<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
  札幌散策。 -岩田珈琲店へいきなり訪問編-
札幌へ行ったらばモチロン、お茶する店は決まっておりました。^◇^
ご存じ、In The Soup・sakura-blendさんのお店、『岩田珈琲店』です~♪

当日はお約束?の大師名物・久寿餅を携えて、いきなりの訪問!! <(_~_)>&<(_ _)>
その時間、sakura-blendさんは配達に行かれていたのですが、奥さまの淹れてくださった
珈琲・桜ぶれんどをいただきながら楽しくお話している間に、電話で奥さまより事情を聞いて
お店へ戻って来てくださいまして、無事お会いすることが叶いました。
sakura-blendさんご夫妻をとても驚かせてしまって、まことに恐縮でしたが(ゴメンナサイ!)
「こんなサプライズは大歓迎~^^」とご夫妻に(お子様にも♪)快く歓迎していただいて
 愉しい時間と共に、ミラクルな珈琲を堪能して参りました☆
                    本当にどうもありがとうございました!<(_ _)>

3日目(帰る日)に再び、遅めのランチとお土産の珈琲豆を求めに伺ったので
その時パチパチ撮らせていただいて(許可もいただかぬまま!?)アップしています。。^^;
 私の大好きな色・青緑色の大きな三角屋根がトレードマークの素敵なお店。
c0150974_1011797.jpg
お店には色々なカエルさんやナチュラルな小物、もちろんカメラ、お写真などが飾られていて
中でもこのカエルさんのくつろぎ具合が妙に気に入って、親近感を覚えるのでした。
c0150974_1012930.jpg
テーブルには生花が。
 奥さまがお子さんたちと一緒に散歩へ出かけた先で摘んでいらっしゃったそうです。
c0150974_1013883.jpg
そう、道を歩いていて不思議に思ったのですが、紫陽花の花を所々で見かけました。
まだ夏の花も咲いていて、コスモスも咲いていて、ハスの花は蕾でこれから、タンポポは満開?

こちらは、ちまちまのコーナー。
 一番奥が箱入りペンとリコーオートハーフで、ほんとに小さいの。
ちまちまでは、未公開の人形と一緒に、そのモデルさんが昔やっていたらしい中古カメラ屋の
証拠資料なども見させていただいて、ディープな話に盛り上がりました。
c0150974_1014617.jpg
ランチにジェノベーゼをいただいたところ、この時すでに2人が大喰いだとバレていて(笑
とっても嬉しいスペシャル・サービスをいただいてしまいました。
                       掘りたてジャガイモとキノコのペペロンチーノ♪
c0150974_106525.jpg
皮付きジャガイモの香りがすごく良くて美味しかった~☆ 
 地元の穫れたて食材をこんな風にいただけるなんて、ほんと嬉しかったです。

食後にいただいた1杯は、桜ぶれんどのネルドリップ!
  多分、私がネルドリップをいただくのは、この1杯が初めてです。
(sakura-blendさんのお店ではペーパードリップと、+αでネルドリップを選べるんですよ~。)
c0150974_107476.jpg
初めてながらペーパードリップとネルドリップ、明らかに味が違う! この私でさえ良く判りました。
どちらもとても美味しいので『どちらが』の話では無く、『ネルドリップも選べる』ことが嬉しいし
 大事なことだなぁ~と、そんな風に思いました。(緑茶の場合、そうゆう愉しみ方は無いかも。)
ネルドリップの桜ぶれんどはとろ~りと甘くこっくりとしていて、すっごく美味しかったです☆
玉露をいただく時の気分にかなり近いものがありましたょ。
きっと、旨味の強い系のお豆に向いたドリップ方法なのでしょうね。
その辺りのお話は他の話に花が咲いて聞いてこられなかったので、次回こそはと思います。^^

もう1杯、いただいてきたのが『水車村の紅茶』。 水車の動力を利用して作った
国産紅茶だそうで(酸化発酵の揉み工程を水車でやっているのかな?)国産紅茶独特の
 優しい甘味を持った、手作りらしい良いお味でした~。
c0150974_1071393.jpg
ポットで出してくださって、最後に残り全部を注いだら茎がプカプカ~。 これは偶然!?@v@
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-30 17:36 | お出かけ | Comments(2)
  札幌散策。 -札幌村神社編-
地下鉄に乗って、環状通東方面へやってきました。
最近、狛犬付いている我が家です。^^
札幌へ行ったら札幌の狛犬さんを拝見したいっ!と思い、神社を訪ねました。
『札幌村神社』、実に札幌らしい社名でございます~。

こちらの狛犬さん、何と!入り口の鳥居よりも前でお社を守っていらっしゃいました。@0@
台座が新しい物になっていたので、奉納年や石工名などは分かりませんでしたが
 札幌村神社の創立が明治32年とのことなので、奉納もその頃なのかな。
c0150974_936564.jpg
阿吽の並びは一般に言われている並びと反対で、こちら左側が阿形さん。
c0150974_9455230.jpg
阿形さんと吽形さんの形の違いはお顔くらいで、胴体は対称の造りになっていました。
しかしながら、なんてキュートなお顔にお姿~♪
c0150974_9461818.jpg
 吽形さん、これでは愛玩一筋シーズーちゃんではないですか~。
毛の渦巻き模様が花模様のようでもあり、耳の形も面白くて桃山風の波型の屋根のような。
c0150974_9463177.jpg
親しみ易い素朴な雰囲気のある素晴らしい狛犬さんでした。
関東で馴染みのあるお顔・お姿とはやはり、少々違っていますネ。
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-29 20:24 | お出かけ | Comments(4)
  札幌散策。 -丼ランチ編-
さてJR札幌駅に到着して、最初にいただいたのがコチラ。
  北海道産いくら丼です!
c0150974_1334177.jpg
駅ビルの1つ『エスタ』の地下食料品売り場にある海鮮丼(どんぶり)のお店にて。
 実は、全国にチェーン展開しているファーストフード店らしいです。^^ゞ

ふろやんは三味丼(ウニ・イクラ・エビ)の味噌汁セットをチョイス。
私はイクラがあればご機嫌なので、イクラたっぷり~♪
酢飯もイクラもとても食べ易いお味で美味しくいただき、北海道気分を満喫しました☆


ところで、駅前広場の植え込みでこんなモノを発見!
c0150974_15592446.jpg
一瞬、作り物か?とも思ったけれど、本物みたい。
札幌駅周辺と言うと、広い道路に巨大なビルが建ち並び、都心の主要部がギュギュッと
凝縮して詰まっているような都会中の都会でありましたが、流石は北海道☆
豊かな自然は、こんな所にも・・・ネ~。^^
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-28 16:48 | お出かけ | Comments(0)
  札幌散策。 -飛行機編-
連休を利用して札幌へ、夫・ふろやんと札幌散策をしに行ってきました。
札幌までは羽田からエア・ドゥに乗って1時間半ほど。(乗るまでに時間がかかるのですが・・・)
c0150974_23402659.jpg
私は飛行機体験が少ないので、ウキウキで窓にかじりつくように外を眺めていました。
雲を横から上から見ることが出来るなんて~♪ しかも、行きは絶好の雲観日和!
離陸が始まって少しすると、霧のような雲の中をずんずん突っ切って行くのが分かりました。
 あっという間に下には雲が広がり、上にも雲が広がる世界。
空の上層は黒いくらいの濃青色。 地平線に向かって明るくなるグラデーションが素敵でした。
c0150974_23412792.jpg
途中、ちょっと小腹が空いてしまい、
  ふろやんにカロリーメイトを貰って取り出してみると袋がパンパン。^^
c0150974_2342186.jpg
  こんなですから頭痛も少し。(ふろやんの場合はかなりだったみたい。)
空の旅も後半は雲が切れて、陸や海が望めました。
c0150974_23434095.jpg
見ている所がどの辺りなのか分かりませんでしたけれど、東北の海岸線には違い無く
復興を祈る気持ちで眺めていたところ、なんと雲の下に虹を発見しました!
c0150974_12213429.jpg
急いでシャッターを切るも、残念ながら撮影失敗。。 でも、何とか痕跡だけは・・・ね。(^^ゞ
ほんの一瞬の出来事でした☆

さて帰りは、新千歳空港に着いたのがこんな時間でしたから、飛行機に乗る頃には真っ暗で
c0150974_12175333.jpg
手荷物検査の後、搭乗口前のロビーで最後の札幌グルメをと買ったリボンちゃん。
c0150974_12194867.jpg
飛行機の中で半分ぐらい飲んだのだけれど、
           そのままバッグに入れて持ち帰ってみるとベッコリと潰れておりました。。
c0150974_12202142.jpg
結局、往復ともエア・ドゥの機内サービスドリンクをいただかなかったのですが
紙コップがイヒッとするような可愛いさで、次回はいただいてみたいと思いました~。^v^
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-26 14:03 | お出かけ | Comments(2)
  16日の内暈と幻日。  
昼下がりの空、薄い雲に虹色を発見!
雲がマダラで見えない部分もありましたが、22°ハロの内暈です。
c0150974_16264263.jpg
c0150974_16264990.jpg
全体像を撮ろうと広角レンズを引っ張り出してきて、セットして、
   近くにカーブミラーや街灯などあれば、それで太陽を隠せるのですが
 無いので、手近な物で。(少し長さが足りなかった。。)
c0150974_16265685.jpg
すると、色の濃い部分、内暈に接するもう1つの弧が見えます。
 たぶん、上部タンジェントアーク(上端接弧)だと思うのですが・・・。

およっ、これは露出オーバー! 空の部分を少し明るく撮りたいと思うと、こんなことにも。
c0150974_1627280.jpg
(オ・・・オリエンタルさん、どうも。^^; 我が家で現役のカレースプーンです☆)

雲の変化が激しくて、ハロは消えたり現れたり。
太陽が降りてくるとハロの代わりに幻日が現れました。
c0150974_1627742.jpg
あっという間に消えてしまいましたが、色がくっきりの綺麗な幻日でした。
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-17 17:35 | 空・風景 | Comments(0)
  コマ・ダブる~の六郷。  
P6を首にぶら下げて、いざ六郷土手へ!
六郷土手は川崎から多摩川を挟んで対岸の地域。 近くなのに散策するのは初めてでした。
京急に乗って川を渡れば、すぐ六郷土手。

電車を降りて旧東海道を少し行くと、最初の目的地・『六郷神社』があります。
六郷神社は源頼家・義家の頃を起源とする八幡宮系の神社だそうで、創建も古いことながら
こちらにいらっしゃる狛犬さんが、ちょっとちょっと素晴らしいのです。^^
奉納は貞享2年(1685年)。
六郷中町の人々によるもので、二世安楽の願いが込められているそうです。
大田区では最古、都内では2番目?に古い狛犬さんなのだとか。(大田区指定文化財)
 で、素晴らしいその1は、古いのにとても綺麗なお姿でいらっしゃること。
  その2は、何んと言っても、その“ お顔 ” です!@0@

その前に・・・、フィルムの現像が上がってくると、巻物でありました。(>д<)
コマダブリです。。(:_;) 先日の撮影会の時は大丈夫だったのに~、巻上げの時に変な
巻き方をするクセが出てしまったのかも。前と同じように巻いているつもりだったけれど。
せっかくのスクエア写真があぁ~ぁですが、仕方ないのでそのままをアップします。
(お見苦しいとは思いますが、ご勘弁を。<(_ _)>)

さて、古い先代の狛犬さんは、境内の庭園風の囲ってある所にお対でいらっしゃって
囲いの中に敷石があるので間違いそうなのだけれど、中に入ってはいけないとのことで
外側から神妙にパシャリ☆ 

こちら吽形さんには、頭に角のような宝珠のようなものが見られました。
c0150974_14423754.jpg
こちら阿形さんは、木に隠されてしまって、この角度でやっとこ。
  願わくば、もう少し拝見しやすいようにしていただけると・・・。^^;
c0150974_14424677.jpg
それにしても、良いな~このお顔
この時代、大名ばかりでなく庶民からの寄進が多くなったそうで、姿形も勇ましいものから
何を見て真似たのか、ユニークだったり庶民的な雰囲気のものへの変化があったそうです。

そして、こちらが現役の狛犬さん(大正8年)。
が、こちらも阿形さんは大きな木にお隠れで真下へ行かないとお姿を拝見できず。
c0150974_1445828.jpg
こちらはこちらで、良いお顔をされていらっしゃいました。
c0150974_14451839.jpg
六郷神社を後にして、川へ出ました。 土手は草がきれいに刈ってあって気持ち良かった。
散歩、ジョギング、サイクリングをする人達など多くの人の往来がありました。
c0150974_14452788.jpg
そして、水門を目指します。
c0150974_14454571.jpg
土手沿いにそびえる大きな水門。
c0150974_14455442.jpg
ここから七辻へ向かいました。が、なかなか撮影には難しい場所で・・・。-_-;
 ふろやんの記事をご覧ください。<(_ _)>
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-15 21:49 | お出かけ | Comments(6)
  太陽熱で調理、この夏のやってTRY。  
8月も残り数日となった日のこと。
最近には珍しく朝から快晴で、遂に、決行することにしました。^^
太陽熱調理(ソーラークッキング)!

太陽光を反射させて1点に集め(集光)⇒それを熱に変換(黒い容器を使う)⇒
熱を逃がさないように(保温)しながら調理するのに必要な装置(ソーラークッカー)は
市販の立派な物から簡易組立式の物、完全自作の物など様々。
 市販の立派な装置ではオーブン並みの調理も可能とか。
一番手軽なのは、ガス台の下に敷くシートを使って簡単に自作できる装置なのだけれど
今からダ〇ソーへ走るのも、ちょっとな・・・と思っていた時、丁度良いモノを発見!
パン捏ね用に購入した直径28cm浅型のステンレスボール。
このままでは直径が少し足りない気がしたので、密かに取って置いたスナック菓子の袋2枚を
適当に切ってボールの周囲に貼り付けてみました。
(ここでショックだったのが、サッ〇ロポテトよりカ〇ルの袋が一回り小さかったこと。)
c0150974_21134759.jpg
次に、熱に変換する為の黒い容器。
ボールに合う大きさで蓋付きの物、となるとなかなか難しいのです。
食べる物を直に入れることを考え、ミニケーキ用のアルミケース2枚を上下に合わせて
使うことにしました。 外側をアクリル絵の具の黒でざっと塗って出来上がり。
小さな黒色の卵焼き器の持ち手を外してトレーにしたら、丁度ピッタリ。
ここで、黒い容器には蓋があるから保温もOKなのかと思ったら、蓋だけでは全然ダメで
透明で保温力のあるカバーが必要でした。 ってことで、ボールの上をラップで覆うことに。

まずは水を温めてみました。
9時半頃から開始して、1時間後の様子。↓ (ラップは外して撮っていますョ。)
ボールは熱々でキケンな程。 水の温度を測ってみると70℃(180ml)になっていました。
 30分追加してみると、75℃まで上昇。
c0150974_21143823.jpg
このまま続けたら沸騰まで行かないにしても、80℃以上にはなりそうです。 
 続けたいところですが、次がつかえているので急々と。
その前に、温めたお湯で深蒸し茶を淹れて一服。
c0150974_1034298.jpg
一度沸騰したお湯では無いのでちと青臭かったけれども、良しとします。^^
インスタントのお味噌汁やお吸い物なら、きっと美味しくいただけると思います~。

 お次は、ジャガイモ♪ 
小芋を洗って並べ、水は入れずに加熱。 小芋を入れて2時間半程で串が刺さりました。
c0150974_21145137.jpg
早速いただいてみると、(少々硬めの仕上がりではありますが)ホクホク熱々で美味しい~♪ 
時間があればもう30分~1時間くらい追加すると良さそう。 でも十分な美味しさです。
c0150974_2115262.jpg
 この時点で午後3時。
日がだいぶ西側に移動しベランダの日当たりが悪くなってきたので、終了としました。

こんな適当な装置でしたが、ここまで成果があるとは驚きでした。
本来ならば、反射板の素材、曲率の計算など色々あるのですが、それは出来る方にお任せ。
天候に左右されるものですから主力にはなり得ませんが、なかなか使えそうです。
 (気温の高い季節はこれで良いですが、冬バージョンも考え中。)
難しいことを考えるより、日の当たる場所があるから植物を育ててみたり、天気が良いから
布団を干したり干し野菜を作ってみたり、そんな延長で太陽光を身近にどんどん使って行く。
それでも良いと思うのですよ。 と言うか、そうゆう気持ちの方が大事なんじゃないかと。
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-07 18:35 | 手作り料理・保存食 | Comments(6)
  三鷹・国立天文台~P6撮影会、その2。  
さて、フィルムの現像が上がりました。(>д<)
前回の青梅梅郷に続き、今回も機材一式は夫・ふろやんに借りた物です。
カメラ:PENTACONsix TL・ウエストレベルファインダー付き
レンズ:ARSAT・80mm/f2.8
露出計:フォクトレンダー・VCメーター
フィルム:コダック120カラーネガ(ISO100)
青梅の時はアイレベルファインダーにしていたので、今回、初ウエストレベル撮影でした。^^

まずは、記念すべき最初のコマがコチラ。
 第一赤道儀室
c0150974_18174286.jpg

 コチラは大赤道儀室のドーム
c0150974_1544433.jpg
 中は資料館になっています。
ドーム内側の木製の天井が素敵だったのですが、ISO100では暗すぎてとてもとても。
 2分くらいのビデオ映像はタッチパネルが故障?のようで見られませんでした。
c0150974_1818929.jpg

 太陽塔望遠鏡:アインシュタイン塔
ここは蚊の一番の巣窟で、血と引換えに撮った画像でした。TоT
c0150974_18181982.jpg

 レプソルド子午儀室(ゴーチェ子午環室からの眺め)
日頃、広角&無限遠で空ばかり撮っているのがバレバレの構図ばかりでしょ。(悲
c0150974_18183198.jpg
 ゴーチェ子午環(とファインダーを覗く私)、ブレブレ。。
  ※このコマは傾きがあまりにも酷かったので回転させました。<(_ _)>
c0150974_15432348.jpg
自分では真っ直ぐ撮ったつもりだったのに~。。
仕上がってみれば、よじれたように傾いているコマばかり。 うぅぅむ、どうしたものか。。

でも、自分の正面にある風景をファインダーの上から覗く感覚は不思議ですごく面白い。
普段はハチ子でさえ重いと感じて、なるべく軽いレンズを付けているくらいなのですが
この日ばかりはP6のデカくてずしっとくる重さが全く気にならず、シャッターを切った時の
これまた豪快な『ズシャ!』っという音が気持ち良く、すごく楽しかったです♪

 天文台を出てから深大寺の間はあまり撮らなかった為、以上で終わりです。
[PR]
by aku_beeno | 2011-09-05 17:11 | お出かけ | Comments(6)