<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
 ひたし豆で手作り豆腐 
     ひたし豆という名前で売られているお豆。
              東北ではひたし豆(こちらは料理名)にして食べる青大豆だそうです。
      大豆ならば、豆腐が作れるはず! 
          で、ずっと作ってみたいと思っていた豆腐作りを決行しました。^^
c0150974_1133409.jpg
     豆腐作りは、まず豆乳作りから。 青大豆100gを使いました。
    豆を水に浸してもどしたら(4時間くらい浸けました)、もどした豆ともどし汁1カップくらいを
                       フードプロセッサーで滑らかなペースト状にします。

c0150974_11381651.jpgc0150974_11384876.jpg








       このペースト(生呉)に火を通します。 700mlの湯を沸かし、ペーストを投入。 
c0150974_122053.jpg
      一瞬にしてブクブクと泡が浮かびます。 泡は取った方がいいみたいです。
     底が焦げないようにかき混ぜながら、火を通していきます。
       始めは中火の強くらい、吹きこぼれそうになったら弱火にして10分くらい。
     生っぽい匂いから、豆腐の匂いに変わったら火を止めて、漉していきます。
          c0150974_1262391.jpgc0150974_1264874.jpg









     おから と 豆乳 の出来上がり! 
                          ちょろっと舐めた豆乳は甘くて美味でした~♪
      豆乳を鍋に移して70~75℃に温度を合わせて、冷めないように湯せんしながら
     いざ、にがり投入!
         このにがり打ちは、プロの方でも気が抜けないという難しい作業なのだそうです。
      にがりを入れた途端に固まり始めるので、あまり混ぜてはいけないとのこと。
     使用したにがりは粗製海水塩化マグネシウム。豆乳200mlに10mlとありますが、
      豆乳の計量を忘れて…目分量にて、^^;  25ml用意。
     しかし、固まり具合が弱い気がして後から足したので、結局40ml強くらい入れました。
      蓋をして、15分静置。  なんだか微妙な固まり具合~。。
c0150974_12463934.jpg
c0150974_1331142.jpgc0150974_1314927.jpg






 
   ざるに移して水切りしただけなのに
  しっこり固い豆腐になってしまいました。
     味は悪くないのですが、
           食感が…滑らかさが今一。 夫ふろやんからも「島豆腐みたいだね」の一言。
   改めて見ても、にがりが均一に混ざっていない感じですし、にがりの量も適当過ぎですな。
                              これはもう、再チャレンジしなくては。。
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-26 13:35 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
 青梅のサワードリンク 
       梅シロップが沢山残っているから、ちょっとだけ。
           サワードリンクを飲んだこと無かったので、作ってみることにしました。

c0150974_1714537.jpg 一晩置いたら、少し黄色くなったような。

  材料: 青梅   500g
      氷砂糖   200g
     グラニュー糖 100g
       酢   500ml

 青梅は洗って、4時間ほど水にさらして
   アク抜きしました。
 水気をよく拭いたら、ヘタの部分を爪楊枝で
 きれいに取って、所々に穴を開けておきます。
 (穴は開けなくても良いみたいですが、
      エキスが出やすいかと思いまして。)
  あとは、詰めていくだけ。
 私は、保存容器の殺菌に自信がないので
 ビニール袋を使っていますが、余ったひだの
 部分に空気が残らないよう、気をつけてます。

 青梅さんが立派すぎて…
   ありゃりゃ、容器に入りきらない。。 
                                             でも、何とか!
c0150974_17171744.jpg
                    蓋は閉まりませんが、このまま1~2ヶ月置いてみます。^^ 
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-25 18:06 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
 生新茶 
c0150974_14121150.jpg 今年は“生タイプ”の新茶を飲んでみたい!
            と、買って置いたお茶を開封してみました。

   佐渡(さわたり)というのは古い地名の呼び名で
   現:静岡市駿河区丸子(まりこ)1丁目あたり。
    地元では今も、佐渡で通っている様子です。

 さて、生新茶の“生”とは何なのでしょ~??
  色んな生の茶の説明を見ると…
 火入れをしていないか、ごく弱く仕上げてある、、とあります。
 元々『生茶』は、火入れ前の茶、荒茶の別名を表す
                  茶の業界用語らしいのです。   
   ここで、荒茶と火入れについて少々。
 茶は、茶生産農家さんの下で生茶葉が摘まれると、直ぐに工場で“荒茶”という状態に
  加工されます。 この荒茶の状態で、色々な取り引きが行われることになります。
 素人には普通のお茶に見えますし、そのまま淹れて飲めますが、含水率が高く、粉や茎などが
  混ざったままの茶なので、このあと“火入れ”や“選別”といった仕上げ加工がなされます。

 “火入れ”には、水分を減らし保存性を高める目的と、『火入れ香』という糖とアミノ酸の加熱
  反応(メイラード反応)による香ばしい香りを付けて香味を向上させる目的とがあります。
 しかし、火入れを浅くして荒茶に近い、より新鮮な風味を味わえる・・というのが生の茶の特徴。
 新茶の季節だからこそ、“生”を楽しんでみたい!ということで、生新茶♪

c0150974_17552244.jpgさて、限定販売、手摘み、45g1100円の
私には超・高級生新茶を開封してみました。
よく揃った綺麗な茶葉です。
お店の説明に、茶葉を大きく揉んだとありますが
本当に大きく綺麗な形をしています。
香りは控え目。
控え目ですが、甘く爽やかな香りがします。
    (今日のお供は、たぬき煎餅ミニサイズ↓)
c0150974_11495545.jpg
 茶葉5g・湯温70℃・100cc・浸出1分少々
 で、淹れてみました。
 写真→だと黄色っぽく写ってますが、本当は
 気持ち緑がかった綺麗な水色をしています。
 艶っぽく澄んでいて、濃度のある感じを確認。
  新芽のうぶ毛が浮いています。
 普通蒸し上級煎茶の風格です。
  そして、爽やかで上品な香り~。
 一口飲んでみると、甘味・旨味、力強い渋味と
 凄まじいくらいの爽快感が喉から鼻に貫けて
 残ります。その爽快感にビックリしました。
           鼻がスースーします。
 まろやかで清々しく、とにかく爽やか!
  これが、生新茶なのか~◎o◎。

 2煎目まで飲んだ後の茶葉がコチラ↓c0150974_1803643.jpg




軟らかくて何とも美味しそうでしょ~♪
この場合、茶殻では無く、茶のお浸しとなります。^^
ゴマとポン酢が良くあって、乙な一品なんですよ!
特にこの茶葉のお浸しは、甘さとほろ苦さを
  堪能できるイイお味でした☆
c0150974_1814435.jpg
                                               生、最高ー!
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-24 12:03 | | Comments(4)
 そら豆 
      そら豆。
    ふわふわの綿毛に大事に大事に包まれている様子を見るのが、毎年楽しみなのです♪
c0150974_22322784.jpg
      お手頃価格のこの時季が我が家の買い時。特売そら豆を買ってきました。(^◇^)
       今回は塩ゆでと網焼きにして食べてみることに。
c0150974_22324843.jpg
       塩は濃いめで(500mlの湯に塩小さじ山盛り1くらい)お酒も少々、2分程ゆでました。
      そら豆の爽やかな色と香り。ゆでたての、まだ柔らかい時の甘さが大好きです。

        網焼きは、初挑戦!
      soaveさんのブログでご紹介いただいた食べ方なのですが、
                               とっても美味しそうだったので、早速♡
c0150974_2233521.jpg
         で、焼いてみると・・・徐々に甘~くねっとりとした香りがしてきました。
      んーこの一癖ある香りは、そうそう、蕎麦の花の蜂蜜の香りそっくり。
        お味の方は、甘味が増して鳴門金時にも負けないくらい。 こりゃ、旨い~♪
           焼くと、ほっくりした味わいになりますね!
                              味わいの違いに、驚きました☆(^-^)
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-18 11:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
 ねじり花 
      大変だったマンションの外壁修繕工事も、残す所わずかとなり
         ようやくベランダ側が開放され、植物たちを外に出すことができました。
       植物たちは皆やつれた様子。。 日陰に弱い数鉢は、結局枯れてしまいました。
           そんな中、ひょろひょろではありますが、ネジバナが咲いています♪
c0150974_18503348.jpg
       このネジバナ。                   (ふろやんの記事はコチラ。)
    夫・ふろやんの元職場に咲いていた数株を、建物の取り壊し前に救出してきたコです。
     移植が難しいみたいなので根付いてくれるか心配でしたが、大丈夫だったみたい。
        ねじれ具合は少なめですが、濃い色の可愛い花をつけてくれましたョ。
                          でも、こんなに横向きに伸びちゃって・・・。(TоT)
     2008年6月24日
          ↑のコの、今の状態。成長したねじれ具合を追加します。
c0150974_13173341.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2008-06-15 19:20 | ベランダ園芸 | Comments(2)
 黒はんぺんのフライ 
     静岡のご当地食材、黒はんぺん。
     東京交通会館の『むらからまちから館』で売っていたものを買ってきました。(^◇^)
                        最近、実家に帰っていないので買い置きが無くて~TдT
c0150974_1338361.jpg
      由比町の老舗練り製品会社・いちうろこさんの黒はんぺん。
    地元スーパーで売られているものよりずっと大きくて厚くて立派!味も上品な
                             贈答用やお土産用タイプの黒はんぺんです。
c0150974_14122338.jpg
      このブ厚いタイプのはんぺん、スーパーの安くて薄っぺらいはんぺんと比べて
       青魚風味は弱いですけど、この厚みが・・フライにすると美味しいんです~♪
     我が家では、薄っぺらなものは軽く炙って(焼いて)、厚いものはフライにしています。
                                      (煮物にはどちらでも。^^)
c0150974_15194248.jpg
                                 美味しくいただきました♪
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-12 15:28 | 手作り料理・保存食 | Comments(10)
 満月 
c0150974_21424822.jpg
                                      では、ありませぬ。。^^;

      今晩の夕飯、副菜はズッキーニのフリッター(風天ぷら)。
      生地作りの時に粉をドバッと入れすぎてしまい、倍量の生地ができてしまったので
      余った生地をどうにかしよう・・・と考えたのが、どら焼きの皮。
                適当に砂糖とベーキングパウダーを入れて焼いてみました。

     皮はできたものの、中身をどうしよう~” と、冷蔵庫の中をゴソゴソやっていると
     夫ふろやん<「羊かんを薄く切って挟んでみれば?」の一声! 
                                         それ、ナイスアイディア☆
c0150974_2265758.jpg
      コレがなかなかイケるお味で、笑ってしまいました。emoticon-0125-mmm.gif   
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-04 22:23 | 手作りパン・おやつ | Comments(8)
 6月1日の散歩にて。 
       散歩に出かけると出逢います。 紫陽花やカエルちんは、6月の顔♪ 
c0150974_22481158.jpg
c0150974_22482460.jpg
    昨日は久しぶりの青空でした。 
        空を見上げると・・・こんな雲や、あんな雲。 
     巻雲・巻積雲・巻層雲-巻三兄弟-が出ていました。 低気圧が近づいている~。
c0150974_22484821.jpg
c0150974_2249239.jpg
        こんな日にはもしかしたら・・・と思っていたら、やっぱり!
c0150974_22492589.jpg
                                         出ましたー幻日♪
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-02 11:52 | 空・風景 | Comments(8)