<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
暮れゆく。
c0150974_17225316.jpg
大晦日の今日は1日快晴で、とても穏やかでした。 うっかりして、日の入りを見逃してしまったのですが、
薄っすら茜色に染まった富士山と明るいオレンジ色の夕焼けをしみじみと見て、今年の夕景は見納めです。

さて、2016年も暮れてゆきます。 本年中お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。 また来年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>
[PR]
by aku_beeno | 2016-12-31 17:41 | 空・風景 | Comments(0)
のし餅、できた。
c0150974_19124991.jpg
ホームベーカリーでの餅作り、2回目。^^ 正月用のお餅作りを試みました。
前回はもち米を炊飯器で炊いて水っぽくなってしまい失敗したので、今回は蒸して作りましたよ。 結果、成功しました!
もち米を1晩浸水⇒蒸し器で蒸す⇒ホームベーカリーのケースに入れ10~15分くらい捏ねる⇒平らに伸ばす
⇒少し硬くなって切りやすくなるまで置く(1日くらい)⇒カットして出来上がり! しっかりと硬いお餅に仕上がっています。
もち米3合を蒸し、ホームベーカリーへの負担を考えて2回に分けて捏ねたのですが、2合分を1回で捏ねるのが丁度良いかも。
20cm×18cmに成形し12個にカットしましたが、厚みがまちまちになってしまったのがちょっと残念。
2回目を捏ねている間に1回目が冷めて硬くなってくるので、その後2回分を合わせて成形しようとすると難しいのです。
なので、捏ねた分ずつ成形するのが良さそうです。 手水が入らない分、硬さは捏ねながら調節した方が良いと思います。
とりあえず、餅機能が無いホームベーカリーでも何とか捏ねられることが判りました。 来年からはこれで行くことにします~。

[PR]
by aku_beeno | 2016-12-30 22:24 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
薄っすらハロ。
c0150974_19071981.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2016-12-29 19:08 | 空・風景 | Comments(0)
冬至の日没。
c0150974_16530924.jpg
冬至です。 これからまた、日が延びて行きますね。
お風呂にはベランダの鉢植えユズから収穫した1個を贅沢にも浮かべて、柚子湯を愉しみました。
晩ご飯のお献立は、銀杏と昆布のご飯、根菜と豆腐の具沢山味噌汁、金目鯛の干物、ホウレン草とオニオンスライスのポン酢がけ、
いとこ煮(南瓜とインゲンと粒あん)、牛乳寒天の柚子ジャム添え。 んの付くものを沢山いただきました(饂飩はお昼に)。
一陽来復。


[PR]
by aku_beeno | 2016-12-22 17:11 | 空・風景 | Comments(0)
ビタミンB強化。
c0150974_15360428.jpg
12月13日はビタミンの日でした。 鈴木梅太郎氏によってオリザニン(ビタミンB1)が学会で発表された1910年のこの日にちなむそうです。

ビタミンBと言えば、この時以来、我が家のパン朝食の食卓にベジマイトとマーマイトが上るようになりました。
どちらもビール酵母のエキスを利用した食品でかなりしょっぱいスプレッドですが、ビタミンBが多い栄養食品となっています。
色の濃い方がオーストラリアのベジマイト。薄い方がイギリスのマーマイト。 見た目から全然違いますが、味もやはり違いますね。
マーマイトの方にはセロリや野菜のエキス、スパイスなどが入っているので、コンソメスープを濃縮したような風味が感じられますが、
ベジマイトの方はモノトーンな味わいなのでクセが目立って何か物足りない感じでしょうか。
しかし、マーマイトの方は半分くらいの小さな瓶でベジマイトの倍くらいのお値段なのと、買える店が少なく手に入り難いのです。

ところで、イトーパンに『頭脳パン』というシリーズがあります。 頭脳って何かな?と思っていたら、頭脳粉という粉が使われているそうです。
頭脳粉は、1960年に大脳生理学者で作家の林髞氏が提唱した『小麦粉100gにビタミンB1を0.17mg以上配合した粉』のことで、
小麦デンプンが脳のエネルギー源であるブドウ糖に分解していく過程でビタミンB1が必須であることから、ビタミンB1を配合したパンは
脳の働きが活発になり記憶力や思考力が良くなる、ということのようです。

と言うことは、(頭脳粉でなく後塗りになるけれど・・)ベジマイト・マーマイトのパンも頭脳パンの仲間ということにならないかしら?
ちょっと怪しくなってきた自分の頭の為に、暫く続けてみようと思います。^^;

[PR]
by aku_beeno | 2016-12-15 15:38 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)