カテゴリ:お出かけ( 77 )
  大森山王・天祖神社の狛犬さん。  
JR大森駅の西口を出て真正面にある天祖神社。
駅前はビルや商店が立ち並ぶ繁華街だけれど、そこだけは木々がこんもりと生い茂って、小さな森のよう。
商店街の真ん中から伸びる階段は意外と急勾配で、そこを上った先にはお社と小さな公園がありました。
駅前とは思えない緑の中の清静な空間。 境内の入り口に狛犬さんがいらっしゃいました。
右側の阿形さん、子狛1匹。
 むっくりとした形で、牙や爪はかなり鋭いのだけど、優しげな雰囲気の狛犬さんです。
c0150974_1224888.jpg
子狛は尻尾の毛にじゃれつこうとしている様子。
c0150974_1234029.jpg
お尻も可愛いです♪
c0150974_12631100.jpg
左側の吽形さん、子沢山で子狛2匹。
c0150974_1231426.jpg
1匹は足元で仰向けになっていて、もう1匹は後ろの毛をくわえています。
c0150974_124872.jpg
毛をくわえた子狛、他にもどっかで見た覚えがあるようなないような・・・。
c0150974_1234377.jpg
大正4年の奉納。
願主名は刻まれていたのですが、石工名は残念なことに見つけられませんでした。
c0150974_1242465.jpg
境内の片隅に獅子像を見つけました。
一瞬、先代かな?と思ったけれど、胴体が彫られていないので木鼻と同じようなものなのでしょうか。
c0150974_1245648.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2012-08-12 12:11 | お出かけ | Comments(0)
  道々橋八幡神社の狛犬さん。  
お次は子安八幡神社から、呑川の川向こうにある道々橋八幡神社へ。 またも、八幡様。
この辺りに八幡神社が多いのは、鎌倉時代から池上の一帯を支配していた豪族・池上氏との繋がりがあるからなのかもしれません。
狛犬さんは拝殿前にいらっしゃいました。 ふくよかスタイルの狛犬さん。 左右に子狛がいます。
向かって右側が阿形さん。 ちょこっと舌出し。
c0150974_2225916.jpg
左側が吽形さん。 下唇噛みしめタイプ。
c0150974_22252950.jpg
奉納は明治30年。
c0150974_22262850.jpg
願主や奉納者らしいお名前は判りましたが、石工名は見つけられませんでした。
検索によると、左側の台座に石工名らしい彫刻があるということなので(芝三田 堀部忠蔵)、今度確認してみようと思います。

阿形さんの後ろ姿はこんな感じ。
c0150974_22402678.jpg
こちら吽形さん。 カールした尻尾の毛の流れが後ろ向きになっています。
c0150974_22403846.jpg
それにしても、この毛の流れ、なんだかアラメ(海藻)みたいだよ~。。
c0150974_22412258.jpg
子狛は左右2匹ずつ。1匹は寝転んでいて、一匹は顔を突っ込んでいるポーズ。
お尻が可愛かったです。
c0150974_2243452.jpg
とても見事な狛犬さんでした。
[PR]
by aku_beeno | 2012-06-17 11:41 | お出かけ | Comments(2)
  仲池上・子安八幡神社の狛犬さん。  
雪ケ谷八幡神社を後に
近くを流れる呑川沿いを下って横須賀線のガードを越えた辺りの子安八幡神社へ行きました。
鳥居の奥にある石段を上りきった両脇、ちょっと崖っぽくなっている場所に狛犬さんはいらっしゃいました。
驚くことに、目玉が左右別の色に塗られちゃっていました。。 オッドアイ(金目銀目)のつもりでしょうか??
日本で金目銀目は縁起が良いものとされているらしいのですが・・・とても似合っているとは言えず。(/_;)
サイズも大きいので余計に、ちょっとコワイ・・・のです。。
検索した画像の中には塗られていないものもあるので、昔からでは無さそう。 そのままの方がずっと良いのにな~。
向かって右側が阿形さん、左側が吽形さん。 両方に子狛がいて、阿形さんの方は授乳しています。
c0150974_1214131.jpg
一応、口の開き具合を比べて、開きの小さい方を吽形さんとしましたが
完全に吽では無いようで、小さく開いた口から舌をペロッと出したりしています。
どちらかと言えば、授乳している阿形さんの方が男前な感じで、吽形さんはお茶目さんな感じ。
毛の流れなども左右で少し違っていました。 (目に驚いて、後姿見てくるのを忘れちゃったよ~。)
c0150974_122269.jpg
台座には細かく多くの文字が彫られていました。 石工名は、『石工 六郷 竹内六之助』と読めました。
c0150974_1224298.jpg
年月日らしいものは『安政5年12月』と読めましたが、隣の行に『再建』の文字があるので、その時の造作であったかは判りません。
c0150974_1243463.jpg
いずれにしても、江戸時代の狛犬さんらしい立派な狛犬さんでした。(目に目を瞑れば。-.-)

ところで、八幡神社なので御祭神は武神:誉田別命(応神天皇)とのことですが、子安が地名ではないとすると
子安神社とも何か関係があったのかもしれません。
呑川をさらに下った北糀谷にも同じような由緒の子安八幡神社があるとのことです。
[PR]
by aku_beeno | 2012-06-13 13:37 | お出かけ | Comments(2)
  雪ケ谷八幡神社の狛犬さん。
休日の昼下がり。
ようやく腰痛も良くなって、久しぶりに自転車で多摩川を渡り雪谷方面の神社巡りに出かけました。
まずは、東急池上線・石川台駅近くの『雪ケ谷八幡神社』から。
石階段を上って鳥居のすぐ後ろには江戸尾立タイプの狛犬さんがいらっしゃいました。
向かって右側が阿形さんで、左側が吽形さん。 阿形さんには宝珠、吽形さんには角が頭の上にのっかっています。
c0150974_1714284.jpg
c0150974_1719107.jpg
ちょびっとジジムサク見えるのは
あごの下の毛が長くて立派なのと、目の上の毛がもっさりした眉毛のように見えるから・・なのか?
それにしても、素晴らしい表情です。^^
c0150974_17221276.jpg
c0150974_1764556.jpg
石工名は、かなり見難くなっていましたが、『松原裕太郎』と読めました。
川向こう神地(ごうち)石工の松原延太郎さんと繋がりのある方である可能性は高い気がします。
c0150974_17224915.jpg
奉納年については、文字が読み難くなってしまっていて見つけられませんでしたが、どうやら明治29年のようです。
c0150974_17422711.jpg
尾の模様も良かったです♪

本殿前には、岡崎さんもいらっしゃいました。
同じく向かって右側が阿形さん、左側が吽形さん。
c0150974_198054.jpg
c0150974_1751457.jpg
後ろ姿が、ムキムキで凄かったです。
c0150974_17471686.jpg
奉納は昭和18年。 石工名は、『池上石匠 内藤仁雲 刻』とありました。
c0150974_17575310.jpg
内藤といえば、溝ノ口の内藤留五郎・内藤慶雲の名工が浮かびますが、その一門の方なのでしょうか、ね。
[PR]
by aku_beeno | 2012-06-11 18:08 | お出かけ | Comments(4)
  日吉(箕輪町)・諏訪神社の狛犬さん。  
東急東横線・日吉駅から歩いて7~8分の所にある諏訪神社へ行ってみました。
日吉駅の南西側は小高い山になっていて、そのふもとに建つ神社です。
駅前の賑やかさとは一転、のどかな里山のような景色の中に祀られている神社でした。
c0150974_19152124.jpg
お参りをして、狛犬さんを拝見!
  こちら、阿形さん。子狛付き。
c0150974_19272075.jpg
そしてこちら、吽形さん。子狛付き。
c0150974_19272859.jpg
何ともユーモラスなお顔をしていらっしゃいます。 獅子狛犬と言うより、お猿のような。^^

台座を拝見すると、明治37・8年。 何と、戦役紀念に奉納された狛犬さんなのでした! 時代としては日露戦争。 
隣の台座には出兵された方々のお名前がずらりと刻まれているのですが・・・その上にいらっしゃる狛犬さんだったとは。
c0150974_19371246.jpg
石工は、矢上石工 片野藤吉 彫。
c0150974_19372085.jpg
背中~尾にかけてはとてもシンプル。
c0150974_1938143.jpg
北側を向いている方は随分と苔生していて、風化が進んでいる様子。
c0150974_1939086.jpg
お顔は猿っぽいナと思ったら、前脚はヒヅメのような?
c0150974_19393321.jpg
 そう思って見れば、子狛は顔もちょっと牛っぽいかも。
c0150974_1941194.jpg
上段へ上る階段部分は古いままのようで天保4年とありました。(石工名は判らず。)
c0150974_1941227.jpg
さらに、その階段脇の石垣は明治14年に奉納されていて、石工 矢(上)村 片野善五郎とありました。
c0150974_19413436.jpg
矢上の石工で片野さんと言えば、八杉神社の明治2年の狛犬さんが『石工 末吉橋 片野せん』でしたが、何やら繋がりがありそうです。
[PR]
by aku_beeno | 2012-04-13 23:44 | お出かけ | Comments(2)
  篠原八幡神社の狛犬さん。  
綱島駅からまた東横線に乗って菊名駅で下車。 篠原八幡神社へ行きました。
小山の頂上、住宅に囲まれた中にある静かな雰囲気の神社ですが桜の季節、多くの人が訪れていました。
お参りをして、狛犬さんを拝見。 まずは、阿形さんと子狛。
c0150974_1218153.jpg
そして、吽形さんと子狛。
c0150974_12135179.jpg
石工は、(鶴)見橋 飯嶋吉六。
c0150974_121484.jpg
天保10年。 綱島諏訪神社よりも前です。
c0150974_12142357.jpg
尻尾は真ん中分け。
c0150974_12145869.jpg
吽形さんは巻き毛の多いデザイン。
c0150974_12154236.jpg
阿形さんは巻かずに流れるデザイン。
c0150974_12235872.jpg
穏やかな表情がとても良い狛犬さんでした。 素晴らしい~♪
[PR]
by aku_beeno | 2012-04-13 19:14 | お出かけ | Comments(8)
  綱島・諏訪神社。  
神明社に続いて、綱島街道沿いの諏訪神社へ行きました。
 境内の入り口に建つ鳥居が珍しい形のもので、荘厳な雰囲気。
c0150974_1933278.jpg
で、鳥居の先に見えたのは、本殿前の気の毒な狛犬さん。
c0150974_19332783.jpg
何と、阿形さんは看板(24年厄年表)を支えていらっしゃいました。。。。 アタタタ・・・。(/_;)

巻き毛の少ない阿形さんに対し、吽形さんは巻き毛クルクル。 美しい~!
c0150974_19334320.jpg
真後ろから見ると、尻尾の毛の分け目は真ん中ではなく横分けでした。
 正面から見える部分の巻き毛が多くなっていて、とってもゴージャスなのです~♪
c0150974_1934284.jpg
阿形さんの尻尾は巻かずに房に分かれて流れています。 こちらも素敵だなぁ~。
c0150974_19345192.jpg
天保12年。 (看板固定の針金)
c0150974_1935126.jpg
石工 (鶴)見橋 飯嶋吉六。
c0150974_1935106.jpg
名品でございました!
[PR]
by aku_beeno | 2012-04-08 19:38 | お出かけ | Comments(4)
  綱島神明社。  
東急東横線・綱島駅から綱島街道沿いを100mほど歩くと、突如細くて長くて急な石階段が現れ、ひたすら上ってみました。
たしか神明社があるはずなのだけど・・階段の下から見上げても恐ろしく急な段々が続くばかりで、上り切るまでは何も見えない、そんな所でした。
 やっとの思いで上り切ると、御社が無い! 神社跡地として残されているような状態でした。
c0150974_18161284.jpg
入口すぐの、木製の鳥居の前にあった台座もこんなでした。 狛犬か灯篭の台座だったのでしょう。
c0150974_18162884.jpg
台座を拝見すると、明治13年、表側は氏子中。
c0150974_18491080.jpg
何と石工名は、神地(ごうち) 松原裕太郎。 
c0150974_18491842.jpg
神地で松原さんと言ったら、大戸神社の狛犬さん(明治40年)や多摩川浅間神社の狛犬さん(大正3年)が神地・松原延太郎さん。
延太郎さんの先代だった方かもしれません。 狛犬さん(かどうかは分からないけど)見てみたかったなぁ~。。

次に、横の方にあった手水鉢を拝見してみると、台座と同じく明治13年。 石工 飯嶋。
c0150974_18493043.jpg
石段を上っている時に、何となく飯嶋吉六さんぽい石段だな~と思ったのだけれど、やはり吉六さんかもしれません。
[PR]
by aku_beeno | 2012-04-08 19:09 | お出かけ | Comments(0)
  今井神社の狛犬さん。  
お昼にうどんを食べに行って、河津桜が咲く二ヶ領用水沿いを散歩。 (染井吉野はまだ先な感じ。)
c0150974_9559100.jpg
用水沿いにある今井神社には、黒目もバッチリな狛犬さんがいらっしゃいます。
 阿形さんには玉。
c0150974_9571220.jpg
吽形さんには子狛。その子狛は玉を抱えています。
c0150974_9573183.jpg
江戸系狛犬さんなのだけれど、ポーズなど岡崎型の雰囲気も感じられます。
c0150974_95848.jpg
昭和9年 伊勢神宮参拝紀念。 台座の文字が傷んで読めなくなっていて、残念ながら石工名は判りません。
c0150974_9583942.jpg
恰幅の良いしっかりタイプのイイ狛犬さんです。^^

帰りがけ、コンクリの隙間に連なって生える土筆を発見!
c0150974_1021089.jpg
ようやく春らしい景色が増えてきました~♪
[PR]
by aku_beeno | 2012-03-26 19:07 | お出かけ | Comments(2)
  八杉神社の狛犬さん その2。  
続いて、手前の方にいらっしゃった狛犬さん。
 こちらも、毛の流れがとても美しい狛犬さんでした。 両方に子狛がいます。
c0150974_1547640.jpg
お顔の先がちょっと四角いので、吽形さん(だと思う↓)の方の子狛が子牛ちゃんみたくて可愛かった♪
c0150974_15472072.jpg
明治2年、9月。
c0150974_15583647.jpg
石工 末吉(橋?) 片野せん。
この大豆戸町から4キロくらい行った所の鶴見川に末吉橋という大きな橋があるので、その辺りの石工さんでしょう。
c0150974_15573223.jpg
阿形さんの後ろ姿。毛の流れは優しげライン。
c0150974_15574854.jpg
両側の狛犬さんとも、上げている片足の上にはみ出たお肉?のようなものがのっかっていてちょっと面白い。^^
c0150974_1558120.jpg
吽形さんの後ろ姿。子狛の背中にも毛がちょろん。
c0150974_15581018.jpg
実は、他にも阿吽がいらっしゃったことを思い出しました。
 最後に撮ろうと思って忘れて帰ってしまったのだけれど、社殿を写したコマがあったのでトリミングしてみるとこんな。
c0150974_18351454.jpg
拡大してもボヨボヨな像なので、また改めて見に(撮りに)行こうと思いますが、新城神社の阿吽さんと良く似ている感じでした。
(新城神社よりこちらの方が古いですが。)

ちなみに、新城神社の阿吽さんはこちら。 (ふろやんの記事はこちら
c0150974_1849398.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2012-03-24 19:04 | お出かけ | Comments(0)