2008年 10月 28日 ( 1 )
  郷土のお味。 その2  
      続いては、おでんです。 静岡おでん~♪実家でいつも食べていたおでんです。
         黒はんぺんは何とかこちらでも手に入りますが、好物の白焼だけは
         静岡へ行かないと無いのですよね。。。 今回はすじも買ってきました。^^
    白焼(しらやき)は白身系の練り物で、さつま揚げを揚げずに平たく焼いた感じのものです。
    澱粉が少し多めに入っているらしくプリプリ感は弱くて、煮るとやわらかい食感になります。
c0150974_8432291.jpg
    スープは醤油の色で黒く、お店にいたってはずっと注ぎ足して真っ黒けのドロドロですが、
    見た目ほどに味の方は濃くないかと。  ↓まだ1日目なので滲みがちょっと足りない。。
c0150974_8443863.jpg
c0150974_8453054.jpg
     そして、静岡おでんと言えばコレ↑ でん味噌、だし粉+青のり、からし、の3点セット。
    小さい頃からどこで食べても(静岡では一年中色んな所で食べることができます。)
     でん味噌は当たり前だと思っていましたが、静岡おでんブームで発足された
    『静岡おでんの会』が定義した『静岡おでん五箇条』にはでん味噌が無くて、お店によって
     あったり無かったり、味噌おでんと名前を分けたりすることを初めて知りました。
                          でん味噌が無いなんて・・ちょっと寂しいな。(:_;)
c0150974_112764.jpg
                                ↑三角のが白焼です。待ってましたー♪
        1回目はあっさり味でいただきましたが、まだまだこれからが本番!
      材料もしっかり残してあるので、注ぎ足しの真っ黒スープを目指します。(*'(OO)'*)
 :レシピ・メモ:
   ○牛すじ:生牛すじ肉を1~2回ゆでこぼしして、適当な大きさに切り、串にさして下煮する。
       煮汁は水カップ2、酒大さじ2、醤油大さじ1、ネギの青い所、生姜5枚。
     圧力鍋使用で、沸騰してから15分弱火+火を止めて蒸らし(ピンが下がるまで)。
   ○おでんつゆ:牛すじの煮汁+おでん昆布の戻し汁+カツオダシを合わせて2リットルに
     酒50cc、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、醤油(濃口)大さじ4くらいで味付け。
   ○でん味噌:味噌(お好み)大さじ4、砂糖大さじ3、酒大さじ1、みりん大さじ1、水適量。
[PR]
by aku_beeno | 2008-10-28 15:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)