<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
 ドクダミの花 
     ドクダミの花が咲き始めました♪ まだ、ほんの開いたばかり。^^
c0150974_1233177.jpg
     只今、マンション外壁工事中の我が家です。
   植物を、無理やり部屋の中へ入れていますが、徐々に弱々しくなってきてしまいました。
      ドクダミも何だかひょろひょろ。 やっとこ咲いた1号クンです☆
     日陰に強いドクダミでも、部屋の中はやっぱり厳しいのですね。。(ごめんよ~;з;)

    ここで???と思われた方・・・そうです。我が家のドクダミは鉢植えでございます。
     雑草として処分されそうなところを貰ってきたコですが、実は大のお気に入り♪
                     花も可愛いし、葉のお茶も結構好きな私です。(-_-;)
   ドクダミ茶を作りたいと思っているのですが…その場合、葉の収穫は開花期の丁度今頃。
    去年は花を楽しんで終わってしまい、今年は弱っているから・・収穫はちょっと無理そう。。
   
   ドクダミ茶作りはまた来年として、久しぶりにティーパックのドクダミ茶を煎れてみました。 
c0150974_12333067.jpg
                           ここにもね、一輪咲いているんですョ♪^^
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-29 14:56 | ベランダ園芸 | Comments(10)
 鳩の親子 
       今日のお八つは、鳩の親子♪
c0150974_1641431.jpg
         本当は五つ子なんですが・・・どこに行っちゃったかは、秘密です。^^;
       豊島屋さんの小鳩豆楽は、
           軽くて口どけが良くて、空豆粉の風味がとっても乙な可愛い落雁。
                             鹿児島の新茶と美味しくいただきました☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-27 16:59 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)
 甘夏ジャム 
       少し熱心に煮詰めすぎたかしら~…冷めたら、ぷりっぷりっの仕上がりに。^^
          それほど飴っぽい感じでは無いのです。 
       ぷりっぷりっの正体は、甘夏のペクチン! 
                 果肉が沢山入ったから?か、柚子の時より強力でした。
       果肉がたっぷり入った甘夏ジャムは、甘酸っぱくてほろ苦い~イイお味です♪
c0150974_14405351.jpg
      材料: 甘夏1個(280g)、グラニュー糖150g、ペクチン水用の水300cc
           仕上げのレモン汁 小さじ1。
c0150974_15144655.jpg
   ①甘夏の皮は、内側の白い部分を少し減らして薄切りにし、水にさらす。2・3回水を変える。
   ②実の方は、果肉と袋・種に分けて、袋と種をペクチン水用の水につけて、ペクチン水を作る。
   ③皮のゆでこぼしを2回。(あく抜きなので、たっぷりの水で!)
   ④皮と果肉とペクチン水を合わせて煮る。
   ⑤皮が軟らかくなったら砂糖を数回に分けて加え、好みの状態まで煮詰めていく。
                     仕上げにレモン汁を混ぜて、出来上がり。
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-27 15:50 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
 小さな恋人 
      誕生日に、大きな恋人からのプレゼント♪
c0150974_219536.jpg
                                      さくらんぼは・幸せの味♡
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-20 21:27 | 食べ物・飲み物 | Comments(6)
 実もののその後 
    只今、マンションの外壁工事中。 網シートにすっぽり覆われている我が家です。
      日曜は工事が休みなので、そんな日曜の晴れはとっても貴重!
      清々と洗濯物を干し、植物をベランダに出して日光浴させていました。
                                    さて、実ものの近況を・・・。    
    こちらはブルーベリー・ヒトミ
     1個だけ大きく膨らんでいるコがいますが^^、他はこんな感じ。
    花が終わってからなかなか変化が見られず、受粉失敗かな・・と心配しましたが、少しずつ
    膨らんできている様子。ふぅぅ~。。 受粉の手伝いなどは特にしていません。
c0150974_11393873.jpg
    こちらはブルーベリー・サンシャインブルー
     この樹には枯れた花がまだ付いているでしょう~? なかなか落とさないんです。。
    なので、受粉せずに枯れてしまったのかなと思っていたのですが、そうでも無いみたい。
c0150974_1140573.jpg
     ヒトミとサンシャインブルーは花期が同時期、どちらも花数の多い種類でした。
     両方、受粉は風まかせ(虫は期待薄)でしたが、ヒトミの方が実つきは良いみたいです。

    ユズの樹には今年、大小合わせて7つくらい花が咲きました。 
      花が咲くと、1日で花びらが散ってしまう儚い命。
     でも、雌しべの奥には一丁前にユズの形をした子供がくっ付いていました。
     が…日一日と、落ちてしまい、全滅です! 写真も撮りそびれて、夢のあと。。(>_<)
c0150974_1125883.jpg
     調べてみると、
    柑橘類の花は、花に葉を持つ『有葉花』と、葉を持たない『直花』の2種類があって、
    『有葉花』でないと結実しないことが分かりました。 でもウチの花、葉はあったような。↑
     まだ樹が幼いこともあるでしょうが、、やはり、日光不足の環境が悪かったのでしょう。
     新葉の色が薄く悪くなってしまっています。 う~む、不味いなぁ。。。

    ドッグローズです。 今年も沢山花が咲いて、実をつけています。 
     野生種に近いのか、手入れが雑でも病気せず虫も付かず、全く元気で良く伸びるんです。
    本当は壁に這わせたりして仕立てるのに向いていると思うのですが、狭いベランダなので
    切り詰めて、まるで盆栽のよう。 でも、年々威勢良く育ってくれていますョ。  
c0150974_1115396.jpg
                                              ♪    
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-19 11:47 | ベランダ園芸 | Comments(0)
 玖瑰花×鉄観音 
    ウチでは、久しぶりの中国茶です♪ 
  先日、博物館の中国茶体験イベントで大変お世話になった中国茶インストラクターの方に
   「少しですが、味見してみて!」と中国茶をいただきました。
c0150974_1640111.jpg
  左は、バラ科のハマナスの花の蕾を乾燥させた『玖瑰花(めいくいふぁー)茶』または『薔薇茶』。
    ハマナスは生薬の1つで、花茶に使われる代表的な花の1つだそうです。
  右は、鉄観音(てっかんのん)茶。烏龍茶の仲間です。ブレンド用にいただきました。

  中国茶には『花茶』という分類があって、①ジャスミン茶のように花の香りを茶葉に移したもの。
  ②花だけを、ハーブティーのように飲むもの。③乾燥させた花を茶葉に混ぜて飲むもの。
                                                 とあるそうです。
        せっかくなので、それぞれ単品とブレンドと淹れてみました。
        耐熱グラスが無いので、ガラスポットで! 花がとっても綺麗です~♪
c0150974_16574745.jpg
        薔薇の甘~い香りと、それほどキツくは無いけれど酸味があります。
    ハイビスカスやローズピップより飲みやすい気がしました。うん、そのままでも美味しい♪
     鉄観音茶も淹れてみました。c0150974_17431962.jpgc0150974_1743346.jpg
   









  茶葉5g、熱湯150cc、1分浸出。
  烏龍茶は茶葉が吸水すると、本当に良く膨らむんですよね。^^ さすが鉄観音。イイお味です♪
c0150974_183220.jpg

        そして、ブレンドして淹れてみると・・・あらま~いいトコ取りのお味!
    下手な表現で恐縮ですが、
   鉄観音の味の隙間を玖瑰花が丁度良く埋めて広がった感じ。すごい一体感があります。
    そして、玖瑰花の酸味が鉄観音の味ととっても良く合ってビックリ☆ これもイイな~♪
c0150974_17561514.jpg
                            Rさん、どうも有難うございました!(^-^)
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-17 18:30 | | Comments(0)
 紅茶作り! その2 
    続きです。^^
     酸化発酵が終了したら、次は乾燥です。 乾燥は電子レンジで!
    お皿にクッキングペーパーを敷いて、茶葉を広げます。
c0150974_10263211.jpg
    レンジに30秒かけたら、取り出して葉を集め、少し揉んで熱と水分を均一にし、また広げる。
    それを繰り返しながら乾燥させていきます。クッキングペーパーが湿ったら取り替えます。
c0150974_10422910.jpg
    表面だけでなく、芯までしっかり乾くよう、じっくり乾燥させます。
                          全部で30秒×12回くらいだったかな。。
     出来上がりです~!  まるでヒジキ。
c0150974_10462074.jpg

     早速、淹れてみました♪ (茶葉4g・湯量200cc・5分浸出。←濃いめでした)
c0150974_1052928.jpg
     いかがでしょう? 見た目もお味も・・・しっかり紅茶です!
    風味に華やかさが欠けるものの、旨味や甘味、渋味も効いて美味しくいただけます。
                       結果、65gの生葉から15g紅茶ができました☆
c0150974_1123454.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2008-05-15 11:19 | | Comments(4)
 紅茶作り! その1 
    先日の新茶摘みで、ひとつかみの生葉を分けてもらってきました☆
    新茶の葉は天ぷらやおひたしなど・・・料理に使ってもとても美味しいのですが
    茶好きとしてはお茶を、やっぱり自分で作ってみたいのです~。
      で、紅茶作り♪
  もちろん緑茶を家庭で作ることもできますが、緑茶の場合、摘んだ生葉をすぐに蒸して
  生葉中の酸化酵素を失活させなければならなかったり、非常に味に影響する揉みの工程が
  初心者には上手くできなかったりして、頑張ったわりに??という出来上がりになりがちなんです。
  その点、紅茶の場合は、味は兎も角、変化が楽めて、発酵が不十分だったとしても大丈夫!
  自然と半発酵茶の烏龍茶になってしまう儲け物。^m^

     さて最初は、生葉を『萎凋』させます。  ざるに薄く葉を広げて室内で陰干しです。
c0150974_9205216.jpg
    萎凋(いちょう)とは葉をしおれさせること。
    生葉中の水分の減少と、葉中の成分に加水分解や酸化などの変化を起こさせて
    香りを出させる工程です。 雨天の室内萎凋の為、時々かき混ぜながら2日置きました。
c0150974_9274140.jpg
                                        重量65g→39g。
     次に、揉みの作業。  
    揉むことで組織を破壊し細胞中の成分を外に出して、カテキンなどの成分の酸化を進めます。
c0150974_937386.jpg
    葉の量が少ないので、厚手のビニール袋を使いました。
    袋の隅に葉を寄せたら洗濯のツマミ洗いをするような感じで、ひたすら揉みます。
    2分くらい揉んだら、葉の塊を解してビニールに新しい空気を入れて葉に空気を触れさせます。
      30分くらいすると汁が出てきました。でも、まだまだ。
c0150974_9554685.jpg
    1時間半。 そろそろイイかな~。
c0150974_9574146.jpg
     続いて、酸化発酵です。 30℃くらい・湿度90%くらいのサウナで茶葉をぬくぬくさせます。
    発砲スチロール箱の中にお湯を入れて、濡れ布きんに包んだ茶葉を置きます。
    時々お湯を変えて温度を保ちながら、4時間くらい発酵させました。
    (ここの工程で発酵を浅くすると烏龍茶になります。好みで発酵具合を変えてみても♪)
c0150974_1015916.jpg
      こんな色になったらOK! 
c0150974_1015313.jpg
                                                     ^◇^b   
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-15 10:19 | | Comments(0)
 ポピーシードとクリームチーズのレモンマフィン♪ 
      レモン風味の生地にブルーポピーシードとクリームチーズをトッピング。 
                                 これが抜群の相性なんです~♪
c0150974_14475155.jpg
      ○マフィン型・6個分
       無塩バター 50g              ブルーポピーシード 小1~2くらい
       グラニュー糖 50g             
       卵 1個                     <中に入れる用>
       牛乳 50cc                  クリームチーズ 50g
       レモンの皮すりおろし 1/2個分     牛乳 小1
       アーモンドプードル 15g          蜂蜜 小1
       薄力粉 120g                  合わせて練っておく。
       ベーキングパウダー 小1
   
       バターケーキと同じ、共立てのシュガーバッター法。
       ブルーポピーシードは生地に混ぜ込んで、
       練ったクリームチーズを生地の間に挟んで焼きました。
       焼き時間は、オーブン180℃ 30分。
                           ほろほろでプチプチの食感です☆(^-^)
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-08 15:31 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
 ジャングル ルーム 
      GWが明けて間もない今日今現在、部屋には植物が・・茂りに茂っています。。
c0150974_11441936.jpg
     入居中マンションの大規模な外壁修繕工事が、昨日から始まりました。
     期間は約1ヵ月。 ベランダ内も作業をするので、洗濯物は干せません。
     ベランダに置いてある物は、撤去! 
          撤去って…植物たちも全て撤去ですかぃ!?(゚Д゚;  で、この有り様。(>_<)
     一応、虫対策はしていますが…それより、部屋の中では植物の成長が心配なのですが
                      どうにもこうにも・・・致し方ありませぬ。(-_-;) 
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-08 13:26 | ベランダ園芸 | Comments(4)