<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
  黒はんぺんを作ってみる!  
    魚屋へ行くと鰯が安くて、干物にしようかな~♪ と買って帰るが、翌日も天気が悪い。   
       半分を煮物にして、残りはつみれにでもしてみようと思い、つみれにするのなら
   黒はんぺんはできないだろうか…? なんてことを考えてしまう。
         調べてみれば詳しい作り方が載っていたので、それを参考に作ってみました。^^
c0150974_21322039.jpg
     材料は鰯、塩、砂糖、風味付けに生姜と醤油。つなぎの片栗粉、固さ調節用の冷水。
          塩、片栗粉・砂糖はそれぞれ固さ調節用の冷水で溶いておきました。
c0150974_2143194.jpg
          鰯は手開きで中骨だけ取って、小骨や皮はそのまま入れます。
c0150974_947525.jpg
   よく冷えた材料を順番に加えながらフードプロセッサーでガーっと練って、生地は出来上がり。
c0150974_21332230.jpg
        適当に成形して、5分程茹でます。
c0150974_21364550.jpg
        茹でたてを早速試食してみれば、結構イイ感じじゃないですか~☆
c0150974_21371334.jpg
     形は不格好ですが、上出来上出来!
    熱いうちは片栗粉の弾力で軟らかなのですが、冷めると少し固くポソっとなってしまうのは
  『市販の蒲鉾のような歯ごたえを出すには良い原料と技術が必要です。』というレシピの一文に
     尽きる訳で、、でも十分美味しいと思います。
c0150974_21375580.jpg
       フライにしたらめちゃんこ旨かった! やっぱ、はんぺんフライはイイなぁ~♡  
c0150974_21415549.jpg
    静岡に居たら作るなんてこと考えもしなかったでしょうが…市販品には及ばないものの
      こんなに簡単に作れるのですねぇ~これからは作りますです、、はい。(^^ゞ
  
     魚はイワシやサバ、アジなど。混ぜるも良し。 塩は(魚の量の)2%、砂糖10%、
      片栗粉(馬鈴薯澱粉)15%、冷水20% が、基本の分量のようです。
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-30 21:43 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  蜂蜜レモン。  
    寒い季節になりました。
        皆さま、お風邪など召しませぬように。
c0150974_10294010.jpg
        薄切りレモンを蜂蜜漬けにしました。
c0150974_14542445.jpg
         紅茶に入れると濁ってしまうけれど、美味しいですよね~♪
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-15 10:30 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  晴れの特異日。  
c0150974_18565027.jpg
    文化の日の昨日は素晴らしい快晴でした。でも、寒かったなぁ~。。
      丹沢山地の向こうに富士山がくっきり見えていました。
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-04 09:55 | 空・風景 | Comments(0)
  大学芋。  
   大好きな大学芋~♪ でも、作るとなると揚げ物と飴作りで結構手間がかかりますでしょ。
                   油も新しい油を使わなきゃとか思うと、なかなかねぇ…。
     ところが、そんな悩みは全て解決の、素晴らしいレシピを見つけました!
   スーパーで超特大サイズの特売のお芋を仕入れ、そのレシピを参考に作ってみました。^^
c0150974_20101682.jpg
    フライパン1つ、材料(さつま芋・油・砂糖)を全て入れたら蓋をして火にかける、
     時々蓋の水滴を取って中をかき混ぜて、お芋に火が通るのを待つだけ!
                                本格派大学芋の出来上がりです~♪
        
   油は、切ったお芋全体に満遍なく付く程度(今回大さじ1.5くらい)の量にして作りました。
   芋の側面全部に油を丁寧に付けておくと、仕上がりがカリッとなりやすいように思います。
  重ならないように芋を並べ、加熱時間約15分の間に全側面に焼き色が付くように返しながら
   蒸焼きにして色よく仕上げます。 火が弱いと焼き色が付かないので、気持ち強めで。
   飴は少し多めが好みなので、今回砂糖:油の倍量(大さじ3)+蜂蜜:2回しくらい。   
     簡単なのにめちゃめちゃ美味しくて、食べ出すと止まらなくなります。 
                              これからは、この大学芋で決まりダ!^◇^    
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-03 00:51 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)
  牡蠣のオイル漬け。  
    夫・ふろやんの大の好物は、明治屋さんのスモークドオイスター缶。
  特売の牡蠣で家でも作ってみたいけど、燻製作りは大変だなぁ~燻製しないのがいいなぁ~と
   調べてみれば、やはりあるのですね。 『牡蠣のオイル漬け』 早速、挑戦してみました。
c0150974_2033919.jpg
   材料は生牡蠣、オリーブオイル、白ワイン。 風味付けに潰したニンニク、鷹の爪、ローリエ、
      オレガノ、バジル、パセリ、砕いたブラックペッパー。
   さらにもう一味、バルサミコ酢や醤油、オイスターソースなどを加える方法も多いみたいで
     今回は燻製の風味と近そうな、元は牡蠣だったオイスターソースを使ってみました。
c0150974_20252093.jpg
    フライパンに牡蠣と白ワイン少々を入れて中火にかけ、牡蠣がぷっくりしたところで
  オイスターソース(大さじ1)を投入。強火で水分を飛ばしながら牡蠣にタレをからめて行きます。
c0150974_20304965.jpg
    汁気が無くなったら粗熱をとって保存袋に詰め、スパイス類と一緒にオイルに浸けます。
c0150974_20195079.jpg
      この状態で冷蔵保存。どのくらい持つのか分かりませんが、かなり持ちは良さそう。
c0150974_2020069.jpg
    翌日、ふろやんに味見して貰ったところ、「まだ馴染んでない」と言うんで
                                    5日置いて、試食してみました。
c0150974_13344490.jpg
   なるほど~食感風味とも、かなり生に近い優しい味に仕上がりました。後味、爽やか~♪
  うん、これはこれで美味しいです! でも、そのまま食べるならもう少し味が濃くても良いかな。
                                  また作ってみようと思います~。^^
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-01 15:55 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)