<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
  ネロ七味。  
     続いて、ネロ七味に挑戦!
            ですが、ネロは個性がとても強いので、合わせる材料をどうしたものか…。
c0150974_23481029.jpg
    とりあえずパプリカやトマトと合いそうなものを集めてみると、何とか7味らしくなりそうで。
c0150974_23482163.jpg
    陳皮の替わりのレモンは、皮を薄く剥いて電子レンジでササッと乾燥。
   カレーのトッピングに使っている市販のオニオン、ガーリック、アーモンドは香ばしくなっていて
      ちょうど良い具合に乾燥もしているし、そのまま使えて便利でした。
   併せてミルサーにかけ粉砕したところに、黒ゴマとパセリ、ハバネロを混ぜて出来上がり!

    では、試食タイム~♪ 薄いコンソメスープを作りました。
c0150974_23483232.jpg
    このままでは塩足らん物足らんのスープに、ネロ七味をパランパランと2振り。
c0150974_23484061.jpg
    いやぁ~ビックリです! 旨い!旨い!このままで十分美味しく飲めます。◎ω◎
      レモンの皮とガーリックの効果が絶大です。 でも、ちと2振りは多かったか~辛。。
    納豆チャーハンにもかけてみましたが、イケました。 こちらオイスターソース味でしたが、
     オイスターソース味よりナシゴレンのようなエスニックな味と良く合いそうです。
c0150974_2020970.jpg
     パセリの風味が大人しすぎる気がして、少し考え中ですが
                              暫くはこのレシピで行こうと思います~。^^
     :材料:
       レモンの皮(乾燥) 12mm程の幅で縦3本分。 フライド・ガーリック 3g。
       フライド・オニオン 2g。 ロースト・アーモンド・スライス 3g。 
       黒いりゴマ 2g。 パセリ(乾燥) 小さじ1弱。 ハバネロ(乾燥) 5g。
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-30 18:02 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  ネロ一味。  
     乾燥させたハバネロ。 そのままだと使い難そうなので、粉砕してネロ一味に。
c0150974_2346251.jpg
    ミルサーでガガーッとやりました。 粗目にしたいけれど、なかなか均一には挽けません。
c0150974_23463588.jpg
    粉が周りへ飛んで、顔についたりしたら大変なので、ここは慎重に、慎重に。
c0150974_23464371.jpg
    出来上がり! 20個のネロで、小瓶半分ほどになりました。
c0150974_23465446.jpg
    しかしコレ、どうしたものか。。 味も辛さも凝縮して、すんごいことになってるはず。
      とてもとても、普通の一味のようには、使えないでしょ。
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-29 22:41 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  ハバネロの乾燥。  
    ハバネロは肉厚なので、丸ごとの乾燥が難しのです。以前、大失敗しました。
      今回は4つ割りにして、種を除いて干してみました。
   (※ハバネロを扱う際は、ビニール手袋・マスク・眼鏡かゴーグル、
         出来れば“ほっかむり”も必須です。取った種やワタも気をつけて処理すること。)
c0150974_2343875.jpg
    10日程干したところ、随分と乾燥していい具合になりましたが、まだパリッとしないので
     残りは電子レンジで水分を飛ばすことに。 加熱はまた、かなり危険な作業なんです。
    夫ふろやんが「やる。」と言ってやってくれたのですが、加熱後、レンジの扉を開けた瞬間
                       激辛の蒸気に襲われますので、くれぐれもご注意を!
c0150974_23431783.jpg
      40秒×5回ほどレンジにかけて、冷ました状態がこちら。 カラカラになりました。
   (※この状態でも、素手で触るのは危険ですからね。)
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-28 20:19 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  続・懐かしの店。  
  こちらは、小学生の頃お世話になっていた駄菓子屋さん。
             遠足や社会科見学などの前になると、お店へ行くのが楽しみでした。
c0150974_19171318.jpg
   お店にはとにかくお菓子がいっぱい。 大人サイズの袋菓子も沢山置いてあるけれど
    子供サイズの小さな駄菓子&子供サイズに小分けにされた袋菓子がいっぱい。 
 お菓子は300円まで。でも、1つ5円~40円程だから色んなお菓子が買えて嬉しかったな~♪
   子供の頃好きだったお菓子を選んでいると、「ラスクが無いね~。」と、夫・ふろやん。
おじさんに伺えば、小麦の値上がりでお菓子の値段が上がってしまったので…との話でした。(:_;)
  無くなってしまったお菓子もあるけれど、おじさんの笑顔は変わらず温かい。
      昔のようにお菓子をパックして貰って、おまけに糸引き飴を引かせて貰いました。
c0150974_19183510.jpg


 開封。  
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-27 19:40 | お出かけ | Comments(2)
  懐かしの店。  
   暫くぶりに、静岡へ行ってきました。
 このところ駅周辺は随分変わってきている様子で、お店も新しくなっていたり無くなっていたり。
 そんな中、この店は変わらず健在でした。私の青春時代の思い出の店、とでも言いましょうか~
 食べ盛り高校生の小腹を優しく満たしてくれる、母校生徒行き付けの店でして(たぶん今もね^^)
 私は部活が忙しかったのと帰り道が反対方向だったので、常連にはなれなかったのだけれど
  西の一富士と共に好きなお店でした。 市内にはこんな雰囲気のお店が点在しています。
c0150974_23331652.jpg
   暖簾をくぐれば、まるで海の家のようで…おでん、カキ氷、大学芋、焼き芋、おにぎり
      メニューが多すぎて覚えきれず。
                   おでんも旨いのですが、お目当ては、やっぱり、お芋さん。
c0150974_23335493.jpg
    お店の方に許可をいただいて撮らせて貰いました。
                     向こうのお釜からは湯気が出ていて、蒸し芋なのかな。
      焼き芋は量り売り。小さめの1つと言って選んで貰ったお芋は85円でした。
c0150974_2334942.jpg
      表面に粗塩が振ってあって、中はホクホク。
c0150974_23342642.jpg
                                        懐かしの味でした。
c0150974_2334418.jpg
         大学芋はお土産に ♪

おでんも食べました。
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-24 13:06 | 空・風景 | Comments(2)
  ゴーヤのサラダ。  
      久々の更新となりました。 その間お越しくださった皆様、すみません。<(_ _)>
c0150974_16143347.jpg
   今年の夏はゴーヤの“生食”がマイブームだった。 本当に、よく食べたと思う。^^
   ゴーヤは炒め物には3mm位がちょうど良いけれど、生食には1mm位が食べやすい。
  スライスしたゴーヤに塩を振って少し置き、しんなりしたところで軽く水洗いしてキュッと絞る。
    玉ねぎとシーチキンがとても良く合う。塩、黒胡椒をして、レモン汁をかけていただく。
                               もうゴーヤの季節も終わり。 また、来年。 

 熟れ熟れゴーヤ 
[PR]
by aku_beeno | 2009-09-23 17:30 | 手作り料理・保存食 | Comments(5)