ひたし豆で手作り豆腐 
     ひたし豆という名前で売られているお豆。
              東北ではひたし豆(こちらは料理名)にして食べる青大豆だそうです。
      大豆ならば、豆腐が作れるはず! 
          で、ずっと作ってみたいと思っていた豆腐作りを決行しました。^^
c0150974_1133409.jpg
     豆腐作りは、まず豆乳作りから。 青大豆100gを使いました。
    豆を水に浸してもどしたら(4時間くらい浸けました)、もどした豆ともどし汁1カップくらいを
                       フードプロセッサーで滑らかなペースト状にします。

c0150974_11381651.jpgc0150974_11384876.jpg








       このペースト(生呉)に火を通します。 700mlの湯を沸かし、ペーストを投入。 
c0150974_122053.jpg
      一瞬にしてブクブクと泡が浮かびます。 泡は取った方がいいみたいです。
     底が焦げないようにかき混ぜながら、火を通していきます。
       始めは中火の強くらい、吹きこぼれそうになったら弱火にして10分くらい。
     生っぽい匂いから、豆腐の匂いに変わったら火を止めて、漉していきます。
          c0150974_1262391.jpgc0150974_1264874.jpg









     おから と 豆乳 の出来上がり! 
                          ちょろっと舐めた豆乳は甘くて美味でした~♪
      豆乳を鍋に移して70~75℃に温度を合わせて、冷めないように湯せんしながら
     いざ、にがり投入!
         このにがり打ちは、プロの方でも気が抜けないという難しい作業なのだそうです。
      にがりを入れた途端に固まり始めるので、あまり混ぜてはいけないとのこと。
     使用したにがりは粗製海水塩化マグネシウム。豆乳200mlに10mlとありますが、
      豆乳の計量を忘れて…目分量にて、^^;  25ml用意。
     しかし、固まり具合が弱い気がして後から足したので、結局40ml強くらい入れました。
      蓋をして、15分静置。  なんだか微妙な固まり具合~。。
c0150974_12463934.jpg
c0150974_1331142.jpgc0150974_1314927.jpg






 
   ざるに移して水切りしただけなのに
  しっこり固い豆腐になってしまいました。
     味は悪くないのですが、
           食感が…滑らかさが今一。 夫ふろやんからも「島豆腐みたいだね」の一言。
   改めて見ても、にがりが均一に混ざっていない感じですし、にがりの量も適当過ぎですな。
                              これはもう、再チャレンジしなくては。。
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-26 13:35 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
Commented by soave at 2008-06-28 00:36 x
この豆、普通に煮ても美味しいですよね。
お豆腐まで作っちゃうなんて凄い!
かたいお豆腐も食べ応えあって美味しそうです♪
Commented by aku_beeno at 2008-06-28 22:09
soaveさん、どうもありがとうございます♪
ひたし豆、美味しい豆ですよね~色もきれいですし。
ひじきと煮ようかな~と買ったのですが、先に豆腐になってしまいました。^^;
作ってみて、フードプロセッサーを使えば楽にできることが分かったのですけど
にがり打ちは、やはり難しいですね。。特訓しなくちゃ”
固い豆腐は、ゴーヤと炒めたらとっても合いそうでした。^^


<<  ぎっくり腰   青梅のサワードリンク  >>