味噌づくり
赤、白、米、麦、豆…産地によって、好みによって、味噌様々。
皆さまは日頃、どんな味噌をお使いでしょうか~(^-^)

私は、実家の父が濃い色の辛めの味噌を好んでいた為、それに慣れてしまっていて、白くて
甘い味噌が以前はちょっと苦手でした。しかし食べ慣れてみると、苦手だった甘さが何とも言えず
美味いのです~!今では、いつもの味噌と並べて、麦の白も冷蔵庫に常備しています。

“いつもの味噌”は、この時期に手作りしています。
毎年と言いたいところですが、毎回材料キットを買って作ると、1年では食べきれないんです。。
丸2年経った味噌は熟成が進んで、メイラード反応も進んで、猛烈に主張の強い味噌にナリ…。
もう少し早く食べきりたい。
今回はスーパーにある材料を使って、少ない分量で作ってみました。(ちょっと少なかったかナ…。)
材料は 大豆(ツルムスメ)400g、米麹(乾燥)400g、塩(シママース)200g。
     消毒用のホワイトリカー、最後に使う塩、適量。c0150974_114272.jpg

・大豆は一晩水に浸して置いて、指で簡単に潰れるくらいの柔らかさになるまで4~5時間煮ます。(圧力鍋があれば、もっと早く出来るのですが。土鍋を使用。)
・その間に、麹をほぐして塩と混ぜ、“塩きり麹”を準備。
c0150974_1202545.jpg



・煮上がった大豆を潰します。(お玉2杯分くらいずつをビニール袋に入れて、麺棒を上から押し付けるようにして潰しました。)
・潰した大豆と塩きり麹を合わせて味噌玉を作ります。(粘度は大豆の煮汁で調節。)

・味噌玉を容器にきっちり詰めたら(空気が入らないように投げつけながら詰めるのがコツ。)
c0150974_12531393.jpg表面を平にして、ホワイトリカーを薄くぬり、塩を撒いて、ラップで覆って置きます。
あとは来年まで、酵母や乳酸菌に
おまかせです!

素人の場合、塩分量は減らさない方が
失敗しにくいようですが、麹の量を変えたり、麹を麦にしてみたり、味の違いを
楽しめそうです♪
おいしい味噌になりますように☆
[PR]
# by aku_beeno | 2007-12-07 13:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(3)
焼き林檎
  林檎の季節。c0150974_17354058.jpg
お菓子を作ろうと買って置いた“紅玉”で
焼き林檎を作ってみました。(実は、初めて♪)

芯をティースプーンでくりぬき
皮には全体に破裂防止の穴を。
砂糖とシナモン、レーズンにダークラム
最後にバターを詰め込んだら、
アルミホイルをかぶせて
180度のオーブンで1時間。
c0150974_17422412.jpg
              今日は焼き林檎とヌワラエリアで☆
[PR]
# by aku_beeno | 2007-12-05 17:59 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
Cloudy~な午後。 
窓の外を覗けば、空は一面に白と灰色の雲で蔽われています。c0150974_15154619.jpg
雨が降ったりやんだり、寒々しい12月の午後。
 そんな午後は、大好きな音楽を聴いて過ごしたい。

中学の頃から聴き始めたサイモン&ガーファンクル
サード・アルバム
「Parsley,Sage,Rosemary and Thyme」
  (1966年)に入っている 
            3曲目の “Cloudy” 。

  この曲と、お茶とおやつが、何よりのご馳走♪
c0150974_13303215.jpg
                  今日は焼きドーナッツとアッサムで淹れたミルクティー。

追記:後から、スピーカーと真空管の写真を追加しました。
    そんなこんなしている間に、お日様が!
[PR]
# by aku_beeno | 2007-12-03 14:03 | 音楽 | Comments(4)
武蔵野うどん
今日の昼食は“武蔵野うどん”。
久しぶりに、お気に入りのうどん屋さんへ食べに行ってきました。
以前住んでいた武蔵野の地は、古くから小麦の栽培が行われ、うどん文化が根ざしている土地。
武蔵野うどんの特徴は地粉を使った黒っぽくて硬い麺で、それを“もり”にして、豚肉入りの温かい
つけ汁と一緒に頂きます。硬くて、相当噛み応えのある麺なのですが、噛むごとに小麦の
いい香りがして一遍に虜となりました。
それが、この地を去る少し前のこと。
近所にうどん屋さんが多いなぁ~とは思ってはいたのですが…。
こんなに美味しいうどんなら、もっと早くから食べたかったよ。。 
でも、行こうと思えば行けない距離じゃなし。また、そのうちに。 今日のうどんも最高でした♪
     せっかくなので、懐かしい写真を~。今年の初め頃に作った
                                  我が家の“武蔵野うどん”です。
c0150974_1545639.jpg

c0150974_1532647.jpg 








c0150974_23315485.jpg

[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-30 23:42 | 手作り料理・保存食 | Comments(7)
足助の寒茶
“足助の寒茶”の、おいしい淹れ方について試してみました。

足助の寒茶は愛知県の足助町(あすけちょう)という町で昔から飲まれている番茶だそうです。
日本には京都の京番茶・徳島の阿波番茶・富山の黒茶…のように、その土地に古くから
伝わっている茶(地方番茶)があるのですが、製法や味・飲み方にも、その土地ならではの
独特なものが多いので、飲み比べるのがとても楽しいのです♪
c0150974_1493359.jpg
足助の寒茶は、寒茶(カンチャ)と言うだけ
あって、1月~2月の大寒の頃に作られます。
山に自生している茶の木から葉のついた枝ごと
を収穫して、大きな蒸し器で蒸し上げた後、
葉っぱのみを天日もしくは日陰に干して
仕上げるそうです。
そして、出来上がったものはこんな感じ。
 枯れ葉としか思えません。(笑)

飲み方は、揉んでない茶に一般的な“煮出す”方法と、普通に急須を使って淹れる方法が
 あるとのこと。(足助の寒茶について試飲をされた方の記事があったので、
                                     参考にさせて頂きました。)
*まず“煮出す”方法。
1Lの湯を沸かして、15gの茶葉を投入。1~2分弱火で煮出して飲んでみました。
すると、少し遅れてやってきた苦渋味やエグ味で口の中はスゴい状態に。。
味わうどころではありません。思わず眉間にシワが。これはマズい…。
*次に、湯を沸かしてから火を止めて、一呼吸置いた湯に茶葉を投入してみました。
5分置いて飲んでみると、後味に苦渋味を少し感じるくらい。
なるほど、湯の温度を下げれば苦渋味を抑えられるナ。(苦渋味の成分は湯温が高いほど
出やすいのです。しかも、冬の硬葉には渋味成分のカテキンがたっぷり。)

c0150974_14541289.jpg*なので今度は急須で淹れてみました。
250mlの熱湯を湯冷ましに移して
約90℃、その湯をさらに、茶葉4gを入れた急須に移して約80℃。
80℃位で5分置いて飲んでみました。苦渋味は殆ど感じることなく、これならおいしく頂けます。
2煎目も同じようにして淹れてみましたが、色は若干薄くなりました。

足助の寒茶は、薄い山吹色の水色(多少赤みがかってる)で、香り・味に酸っぱさを感じますが、
ほんのりと甘みのある、さっぱりしたお味でした。食後、口をさっぱりさせるのに良さそうな感じ。
今日はだるま煎餅と一緒に☆
c0150974_15461592.jpg

[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-28 15:46 | | Comments(6)
そして、ハチ子がやってきた。
c0150974_2041357.jpg
デジタル一眼レフカメラ。

ちょこっと使おうと思って
   ファインダーを覗いてみたら、
あぁぁ…視力が~!なんてことも
 これで、なくなりました。

我が家は夫(ふろやん)と2人でカメラを使いますが、ふろやんは(+)いっぱい。自分は(-)いっぱいでも足りなくて、接眼補助レンズを使います。
我が家も、一家に1台からひとり1台の時代へ。
                              ベランダにて、試し撮り。
c0150974_20112351.jpg
[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-25 20:17 | 出来事 | Comments(0)
買い物の日の夜
    大きな買い物をして 心、うきうき♪街はきらきら☆
c0150974_1952125.jpg

[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-25 19:48 | 空・風景 | Comments(2)
茶好きの虫
茶好きの人はこの世にごまんといるけれど、私もその中の1人であります。
生まれも育ちも静岡(市内)の私。身近なところにはいつも茶がありました。
実家には欠かすことなく馴染みの店から購入している茶がストックされ、朝昼晩の食事時
にはもちろん、ほぼ一日中自由に茶を飲んでいる状態。学校の給食でも牛乳と茶が出て
ました。何も特別な物でなく、好きとか嫌いとか意識したこともなかった茶だったのですが…。
ハタチを過ぎて結婚し移り住んだ先も狭山(東京狭山)と呼ばれる茶の産地。今まで家に
あるのが当たり前だった茶を自分で買うようになったとたん、自分の中に眠る茶好きの虫が
ムクムクと起き上がったのが運のツキ!?飲みなれた味と狭山茶の新しく出逢った味との
違いに始まった茶三昧はド壺にすっぽりハマって、数年前に日本茶インストラクター協会の
日本茶アドバイザーを取得しました。とはいうものの、アドバイザーは初歩の初歩。まだまだ
奥を覗いて見たい。それより何より、毎日のお茶の時間を愉しまなくっちゃね。
今日のお茶:最近お気に入りの品種茶“かなやみどり”。と、今日のおやつはコレ♪
c0150974_13291844.jpg

[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-21 13:33 | | Comments(2)
ぶろぐ初日。
どうにかこうにか、ぶろぐを開設しました~!
見様見真似でのスタートです。
これから、日々の出来事などを綴っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!
        aku_beeno  あくび.
c0150974_1047083.jpg
   自宅ベランダからの景色:夕焼け
[PR]
# by aku_beeno | 2007-11-20 10:05 | 空・風景 | Comments(4)