<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
  台湾茶・2種。  
     少し前に中華街のお店で見つけた少量パックの台湾茶2種を、開封しました♪
   発酵(※茶葉中の酸化酵素の働きによる)の度合いや製造工程の違いによって
  『緑・青・赤・白・黄・黒・花』に大別される中国茶の中の、台湾は青茶の名産地だそうです。
     台湾四大銘茶の中でも特徴的な文山包種茶東方美人が今日のお題茶。
                                      どちらも青茶の仲間です。

   茶葉の酸化による発酵を、全くして無い緑茶(不発酵)。100%している紅茶(完全発酵)。
    そして青茶(半発酵)は、発酵度が15~70・80%くらい。
      同じ青茶の仲間でも、15%と70%とでは全く違っていて、面白いんですよね♪

   さて、まずは文山包種茶。 文山は産地名。包種茶は比較的発酵度が低い半発酵茶の
     ことをいうのですが、包種茶といったら文山という程、有名なお茶だそうです。
  発酵は最も軽い15%! 濃緑色と黄色の綺麗な茶葉で、柔らかな甘香ばしい香りがします。
c0150974_8333952.jpg
   温めた小さな茶壷に茶葉4g、沸騰したら火を止めて一呼吸ニ呼吸置いたお湯を使いました。
     茶葉を多目にしたので、浸出時間は40秒くらい。(3g1分くらいが一般的かしら?)
c0150974_834345.jpg
     中華菓子と一緒にいただきました。
c0150974_8342938.jpg
     水色は薄い綺麗な黄色。
    甘い蘭やジャスミンのような花の香り、そして緑っぽい爽やかな香りがふんわりと優しく
     香ってきます。 味はとても甘くて、旨味しっかり。そして清々しい新緑を思うような
    鼻に抜ける清涼感や爽快感がとても気持ち良く感じられました♪(今の季節にピッタリ。)
           味全体の雰囲気は、やはり緑茶に近いですね~そして緑茶より華やか。

   
    お次は、東方美人 このお茶は、初めて飲んで心奪われたお茶の1つであります~。^^
   このお茶、本当は果物なのでは?!と思うほど、甘~い蜜のような何とも言えない芳醇な
    香りがするのです。 発酵度は最も高く70%前後、かなり紅茶よりの烏龍茶です。
  ヨーロッパに輸出された際、英国でオリエンタルビューティーと名づけられ珍重されたことから
     東洋でも東方美人と呼ばれてますが、別名が色々とあるみたいですね。
   茶葉が、褐色・紅・白・黄・緑の色をしていることから、五色茶とも呼ばれ、
                           色彩の豊かなもの程、高級になるそうです。
c0150974_8344225.jpg
    このお茶独特の蜜のような香りは、いったいどうして生まれるのでしょうか~? 参考
      何と、夏に大量発生するウンカ(虫)が、一役買っているというのです!@0@
    ウンカは本来ならば害虫ですが、ウンカが茶樹の新芽の樹液を吸うと、ウンカの唾液に
     含まれる成分と茶葉中の成分が葉の中で反応し新しい芳香成分が生まれるそうで、
   その成分が製茶によってさらに変化し、独特の風味を作り出しているということが
                               最近の研究で分かってきているそうなのです。
      紅茶ダージリンも、実はこの方法で作られていると・・・知ったのは最近のこと。

      高級なものは低温の湯でじっくり淹れた方が美味しいと聞きますが…
           今回、紅茶より気持ち低い湯温で文山包種とほぼ同じに淹れてみました。
c0150974_835044.jpg
c0150974_835989.jpg
     琥珀色の水色。(ちょっと薄かったかも。。?)
    まさに、オリエンタルビューティー!花園で美女が微笑んでいるような甘く魅惑的な香味。
   紅茶にコクのある蜂蜜を溶かしたような、桃の蜜のような。柑橘の花のような匂いもします。
      あとに残る風味・渋味は、やはり紅茶に近いのですがそれほど強く残りません。
     もう、とにかく、香り高くて甘いお茶。お茶の世界も不思議でまだまだ奥が深いです。

    中国茶を飲んで嬉しいのが、7煎・8煎くらいまで淹れても美味しさが続いて
          おかわりできちゃうことなんですよネ☆ お茶菓子が沢山必要になります♪

    参考: お茶の香りについて。 青茶について
[PR]
by aku_beeno | 2009-04-26 02:28 | | Comments(4)
  コーンブレッド。  
      コーングリッツを使って、今度はクイックブレッドを作ってみました♪
   参考にさせていただいたのは、『オーブン・ミトン』小嶋ルミさんのこちらのレシピ
     焼きたてを切っていただいてみると、外はカリカリ中はフカフカでもっちり!
   コーンの風味が良く、そんなに甘くないからとっても食べやすくて、美味しかったです☆
c0150974_20661.jpg
   実は材料を揃えている最中、溶かしバターを作るのに電子レンジを使ったところ、
     横着したばかりに・・・バターを爆発させてしまい、、
                   オーブンレンジ庫内を大掃除する羽目になってしまいました。。
    掃除できる箇所はがんばって拭いたのですが、庫内上部に張ってある金網の奥は無理で
   飛んだバターを焼き切ろうとオーブンを熱すれば、煙と臭いで部屋中大変なことに。>д<
                               つくづく、横着を反省したのでした。(:_;) 
[PR]
by aku_beeno | 2009-04-25 18:46 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  コーングリッツのパン。  
    いつもの全粒粉とは違うプチプチを求めて~^0^
             粗挽きのとうもろこし粉・コーングリッツを使ってパンを作ってみました。
    使うのは初めてなので、少し調べてみますと、
  そのまま使うレシピもあれば、『パンに使う場合、前処理が必要!(しないと生地がダレる)』
      と言う話もあって、よく分からず。。。。
    前処理(煮る)したらプチプチ感が半減しそうなので、とりあえずそのまま投入しました。
c0150974_1956525.jpg
        量は全粒粉の時と同じで、強力粉250gにコーングリッツ50g。
      全粒粉の場合より水分を吸い難そうなので、少なめにして牛乳90cc+水90cc。
          あとは全粒粉の時と同じ手順で。
        捏ねた生地はしっとりで、発酵時間がいつもより早く膨らみやすいみたい。
                                      ぐるぐるプチプチ♪
c0150974_19561484.jpg
            巻き巻きプチプチ♪ 
c0150974_19562474.jpg
     オーブンから出したばかりのパンは、指で弾くとカチカチというほど硬質で
              食感もカリカリでしたが、とうもろこしの甘い風味がしてすごく美味しい!
   さらにこのパンを一晩置くと、ふんわりした中に少し粒々が感じられるかなって程度に。
    硬質感は無くなって食べやすくなっていました。 ほんのりしたコーンの甘味が美味しい♪
c0150974_19563357.jpg
     コーン&コーン、ハム玉ねぎロール、ポテトサラダ包みも美味しかったです。
                      でもこの生地だと、お惣菜パンにしか使えなさそうですね。
[PR]
by aku_beeno | 2009-04-21 11:41 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  イチゴ大福。  
      イチゴの季節、どうしても食べたいイチゴ大福~♪
   昨日食べたイチゴの残りと、あんパンに使った粒あんの残りが丁度良く残っていたので、
     大好きなイチゴ大福を作ってみることにしました。
                          まずはイチゴにあんこを被せてスタンバイ~。
c0150974_2117512.jpg
    大福の方は、ほんとなら餅を搗きたいところですが、今回は白玉粉で作る求肥生地。
       レンジで簡単に作るレシピです♪
   そのつもりで、いざ白玉粉を出してみると…なんと全然足りなかった!50g必要なのに25g。。
     仕方無いので、足りない分の半量をうるち粉の上新粉で代用することにして強行しました。
   粉を水で溶いて砂糖を混ぜたら、ラップをしてレンジで加熱。1分ずつ加熱しながらよく混ぜて
     しっかり火を通します。火が通ったら練り上げて餅とり粉の上に取り出し、等分して成形。
                                     (慌しくて写真は省略です。)
c0150974_21164396.jpg
        出来立てを、お茶と一緒にいただきました。
c0150974_211726100.jpg
       う~ん。。。不味くは無いのだけど、、
               うるち粉独特の風味が強くて求肥と言うより団子の味でした。^^;
          今度はちゃんと白玉粉で作ることにします~。
[PR]
by aku_beeno | 2009-04-13 21:20 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  横浜中華街・関帝廟の石獅さん。  
c0150974_1552322.jpg
       関帝廟HPの説明によると、
     『原石を台湾から輸入し、鎌倉の石匠によって彫られた守護獅子。』とのこと。
   作られた年などの詳細は判らずですが、この石獅さんは前関帝廟の火災(1986年)を経験し
      真っ黒になった今でも、この愛嬌のある顔で来る人を迎えてくれています。
    
c0150974_15525167.jpg
     中国獅子は、両方の口が開いて「阿-阿」になっているという特徴があるそうです。
        ※狛犬ネットさんの狛犬分類学(渡来中国獅子)参照。
    でも何となく、右のお方の口の開きが左のお方より大きくて『阿-吽』っぽく見えるのは
               鎌倉の石匠さんの狛犬イメージによって作られたから?なのかしら~。
[PR]
by aku_beeno | 2009-04-04 16:45 | 空・風景 | Comments(6)