カテゴリ:お出かけ( 77 )
  皇室ゆかりの菊花壇。  
新宿御苑の菊花壇展。
初めて観に行きましたが、とっても素晴らしかったです。

懸崖作り花壇より。
c0150974_16294048.jpg
伊勢菊。 伊勢地方で発達した古典菊。
c0150974_16301716.jpg
中心部の筒状花の形が丁子に似た丁子菊、嵯峨天皇の御愛の菊として古い歴史を持つ嵯峨菊。
c0150974_1631255.jpg
大作り花壇。 600以上もの花を一本の株から咲かせている見事な仕立て。 本当に軸は1本でした!
c0150974_16531762.jpg
江戸菊。 江戸で流行った品種。 花びらが様々に変化するので狂菊とも。 狂い方も7種類に分かれているとのこと。
c0150974_16335233.jpg
一重咲きの一文字菊、細い管状花びらの管物(くだもの)菊。
c0150974_16342647.jpg
肥後菊。 熊本藩で栽培され昭和4年まで門外不出の秘花だったという。
c0150974_16353835.jpg
大菊花壇。 大菊の厚物と厚走りの39品種311本を一本仕立てにしたもの。
 全体的に毬のようになっているのが厚物で、外側の花びらが長く飛び出ているのが厚走りとのこと。
c0150974_16425612.jpg
45度の角度で1列に1種。これを手綱植えと言うそうです。 (反対側から撮ってしまって、ちょっと失敗。。^^ゞ)
なので、並び最後の1列1種は1輪でした。
c0150974_1643960.jpg
大変見ごたえのある展示でした。 菊は多年草でも仕立ては毎年毎年1からの作業。 大変な仕事ですね。
肥後菊の熊本藩では、藩公によって藩士の精神修養として菊栽培を奨励したと言います。
武士の精神鍛錬に菊栽培とは驚きですが、何に限らずその道を極めようとするところには『道』があるのですよね。
丹精の込められた美しさに、背筋がしゃんとする心持ちになりましたよ。 次回も絶対に行かねば!
[PR]
by aku_beeno | 2015-11-07 21:18 | お出かけ | Comments(0)
  筑土八幡神社の狛犬さん。  
神楽坂散歩の途中に訪れた筑土八幡神社。
小高い丘の上の静かな神社には、彫の深い素敵な狛犬さんたちがいらっしゃいました。
c0150974_23152018.jpg
古い尾立ちタイプと巻き毛がしっかりした江戸タイプの中間のような。
c0150974_23153362.jpg
文化7年。 調べてみたら1810年、11代将軍徳川家斉の時代でした。
c0150974_23175628.jpg
それにしても、古い時代の狛犬さんってホント良い表情をしていらっしゃる。
c0150974_23155057.jpg
首筋のラインが特徴的な狛犬さんでした。
[PR]
by aku_beeno | 2015-10-24 23:52 | お出かけ | Comments(4)
  二ヶ領、花散歩。  
梅は過ぎ、花桃の季節になりました。
c0150974_0493551.jpg
c0150974_0494548.jpg
c0150974_0545930.jpg
c0150974_055614.jpg
c0150974_0551278.jpg
土筆の群生地、発見! でも近づけず。。
[PR]
by aku_beeno | 2015-03-21 15:58 | お出かけ | Comments(2)
  富士山。  
c0150974_18413626.jpg
c0150974_18414820.jpg
先月、用事で三島へ行った時の富士山2つ。^^
[PR]
by aku_beeno | 2015-03-12 18:44 | お出かけ | Comments(0)
  しらせ、出港!  
この秋は南極がマイブームで、映画・南極料理人を見たり原作本シリーズを読み返したり・・・。(一方で沖縄も。^^)
そろそろ南極観測船・しらせの出港と第56次隊員の出発だなぁ~と思っていたところ、先週になってしらせ出港の情報をキャッチし、
お見送りに行ってきました。
c0150974_17101618.jpg
ところが、、とある事情に遭って、船首部分をちょっとと船尾の部分しか見られずだったのです。。
 (一番イイ所を見逃しちゃって、手も振れなかった。;_:) それでも、ガックリしている場合ではありません。
c0150974_1710265.jpg
雨降る中ではありましたが、堂々出港のしらせ!  重量感が凄いです。
隊員の皆さんはオーストラリアのフリーマントル港からしらせに合流するそうなので乗っていませんが、沢山の方々が乗員されていましたよ。
c0150974_17104977.jpg
この辺りでクイッと曲がって、東京港の外に向かって進んで行きました。
c0150974_1711145.jpg
南極という凄まじく過酷な場所への航海と隊員たちの命と安全を守るしらせ。
行ってらっしゃい。 そして、無事の帰港を。  ご活躍をお祈りしておりますぞ~!
c0150974_171185.jpg
帰港は4月の上旬とのことなので、その時はまた、お出迎えに行きたいです~。
[PR]
by aku_beeno | 2014-11-11 17:17 | お出かけ | Comments(0)
 梅見。  
連休の最終日、天気が良かったので池上本門寺裏の梅園まで行ってみました。
 梅見には、ちと遅かったですが。。(^^ゞ
c0150974_14132936.jpg
丘の斜面を利用して造られた、こじんまりとした梅園でした。
 園内にはお茶室が2棟と和室が1棟あって、その1つでは茶道のお稽古が行われていた様子。^^
c0150974_14135117.jpg
土筆ん坊がニョキニョキ。
c0150974_1414354.jpg
梅以外にも、牡丹やツツジなどが楽しめるそうです。
c0150974_14141788.jpg
帰り道、池上駅前の甘味屋さんで、あんみつをいただきました♪
c0150974_14142466.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2014-03-24 18:11 | お出かけ | Comments(0)
  日本民家園。  
生田緑地の山側斜面に20軒ほどの古民家が展示されていています。
c0150974_1221753.jpg
c0150974_1223687.jpg
c0150974_1224577.jpg
c0150974_12254100.jpg
c0150974_14394229.jpg
遅い昼食を食べに入園したので速足に通り過ぎてしまいましたが、茅葺の屋根の意匠がそれぞれに違っていてとても見事でした。
この日は囲炉裏に火を入れ、スタッフの方がお話を聞かせてくれる床上公開展示も行われていましたよ。
何故に昼食を食べにかと言うと、古民家の1軒がお蕎麦屋さんになっていて、中でいただくことができるのです。
麺切れ終了なので、急いだ次第。 撮影は失敗しましたが、私はとろろ蕎麦をいただきました。 上品で生そばの良いお味がしましたよ。
外国からのお客さんも多く賑わっていました。
[PR]
by aku_beeno | 2013-12-08 12:06 | お出かけ | Comments(0)
  紅葉。  
生田緑地、メタセコイアの林にて。
c0150974_18151216.jpg
c0150974_18153792.jpg
c0150974_1816259.jpg
生きている化石、メタセコイア。 スギ科の針葉樹。だけれど、秋に紅葉して落葉する、スギ科には珍しい植物。
茶色くて細長い葉の沢山ついているのがメタセコイアの落ち葉。
もう、紅葉の見頃は過ぎた様子でしたが、黄色い輝きの中、すらりと背高く伸びた木々の姿はとても美しかったですよ。
[PR]
by aku_beeno | 2013-12-07 18:20 | お出かけ | Comments(2)
  掛川花鳥園。  
色々な種類の鳥さんたちとふれあえる施設。  父が「以前母と行って楽しかった」と言って、連れて行ってくれました。
写真の出来はともかく・・・(;_:)、楽しかったですョ。
c0150974_17403630.jpg
屋内と屋外に施設があって、屋内はとても暖かく南国のお花が咲いていました。
c0150974_1741273.jpg
睡蓮の種類も多かったです。  水の中には熱帯魚もいました。
c0150974_17412396.jpg
エリアごとに各エサが販売されていて、気軽な値段で購入できるので、ついついあげたくなってしまいます。
と言うか、あげるのが正解です。。(^^ゞ
c0150974_1750412.jpg
ただし、エサを持ったらすごいです。
鳥さんたちは良くわきまえているので、人にはとってもなついているのですが、エサを持っていない人は完全に無視されます。(寂
c0150974_17415258.jpg
ごはん売り場には看板鳥もいました☆
[PR]
by aku_beeno | 2013-11-28 17:52 | お出かけ | Comments(4)
  法多山・二葉神社の狛犬さん。  
法多山・尊永寺の境内にある二葉神社。
もとは浜松の遊郭にあり女性たちの守護神として祀られていたそうですが、戦後の遊郭解体によって遷座したとのこと。
c0150974_19354098.jpg
そこに、狛犬さんがいらっしゃいました。
c0150974_19355317.jpg
台座には何も書かれていなかったので年代も石工名も分かりませんでしたが、造り慣れた雰囲気の綺麗な江戸狛犬さんでした。
それほど古くはなさそうですが、残念ながらススで真っ黒になっていて大変な過去を窺わせていました。
c0150974_19361086.jpg
ほぼ線対称の形。 向かって左側の狛犬さんの口元が欠けてしまっているので、阿吽の違いがあるのかどうか・・。
c0150974_19362338.jpg
静岡に居た頃、実は、神社は沢山あるのですが・・狛犬を見た記憶が少ないのです。 特に、江戸型は珍しいような。
[PR]
by aku_beeno | 2013-11-21 17:40 | お出かけ | Comments(2)