赤紫蘇のゼリー。  
c0150974_1643156.jpg
先日、この夏の挑戦として『赤紫蘇のシロップ』を作ってみたのですが、そろそろ味も落ち着いた頃なので味見をしてみることに。
炭酸割り用に作ったものですが私自身は炭酸がちびっと苦手なので、ゼリーにしていただいてみましたよ。^^
割りの目安は、赤紫蘇シロップ1に対して炭酸は4~5くらい。 そこに分量のゼラチンと砂糖少々をプラス。
シロップをほんのり温めて砂糖とゼラチンを溶かし、冷めたら常温の炭酸水を混ぜて冷やし固めたのですが、
炭酸水を混ぜた時、表面にビールのような泡の層ができて、冷えて固まる前には泡が無くなるので表面がザラリとした状態になり、
また、ゼリーの中に炭酸のシュワ~っとした泡粒が出たら良かったのですけど、それも無く、とっても普通のゼリーに仕上がりました。
しかし、味の方はピリピリとした刺激を感じる炭酸らしさが残っていて大人っぽい味わいに。 そして赤紫蘇、とっても美味しいです。
確かにゆかり味なのだけれど、甘味や酸味、それにクリームにも合う感じで、デザートとしてこれは有りかと。
紫蘇ジュース人気が高いのも、ようやく納得です。

 :赤紫蘇シロップ(低糖・濃縮タイプ):
赤紫蘇 1袋(300g弱) 葉の部分のみ使用、水800ml(次回は500mlで)、グラニュー糖150g、クエン酸15g。
赤紫蘇はキレイに良く洗って水を切り、葉の部分のみを取る。 水を沸騰させ、葉を3回くらいに分けて3分くらいずつ茹でて汁を取る。
汁にグラニュー糖とクエン酸を入れて20分くらい弱火で煮詰めて出来上がり。(今回は600ml)。
赤紫蘇のアク抜きをしませんでしたが大丈夫でした。場合によってはした方が良いのかも。 茹でた葉は捨てずに使う予定。

[PR]
by aku_beeno | 2016-07-14 16:54 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)


<<   ういろ。     虹。   >>