レッドマスタードリーフの収獲。
c0150974_19043797.jpg
冬季のプチ菜園としてレッドマスタードの種を蒔いていましたが、寒さと管理の悪さとでなかなか大きくなりません。
とは言え、ベビーリーフとしていただけるくらいになったので収穫しました。
他の野菜と牡蠣の燻製缶を合わせたサラダにしていただきましたが、思った通り、マスタードリーフのちょっとピリリとした感じと
燻製牡蠣の風味とが良く合って美味しくいただけました。
マスタードリーフが大きく育たないのは、ある時点で間引きをサボったからなのですが、間引きをしないのなら
最初から少なく蒔けばいいのに、沢山蒔いちゃうのですよね。。

[PR]
by aku_beeno | 2017-03-05 10:10 | ベランダ園芸 | Comments(2)
Commented by scanandyou at 2017-03-10 13:51
家庭菜園もとてもいいと思います。
うちも間引きというのはあまり見かけません。
自分の経験ですが、1ヶ月ぐらいかけて収穫して
5分ぐらいで食べ終えたときの罪悪感のようなものが
ちょっと困ります。
Commented by aku_beeno at 2017-03-12 19:24
scanandyouさん、ありがとうございます。^^ノ
冬場の栽培は温度管理が必要になりますけど、虫の心配をしなくて済むのが楽で良いなと思います。
やっと収穫しても、食べるのは本当にあっという間ですね。 私もさみしい気持ちになります。
でも、自分で育てた物をいただく楽しみや幸福感も同じくらいありますから、貴い物ですよね。^^


<< タンポポ、つくしんぼ。 チロル、色々。 >>