2014年 03月 25日 ( 1 )
  池上のくず餅。  
c0150974_9332775.jpg
くず餅と言えば、隅田川方面と川崎大師。 と思っていたら、池上もくず餅が名物とのこと。
梅見の帰り、池上駅前のくず餅屋さんであんみつをいただき一服。 お土産に(夫ふろやんのおごりで!^^)くず餅を買って帰りました。
翌日にいただいたこともあって少し固めでしたけれど、キメが細かく乳酸発酵の風味が爽やかで美味しかった♪
色が濃く香ばしいきな粉とサラリとして上品な黒蜜との組み合わせも良かったですよ~。

原材料名を見てみると、生麸(小麦)と書いてありました。
くず餅は、お麩作りなど小麦粉からグルテンを取り出した後に取れる小麦デンプンを1年以上かけて乳酸発酵させて作られるそうですが
生麩ってのはグルテンの方じゃないの??と思って調べてみたところ、小麦デンプンから作られる障子張りなどに使われる糊のことを
『生麸糊』と言うそうで、その原料を『しょうふ(生麸、正麸)粉』と言うこと分かりました。 
製菓材料店では浮き粉・じん(沈)粉などと売られているので知りませんでしたが、業界用語(主に食品を含む工業系?)なのでしょうかね?
とりあえず、グルテンの生麩とグルテンを取った後のデンプンの生麸とがあるということでした。(麩と麸の使い分けも関係あるのかしらん?)
[PR]
by aku_beeno | 2014-03-25 11:00 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)