<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
  晩白柚の砂糖漬け(ザボン漬け)。  
先日のお茶会、盛物飾りは万年(万年青)・福寿(福寿草)・和合(百合根)・大吉(柑橘)。
大吉には獅子柚子が使われましたが、予備にと用意していた晩白柚を帰りにいただきました。
 食べてみたいと思いつつ、今まで機会が無かった晩白柚。 楽しみにいただきました♪
中はというと、こんな感じ。
c0150974_1557459.jpg
そうそう、晩白柚はワタが多くてワタも食べられるのですよね。ってことで、ワタの砂糖漬け
  =九州の名物・ザボン漬けを作ってみることにしました。
      果肉はそのままいただきましたが、文旦に似たさっぱり味で美味しかったですよ!
c0150974_1558986.jpg
ワタは適当な大きさに切って、3回ほど茹でこぼし(水から茹でて沸騰したら濯ぐを3回)をして
 次に、鍋にシロップを煮立てて(ワタと同量の砂糖とひたひたになるくらいの水)ワタを投入。
 1日目はワタを入れて再び沸騰したら火を止めて1晩寝かせ、翌日また鍋を火にかけて
 汁気が無くなるまで煮詰めたら、ワタを網に並べて1日ほど乾かします。
1日ほど乾かしたところでグラニュー糖を1つ1つにまぶして、また適当に乾かして出来上がり。
c0150974_18331186.jpg
外側は乾いた状態で、中側はゼリーのような軟らかい食感に仕上がりました。
  お味はというと、殆ど砂糖のお味ですが、ほのかにワタらしい風味が感じられます。
                         仕上げに果汁や洋酒を加えてみても良かったかな。
c0150974_18362355.jpg
 中華街へ寄ったついでに久しぶりに購入した烏龍茶・中華菓子と一緒に、
                                    お茶の時間にいただきました☆
[PR]
by aku_beeno | 2011-02-27 19:29 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)
  バレンタインにミニ・ガレット・デ・ロワ。  
 今年のバレンタインデーは、冷凍パイシートを使ってパイのお菓子を作りました。
  フィリングにはココアを多めに使ったチョコアーモンドクリームを~。
      冷凍パイシートの大きさに合わせたミニサイズのガレット・デ・ロワの出来上がり☆
c0150974_18541836.jpg
 長方形の冷凍パイシートは1枚を半分に切って少し延ばして、1辺12cm程の正方形に。
  底になる生地の真ん中、直径10cmくらいの円状にチョコアーモンドクリームを絞って
 外側に塗り卵をしたら、上になる生地を被せて塗り卵をした辺りを押さえて密着させます。
 密着させた外側をナイフで切って円形に調えて、模様を付けたら塗り卵をして
                        オーブン200℃で15分+180℃で15分くらい。
c0150974_18543068.jpg
 焼き上がってみると、模様が不均一で下手っぴ。 でも、何か変だと思って考えると、
  模様の後に塗り卵ではなく、塗り卵の後に模様を付けるのが正解だったような?
c0150974_18543782.jpg
 今回は、チョコアーモンドクリームを絞った上に、キャラメリゼした林檎をのっけてみました。
お正月ではないですが、フェーブ替りのアーモンドも入れていますよ。(上記リンク先、参照)
 林檎が良いアクセントになって美味しかったです~♪  ちょっと食べ難いですけどね。。^^;  
[PR]
by aku_beeno | 2011-02-14 19:14 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
  うさぎやのどら焼き。  
上野へ行ったので、いざ、うさぎやさんへ。
うさぎやと言えば、評判のどら焼き! その噂は前々から耳にしていたけれど、なかなか
いただく機会が無かったので卯年の今年こそはいただいてみたいな~と思っていました。
c0150974_1515457.jpg
お店は多数のお客さんで賑わっていてガラスのショーケースの中には有名などら焼きや
上用饅頭の他、最中や羊羹、お茶席にも合う干菓子、半生菓子、練りきりなどもありました。
 どのお菓子も色合いはとても淡く、ほのかなる雰囲気のお菓子でした。
日持ちしないお菓子が多いので欲張らず、どら焼きとうさぎの形をした上用饅頭をいただいて
                       帰宅後、早速お茶を淹れていただいてみることに~♪
c0150974_15151640.jpg
 醤油が入らない色白の生地を割ると、中からきれいな色の粒あんが登場。
           その粒あんがクリームのようにとろりとやわらかくて、ちょっと驚きました。
  カステラ生地の方もつるんとしているような、弾力のあるモチモチした生地で
    こちらも、私の持つどら焼きのイメージには無い不思議な食感で、驚きました~。
c0150974_15183617.jpg
 さらに驚きなのは、幾らでも幾らでも食べられてしまいそうな・・・そのお味!
 甘さは決して控え目ではないと思うのですが、甘さの切れが物凄~く良いのです。
いわゆる白蜜的なさらりとした甘さは、粒あんや生地の風味が良く感じられて
後味がとてもすっきりなので、何となくもう1個食べても良いような気分になってしまうのですよ。
また、粒あんもカステラ生地もしっとりとしたタイプなので、口の中の水分が奪われずに
  食べやすいこともあり、かなり、かなり危険です。。。。
こんなどら焼きの世界もあるのですねぇ~。 さすがは評判の逸品でございました!^^
[PR]
by aku_beeno | 2011-02-07 15:20 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)
  動物乗物大会。
国立科学博物館の特別展、『空と宇宙展』より。
c0150974_13391294.jpg
1890年頃、二宮忠八さんによって考案された『烏(カラス)型飛行器』。

大正2年の絵本、『動物乗物大会』。
 一ツノバッテーラニ、ゾウクント、サルクント、カメクント、
 一ツノ方ハ、シロクント、キリンクント、サルクント、ノッテイル、オモシロソウダナー。
c0150974_13392251.jpg
 カメクント、シロクンノ、ジドウシヤ、レンシウノ、トコロ。
 ハジマリハ、ナカナカ、アブナイヨウダナー。 シッカリヤレ、シッカリヤレ。

  夫ふろやんの記事はこちら
[PR]
by aku_beeno | 2011-02-06 17:01 | お出かけ | Comments(0)
  節分と立春。  
c0150974_14463427.jpg
c0150974_23592483.jpg
 一年のはじまりは立春から!ということで、改めまして、節分の日には節分蕎麦と豆菓子を
  立春の日はちょこっとおせち風に、ハレの日の料理をいただきました。
                              お食後は…立春大福でシメました。^^ 
[PR]
by aku_beeno | 2011-02-04 14:48 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)