碁石茶と茶粥  
  久々の投稿となりました。 暫く、夏の疲れ+風邪でダウンしてしまいまして…。
  その間、見に来てくださった皆様、いつもアイスばかりで申し訳ありませんでした。<(_ _)>
    季節の変わり目、どうか皆様もお体に気をつけてお過ごしくださいませ。
   
  さて今日のお題は、高知県大豊町特産の碁石茶です。
   ちょっと変わったお茶ですが、煎茶などと同様、茶樹の葉から作られたお茶なんですよ。
   古くから日本各地に伝わる地方番茶と呼ばれるお茶の1つです。
  初めて碁石茶を飲んだ時の味が忘れられなくて、もう一度味わってみたい!と
                                       通販で購入していました。
c0150974_14344268.jpg
   この碁石茶は、富山の黒茶や阿波番茶と同じ“後発酵茶”=生茶葉を加熱した後に
      カビ付けをして、発酵させて作ったお茶です。
   ・富山の黒茶は(木枠の発酵槽の中で切返ししながら発酵させる)好気的発酵
   ・阿波番茶は(樽の中に漬込んで空気を遮断して発酵させる)嫌気的発酵
 ・・そして碁石茶は、好気的発酵+嫌気的発酵。両方の発酵を行って作られています。 
  嫌気性発酵終了後、樽から出した茶葉の大きな塊を5cm角位に切分けて、莚に広げ
    天日乾燥。  莚に茶葉の並んだ風景が碁盤に並ぶ碁石のよう見えることから
                                    碁石茶の名前が付いたとのこと。
   開封してみると、大小の欠片がゴロゴロ。
  嫌気的発酵である乳酸発酵した酸味と、少しコッテリした感じの甘い香りがします。
  煎れ方は、1リットルの沸かした湯に碁石茶を3gほど入れ、火を止めて5分静置。
    あまり煮立たせない方が渋味やエグ味が出ず、美味しくいただけるみたいです。
  飲んでみると、水色は薄いけれど薄いくらいが丁度良くて、まず乳酸特有の風味と
  円やかな旨甘味、そして後味がとても甘くて…そうそうこの甘味!カンロ飴のような
  コクのある不思議な甘味を感じます。最後にスーっと清涼感。 おいしい~♪

  しかしこの碁石茶、実は産地では下級のお茶とされ飲まれていなかったそうなのです。
   高知で作られた碁石茶の消費地はお隣、香川県。 特に瀬戸内海の島々では茶粥用に
   欠かせないお茶だったとか。コチラ
  瀬戸内海の島々の井戸水には海水の塩分が含まれていて、その水と碁石茶との相性が
   良かったのでしょう。試しに塩を入れて飲んでみましたが、意外とイケルお味です。
  さらに、お茶のカテキンと2回の発酵によって生まれた有機酸の作用で、サラサラした
       お粥に仕上がるのだそうです。(参考:日本の後発酵茶、さんえい出版)
    せっかくなので、お昼に茶粥を作ってみました。     
c0150974_14345368.jpg
作り方:沸かしたお湯500mlに3gの碁石茶(お茶パック使用)を入れて煮出し
     色が出たところで取り出す。 茶汁に洗った米1/4合と芋など適量と塩少々を入れて
     強火で15分ほど煮たら出来上がり!
  茶粥にすると、お茶と言うより旨味の効いた出汁の味わいになります。素朴な味わい。
                                  碁石茶、堪能しました☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-09-25 18:33 | | Comments(4)
Commented by ke-ko617 at 2008-09-27 14:53
いろんなお茶があるものですねぇ~。
勉強になります。
秋の夜長、ゆっくり、丁寧にいれたお茶を飲みながら
まったりとしたいです。
Commented by aku_beeno at 2008-09-28 07:25
けーこさん、どうもありがとうございます。(^-^)
お茶と言ってもホント色々なお茶があっておもしろいですよね。
秋の夜長、ぜひお茶と一緒にまったりいたしましょう!
秋らしく、蔵出し茶の熟成の味を愉しんでみるのも良さそうです。^^
美味しいお茶請けも忘れずにね~♪
Commented by sakura-blend at 2008-10-08 19:40
碁石茶、ちょっとお漬け物風味のお茶ですよね。
前に買ったのですが、あんまりおいしくいただけず…^^;
茶粥ですかぁ〜 それは試しませんでした。
惜しいことしたなぁ。^^
Commented by aku_beeno at 2008-10-10 14:46
sakura-blendさん、どうもありがとうございます。(^-^)
あんまり…^^;> あらら、そうでしたか~クセありますものね。。
特に碁石茶は味が強く出やすいみたいで、酸っぱさやホコリっぽさを抑えて
好い具合に淹れるのが、なかなか難しいお茶だと思いました。
碁石茶は漬物風味で有機酸の旨味もタップリなので、そのまま飲むより
茶粥やお茶漬けなどの方が合ってるかもしれません。


<<   栗の渋皮煮     あいすくりん風アイス。   >>