栗の渋皮煮  
      大粒の利平栗♪
    グリルで焼いて食べてみたところホクホクしていて、それはそれで美味しかったのだけど
    甘味がちょっと少ないみたい…で、渋皮煮にしてみました。
c0150974_18102522.jpg
材料:
  栗800g、重曹10g×3回分、ティーパック1つ、上白糖300、水あめ50g、ラム酒小さじ2。
作り方:
  ①栗を一晩水に漬けて鬼皮を剥く。(渋皮を傷つけないように、剥いた栗はすぐ水に浸す。)
  ②鍋に、栗と重曹とかぶる程度の水を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火で10分煮る。
  ③渋で真っ茶色の煮汁を流水で流して捨て、新しい水、重曹で同じように煮こぼす。(全3回)
  ④栗の余分な渋皮と太い筋を取る。(やさしく、やさし~く)
  ⑤きれいになったら、かぶる程度の水と、重曹の臭い消しでティーパックを入れて20分煮る。
  ⑥煮汁を流水で流して、新しい水(今度は水だけ)でもう一度煮こぼしたら渋抜き終了。
  ⑦鍋に、栗(むき身560g)と水を入れて強火にかけて、沸騰したら砂糖(栗の重量の
    5~10割、お好み)を、3回(10分毎)に分けて加えながら煮る。(落し蓋)
  ⑧やわらかくなるまで煮てシロップがトロリとしたら、香り付けのお酒(ダークラム、ブランデー)
    を入れて火を止め、一晩休ませたら、出来上がり。      
    
   渋皮煮にして正解!
     程好く渋が抜けて、ラムの香りが大人な感じの美味しい渋皮煮ができました。(^-^)
     平気で2・3個ペロリと食べてしまいます。ケーキに使う分、残しておかなくちゃ~。。
[PR]
by aku_beeno | 2008-10-03 22:53 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
Commented by ke-ko617 at 2008-10-05 18:45
私も作りましたよ!渋皮煮。
まだお休み中で、味見ができていないのですが。
今回は途中でたくさん割れてしまって
結局できたのは10コ・・・・(:_;)

あくびさんはティーパックを臭い消しで使うのですネ~。
紅茶の味はつかないのでしょうか?

私はブランデーで香り付けしました。
Commented by aku_beeno at 2008-10-05 21:55
けーこさん、どうもありがとうございます。(^-^)
あらら・・割れちゃって残念。でも貴重な10コのお味見が楽しみですね~♪
何かのレシピに重曹の臭い消しに番茶を入れると載っていたので去年試してみたのです。
入れた方が良いみたいだったので、今年も番茶を入れるつもりが切らしてしまい、急遽
紅茶でも良いかな~と使ってみました。
お茶で煮た後もう一度煮こぼすので、紅茶と分かる風味は無いと思います。たぶん。。
何となく紅茶の方が栗渋との相性が良さそうで、次からも紅茶の予定です。
ブランデーは美味しくて捨て難く、毎回迷ってしまいますよ~。^^


<<   旬のサンマで…     碁石茶と茶粥   >>