<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
  昨日の晩ご飯。  
晩ご飯メモ。(写真はありません。<(_ _)>)

長芋を梅肉ダレの炒め物にしてみたら美味しかったので、記録しておきます。

:豚と長芋の梅肉ダレ炒め:
豚コマ200gくらい、長芋10cmくらい、オクラ6本(ちょっと少なかった。)
エリンギ2本、長ネギ20cmくらい、ミョウガと大葉の千切り(トッピング用)
仕上げの胡麻油。

<梅肉ダレ>
白梅干し(塩18%)大2個分のペースト、味醂大さじ2、酒大さじ1.5、醤油大さじ1
砂糖小さじ1/2、ジンギスカンのタレ(ベル食〇)大さじ1、片栗粉小さじ1弱。

長芋は5cmを縦に8等分くらいの細長に準備。
オクラ・エリンギも同じくらいの大きさ、長ネギは斜め薄切りに。
まず長芋をよく炒めて、次にエリンギ・オクラも一緒に炒めて取り出しておく。
豚肉、長ネギ、〔長芋・エリンギ・オクラ〕の順に炒めたら、梅肉ダレをからめて
熱々に炒まったところで仕上げの胡麻油をちょろっと回しかけて、トッピングをのせて完成。

梅風味でさっぱり。だけど、ジンギスカンのタレを入れて少々パンチを効かせたので
ご飯がずんずん進む一品となりました。 夏にはぴったりのお味です。
トッピングのミョウガと大葉の千切りもたっぷりが美味しいかも。

ベル〇品のジンギスカンのタレはさらりとしていてレモンやポン酢などの酸味との
相性が良く、お気に入りの1本。 近所のスーパーで手に入るのがとっても有難いです。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-27 12:58 | 晩ご飯メモ | Comments(2)
  お取り寄せ、続き。  
記念撮影開始の頃には日が傾いて、ここからはやむなく照明を点けての撮影です。(-_-;)

箱から出して、勢揃いの画。 (横切れちゃってるしピント後ろ目だった!しょぇ~。。)
c0150974_0523866.jpg
 ようかん3棹+一口ようかん15個の重さはと言うと、かなりずっしりで
          ちょうどこんな組合せのをぶら下げているくらいの重さです。1.5㎏超え!
  この組合せで使うかどうかは別として?使えないことは無いってことが流石だなぁ~と。
 この前、このレンズを新調したばかりなので、今回はようかんのみ注文。。(ちと恥ずかし。)
   このレンズは空の写真で大活躍してくれています♪
c0150974_0551760.jpg
    こちらが6月発売の新味、栗♪ 渋いですねぇ~!
c0150974_18147.jpg
 栗1本では、こんなくらいかな・・・と思ったら
c0150974_19455629.jpg
 一口ようかん3個分重すぎで
         こっちが、ピッタリ~。
c0150974_19464769.jpg
  お次は定番の小倉+本煉の画。
c0150974_1193219.jpg
こちらはちょうどこんなくらい。
 最近はハチ子ばかりを使っているので、久しぶりに手に取りましたが
             私にとって定番と言えばコレ! 一番好きなカメラとレンズの組合せです。
c0150974_1201889.jpg
  残りの一口ようかんの3種はこんなくらいで
c0150974_129639.jpg
 ストロボ撮影は未だ挑戦したことがありません。。
c0150974_1311169.jpg
  一口ようかん1個だとこんな。(箱の中身アリ。)
c0150974_1341066.jpg
  厳密には、こんなくらいでしたが。^^  (2人して無くてはならない視度調節。。悲)
c0150974_1342459.jpg
 早速いただいてみました☆ まずは定番の…では無く、塩味から。
                                   夏は塩ってことで。
c0150974_135194.jpg
 お・美味しいです~♪ 甘すぎずしょっぱすぎず、豆のデンプン粒っぽさもしっかりあって旨ぃ!
  これは、他のお味がますます楽しみになりましたよ。
                        でも、少しずついただきたいと思います。^^ノ 

                                           終わり。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-23 20:46 | 食べ物・飲み物 | Comments(8)
  お取り寄せ。  
 全くもって、ミーハーなことに・・・
   お取り寄せをしてしまいました。
c0150974_19323317.jpg
  工業製品のかおりプンプンの箱から、ジャ~ン♪
c0150974_19324436.jpg
  ジャジャ~ン♪
c0150974_19325926.jpg
  ジャジャジャ~ン♪
c0150974_19333773.jpg
  ジャジャジャジャ~ン♪
c0150974_19335191.jpg
  こちらの記事に触発されてしまいまして。(^^ゞ
  前から食べてみたかったけれど、新味登場と聞いたら・・・やっぱり食べてみたかった!
c0150974_1934351.jpg
  ^◇^ 楽しみ~♪

  続く。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-22 19:35 | 食べ物・飲み物 | Comments(10)
  14日の夕景。  
本日の夕景は何となくロマンチックな雰囲気でしたョ。^^
c0150974_1953492.jpg
  美女と野獣のワンシーンのような? あっ、でも、これじゃ・・・眠れる森の美女かな?
c0150974_19553255.jpg
はっぴいえんど。

反薄明光線?
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-14 19:59 | 空・風景 | Comments(0)
  13日の夕景。  
夕景、続きます。<(_ _)>
c0150974_19405528.jpg
彩雲が現れないかなぁ~とちょっと期待していたのですが、現れませんでした。
c0150974_19411383.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2011-07-14 19:50 | 空・風景 | Comments(0)
  昨日の夕焼けと反薄明光線。  
c0150974_10223174.jpg
夫ふろやんが帰宅して「ちょいちょい。」と呼ぶ時は、何かある。
何かあるから呼ぶのだけれど、面白いことが多いので今回も期待して外へ出てみると
夕焼けと薄明光線(光芒・後光)がとても綺麗でした。
 そのうちの一筋がすぅーっと伸びて、東の空の地平線まで到達。
これは! もしかして、反薄明光線?! と思いつつも、一筋だけがくっきりなので
飛行機雲の派生か?筋雲か?とも思ったけれど、でも、改めて写真を簡単に並べて見てみても
一筋の光芒が長く伸びていると見るのが自然で・・・これはやはり、
                反薄明光線(裏後光)に間違い無い♪ (ふろやんに感謝感謝!)

薄明光線は見る機会も多く、それに比べると反薄明光線は珍しい現象かもしれません。
とは言え、虹や環水平アークなどと同じで、毎年ちょくちょく観測されているものです。
反薄明光線は夏に出現しやすいそうなので、今年はまだまだチャンスがあるかも。
知らなければ不吉なモノでも、知っていれば幸運ですネ。^^
 空を渡る光の筋は本当にとても素晴らしいです。

西の空は輝くようで
c0150974_10184687.jpg
光の筋が細かくて鮮烈。
c0150974_10193063.jpg
夏は暑くてツライけれど、そう、夏は空が面白いんだった。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-12 10:24 | 空・風景 | Comments(2)
  保温調理で紅茶豚。  
私の煮豚はいつもカチカチ。 しかし、あの方法ならばどうだろうか・・・?
 以前から気になっていて、ちょっと試してみたかった保温調理。
とっても可愛らしい鍋用の帽子というのがあって、それがあると便利なのですけれどね、
この暑い中、お裁縫するのはツライので、簡易装置で決行してみることにしました!
  気温が高ければ冷め難いので、保温調理もしやすいと言うもの。

今回、紅茶豚に挑戦してみました。 紅茶液で煮て、煮たあと調味液に漬け込みます。
特売の豚の肩ロースブロック肉(約500g)は塩胡椒をして、表面を焼き付けて、
沸騰したお湯で一度煮こぼして、下準備完了。 次に紅茶液を作ります。
鍋にお湯を沸かして、お湯500ccに対してティーバッグ3個くらいを数分煮出して
取り出します。 その紅茶液にお酒をじょぼじょぼ~っと加えて再び沸騰させ、肉をドボン。
まずは沸騰して肉が踊らないくらいの火加減で10分ほど煮ておき、蓋を閉めて強火で
なるべく煮汁の温度を高い状態にしたら火を止め、すぐに新聞紙で鍋を包みます。
鍋底の部分にタオルを1枚敷いたら、大きなタオルで全体を何重かに包んで、それを
 パンの発酵に使っている発泡スチロールの箱に入れて、保温調理開始。
c0150974_11432114.jpg
まずはそのまま2時間置いてみました。
2時間して竹串で確認してみると煮え具合はまだ半分くらい。 ここで失敗に気が付きました。
 鍋の中の温度を下がり難くするには、大きな鍋に煮汁もタップリ入れた方が良いのでした。
結構熱々ではありましたが、一度再沸騰させて1時間。また再沸騰させて1時間。
c0150974_11441191.jpg
合計4時間ほどで、竹串がすーっと入るようになりました。
急いで準備した漬け汁に、煮汁を切ってドボン。
 漬け汁:醤油100cc、酒50cc、味醂25cc、砂糖大さじ1、米酢50cc
      鷹の爪輪切り少々、生姜(チューブ2cm)、胡麻油小さじ1弱
            調味料を併せてひと煮立ちさせたら、鷹の爪、生姜、胡麻油を入れる。
c0150974_11441950.jpg
一晩漬け込むと良いそうですが、お味見したかったので1時間ほどのところで切り分けて
 タレ(漬け汁)をかけていただいてみました。 
c0150974_11443531.jpg
  肉の表面の色は紅茶の色。 (ちゃんと肉の断面が分かるように盛り付けるんだったナ。。)
漬け込みが浅くほとんど滲みていないので、タレはたっぷりかけていただきました。
肉はやはり硬いけれど、許容範囲じゃない?ってことで、大成功~!<^^ノ
適当に作った漬け汁も、なかなか好みの味でした。
紅茶で煮たことで豚の臭みも和らぎ、紅茶の味はしませんが紅茶の渋味が旨く作用したような
香ばしい感じの風味が少し加わって、そのまま煮たものより美味しいと思いましたよ。
紅茶が臭み消しになるので、ネギの青い部分や生姜は入れなくても大丈夫でした。
 これはぜひまた作ります!
       ※熱に弱い化繊の布や発泡スチロールを使う場合はくれぐれもお気をつけ下さい。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-08 18:19 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  謎の〇▽型ズッキーニ。  
たまたま通りかかった産直市。 東北からのお野菜やお米が並ぶ市でした。
入り口近くの、色も形も様々なズッキーニたちが看板娘のような愛嬌ぶりで、その中に先日、
scanandyouさんのブログで拝見したズッキーニと同じ形のものを見つけ、1つ買ってみました。
(そのあと大きな荷物を抱えて帰る予定だったから、1つしか買えなくて残念。。)
ズッキーニは大好きで細長いものは緑も黄色も食べたことがあるけれど、この形は初めて。
c0150974_23241182.jpg
品種名は『スターシップ』って言うらしいです(そのものズバリですな~)。
c0150974_23241839.jpg
さて、どう調理しようか。と迷って、とりあえず半分に切ってみると種が結構大きかった。
少々皮も硬めで大きめだったから、ちょっとだけ収穫が遅かったのかもね。
c0150974_2324267.jpg
で、種の部分を軽く取り除いたら穴があいたので、肉団子を詰めて焼いてみました。
c0150974_23243238.jpg
お味は確かにズッキーニ。 変なクセも無く肉厚ジューシーで美味しかったです。
皮も美味しくいただけて大満足でした。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-06 23:25 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  昨日の晩ご飯。  
晩ご飯メモ。(写真はありません。<(_ _)>)

 ご飯
 鰯の梅シソチーズロールフライ
  +千切りサラダ(キャベツ・玉ネギ・貝割れ)+トマト+ポテトサラダ(作り置き)
 夫:納豆+細ネギ 私:寄せ豆腐+細ネギ
 ピーマンと茄子の塩昆布和え
 生姜風味のお吸い物(ワカメ・麩・貝割れ・おろし生姜)。

夫・ふろやんから納豆のリクエスト。
納豆が入る献立はメインをどうしようか…と、ちょっと考えてしまう。
ふろやんは納豆を芥子タップリとすだっちポン酢タップリで食べる。
だから他のおかずは、酢と醤油は控えめに。

メイン食材は小振りな鰯6尾198円也。^^<お手頃価格!
梅煮はまたにして、ポテトサラダの作り置きに合わせてフライに決定。
今の季節らしく梅シソ。に、スライスチーズ1枚を6等分に千切ってプラス。
今回はチーズが少なかったけれど、少し入るだけで断然美味しくなると思う。
近頃、フライの衣は天ぷら粉の水溶きを溶き卵の替りにする不精さ。。
衣が少々硬く仕上がるけれど、薄衣なら大丈夫。

ピーマンの塩昆布和えに、蒸し茄子(電子レンジでチン)をプラス。
これはお気に入りで、物凄~く簡単な一品。
ピーマンは細く切ってサッと茹でてザルに取り、熱々のところに塩昆布を混ぜて出来上がり。
出来立てをすぐにいただいてOK。塩昆布は目分量で。控え目が美味しいと思う。

汁物はあっさり生姜風味に。
覚書。
[PR]
by aku_beeno | 2011-07-01 19:20 | 晩ご飯メモ | Comments(0)