玖瑰花×鉄観音 
    ウチでは、久しぶりの中国茶です♪ 
  先日、博物館の中国茶体験イベントで大変お世話になった中国茶インストラクターの方に
   「少しですが、味見してみて!」と中国茶をいただきました。
c0150974_1640111.jpg
  左は、バラ科のハマナスの花の蕾を乾燥させた『玖瑰花(めいくいふぁー)茶』または『薔薇茶』。
    ハマナスは生薬の1つで、花茶に使われる代表的な花の1つだそうです。
  右は、鉄観音(てっかんのん)茶。烏龍茶の仲間です。ブレンド用にいただきました。

  中国茶には『花茶』という分類があって、①ジャスミン茶のように花の香りを茶葉に移したもの。
  ②花だけを、ハーブティーのように飲むもの。③乾燥させた花を茶葉に混ぜて飲むもの。
                                                 とあるそうです。
        せっかくなので、それぞれ単品とブレンドと淹れてみました。
        耐熱グラスが無いので、ガラスポットで! 花がとっても綺麗です~♪
c0150974_16574745.jpg
        薔薇の甘~い香りと、それほどキツくは無いけれど酸味があります。
    ハイビスカスやローズピップより飲みやすい気がしました。うん、そのままでも美味しい♪
     鉄観音茶も淹れてみました。c0150974_17431962.jpgc0150974_1743346.jpg
   









  茶葉5g、熱湯150cc、1分浸出。
  烏龍茶は茶葉が吸水すると、本当に良く膨らむんですよね。^^ さすが鉄観音。イイお味です♪
c0150974_183220.jpg

        そして、ブレンドして淹れてみると・・・あらま~いいトコ取りのお味!
    下手な表現で恐縮ですが、
   鉄観音の味の隙間を玖瑰花が丁度良く埋めて広がった感じ。すごい一体感があります。
    そして、玖瑰花の酸味が鉄観音の味ととっても良く合ってビックリ☆ これもイイな~♪
c0150974_17561514.jpg
                            Rさん、どうも有難うございました!(^-^)
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-17 18:30 | | Comments(0)


<<  実もののその後   紅茶作り! その2  >>