カテゴリ:手作り料理・保存食( 116 )
節分の日
   立春の前日、季節を分ける(節分の)日。
  季節の変わり目に生じる邪気を追い払い、無病息災を願う『豆まき』はもちろん
  最近は、関西地方で行われていた『恵方巻のまるかぶり』もすっかり根付いてきた様子。

   今年我が家では、豆まきの変わりに
    なぜか、お手玉を作って(意味はありません)、豆を回し(数珠でした。。)
c0150974_1023558.jpg
   歳の数だけ豆を食べて、
    なぜか、倍の長さのかんぴょう巻きをまるかぶりしました。
c0150974_10275960.jpg
  太巻きの具を用意できなかったので…かんぴょう巻き。細いけど長~く?って気持ちだけは♪^^
[PR]
by aku_beeno | 2008-02-06 10:41 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
週末のサンマー麺
   サンマー麺
   以前住んでいた武蔵野の地から南東に移動したこの辺りは、一応、横浜文化圏らしく、
   横浜発祥・ご当地グルメであるサンマー麺ののぼりを掲げた店が目に付きます。
c0150974_159032.jpg
   サンマー麺と言えば、夫ふろやんには馴染みのある食べ物だったので、週末に何度か
   作って貰ったのをきっかけに、武蔵野にいる頃から週末の定番メニューとなっていました。
   私にとっては、おふくろの味ならぬ夫の味。未だお店でサンマー麺を食べていません。
   サンマー麺は醤油味のラーメンの上に、もやしや数種の具を炒めてとろみ付けした“あん”を
   のせたもの。 あくまでも、もやしがメインの“あん”です。(↑もやし少なかったかも。。)

   “もやしそば”との違いがイマイチ判っていないのですが、メニューにサンマー麺ともやしそば
   両方があるお店もあって、基本的な味付けの違いや、サンマー麺はとろみが付いていて、
   もやしそばはとろみを付けない、などの違いがあるのだとか。
    今度はお店に食べに行ってみよう!と思いつつ、寒さに負けて食べに行く元気なし。
    今日も家でサンマー麺。 結果、大満足♪
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-26 15:48 | 手作り料理・保存食 | Comments(6)
七草がゆ
  今日は正月7日。
           年越し蕎麦に、おせち料理♪を…c0150974_16444964.jpg

c0150974_1645576.jpg     







    た~ぷり頂いた後は、
        胃にやさしい七草がゆ!
c0150974_16274440.jpg
     今回、米1:水5の全粥に大根と茹で小松菜のみじん切りを入れました。
                                         +薬味のトッピング☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-07 16:51 | 手作り料理・保存食 | Comments(6)
冬至
   今日は冬至。 北半球では太陽の南中高度がもっとも低くなる日。 
   冬至には、冬至カボチャと柚子湯♪
      「湯治(トウジ)にて、身体に融通(ユズ)をきかせる」…ホントかしら。^^
c0150974_17525723.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2007-12-22 17:57 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
味噌づくり
赤、白、米、麦、豆…産地によって、好みによって、味噌様々。
皆さまは日頃、どんな味噌をお使いでしょうか~(^-^)

私は、実家の父が濃い色の辛めの味噌を好んでいた為、それに慣れてしまっていて、白くて
甘い味噌が以前はちょっと苦手でした。しかし食べ慣れてみると、苦手だった甘さが何とも言えず
美味いのです~!今では、いつもの味噌と並べて、麦の白も冷蔵庫に常備しています。

“いつもの味噌”は、この時期に手作りしています。
毎年と言いたいところですが、毎回材料キットを買って作ると、1年では食べきれないんです。。
丸2年経った味噌は熟成が進んで、メイラード反応も進んで、猛烈に主張の強い味噌にナリ…。
もう少し早く食べきりたい。
今回はスーパーにある材料を使って、少ない分量で作ってみました。(ちょっと少なかったかナ…。)
材料は 大豆(ツルムスメ)400g、米麹(乾燥)400g、塩(シママース)200g。
     消毒用のホワイトリカー、最後に使う塩、適量。c0150974_114272.jpg

・大豆は一晩水に浸して置いて、指で簡単に潰れるくらいの柔らかさになるまで4~5時間煮ます。(圧力鍋があれば、もっと早く出来るのですが。土鍋を使用。)
・その間に、麹をほぐして塩と混ぜ、“塩きり麹”を準備。
c0150974_1202545.jpg



・煮上がった大豆を潰します。(お玉2杯分くらいずつをビニール袋に入れて、麺棒を上から押し付けるようにして潰しました。)
・潰した大豆と塩きり麹を合わせて味噌玉を作ります。(粘度は大豆の煮汁で調節。)

・味噌玉を容器にきっちり詰めたら(空気が入らないように投げつけながら詰めるのがコツ。)
c0150974_12531393.jpg表面を平にして、ホワイトリカーを薄くぬり、塩を撒いて、ラップで覆って置きます。
あとは来年まで、酵母や乳酸菌に
おまかせです!

素人の場合、塩分量は減らさない方が
失敗しにくいようですが、麹の量を変えたり、麹を麦にしてみたり、味の違いを
楽しめそうです♪
おいしい味噌になりますように☆
[PR]
by aku_beeno | 2007-12-07 13:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(3)
武蔵野うどん
今日の昼食は“武蔵野うどん”。
久しぶりに、お気に入りのうどん屋さんへ食べに行ってきました。
以前住んでいた武蔵野の地は、古くから小麦の栽培が行われ、うどん文化が根ざしている土地。
武蔵野うどんの特徴は地粉を使った黒っぽくて硬い麺で、それを“もり”にして、豚肉入りの温かい
つけ汁と一緒に頂きます。硬くて、相当噛み応えのある麺なのですが、噛むごとに小麦の
いい香りがして一遍に虜となりました。
それが、この地を去る少し前のこと。
近所にうどん屋さんが多いなぁ~とは思ってはいたのですが…。
こんなに美味しいうどんなら、もっと早くから食べたかったよ。。 
でも、行こうと思えば行けない距離じゃなし。また、そのうちに。 今日のうどんも最高でした♪
     せっかくなので、懐かしい写真を~。今年の初め頃に作った
                                  我が家の“武蔵野うどん”です。
c0150974_1545639.jpg

c0150974_1532647.jpg 








c0150974_23315485.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2007-11-30 23:42 | 手作り料理・保存食 | Comments(7)