg
さて、大量の柚子の皮をどうにかしなくては。 (^^ゞ  と言うことでお次は、小ぶりの柚子の皮1個分で柚子胡椒もどきを作ってみました。
本来は生唐辛子で作るのですが、無いので乾燥鷹の爪を使うことに。 鷹の爪はぬるま湯に浸けてやわらかくしておきます。
基本分量は、生唐辛子:柚子皮=4:1くらいで、塩は生唐辛子+柚子皮の重さの1~2割くらい。
しかし乾燥鷹の爪をもどしたところで生のようには戻らないため、今回は柚子皮7g+もどし鷹の爪2g強+塩2g弱の弱くらい。
柚子皮ともどし鷹の爪は細かくみじん切りにしたあと塩と混ぜて、擂り鉢で擂り擂り。 少しやったら水っぽくなってきたので終いにしました。
数日寝かせて馴染ませてから使ってみることにします。
c0150974_15512696.jpg
そして、残った柚子皮は、綺麗な部分を3cm角くらいに切り分けて白いワタを削いでおき、生のまま冷凍保存。 色々料理に使います。
残りの皮全部と果肉の袋の部分と種についているプリプリのペクチンを使って柚子ジャムを作りました。 グラニュー糖は皮+果肉の重さの8割くらい。
c0150974_15513332.jpg
柚子は酸味がマイルドなのでレモン汁を少し足しました。 色は綺麗に仕上がったけれど、水が多めで煮過ぎてしまったのが気になるところ。
こちらも1週間ほど寝かせてからいただくことにします。^^
[PR]
by aku_beeno | 2016-01-27 19:08 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)


<<   多摩川浅間神社の狛犬さんた...   今日の光環と彩雲。   >>