タグ:ジャム・砂糖菓子 ( 25 ) タグの人気記事
  柿ジャム。  
c0150974_21251884.jpg
  熟しすぎた柿2つをジャムにしました。
果肉は粗めに切って、柿がとっても甘いので砂糖は表面にパラパラと大さじ2程度。
白ワインをじょぼじょぼっと入れて、全体が透き通った感じになるまでコトコト煮て出来上がり。
仕上げにレモン汁とちょっとクセのあるアザミの蜂蜜を小さじ1くらいずつ入れました。
   翌朝、トーストにクリームチーズと柿ジャムを添えて食べたらすごく美味しかったです~♪
  柿は乳製品と、とても相性が良いようですね。
柿に酸味が無いので、ヨーグルトやクリームチーズなど酸味のあるものと良く合いそうです。
[PR]
by aku_beeno | 2011-01-08 21:50 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  『ん』のつく食べ物、色々。  
  昨日は冬至。 
 柚子湯の替りに今年もみかんの皮湯に入り、『ん』のつく食べ物を沢山いただきました。
 昨晩の献立は、銀杏ご飯、根菜タップリけんちん汁(うどん入り)、チキン南蛮+サラダ、
  カボチャと金時豆のいとこ煮。 デザートには金柑の錦玉。 と、『ん』のオンパレード!^^

 冬至に『ん』のつく食べ物を食べるのは、無病息災を願うと同時に、『ん』が2つつく
 カボチャ(南京)・人参・蓮根・銀杏・饂飩(うんどん)・金柑・寒天の『冬至七種(ななくさ)』
 を食べて、事を成し遂げるのに必要な『運・鈍・根』にあやかろうと言うことのようです。
 柚子湯も、冬至⇒湯治、柚子⇒融通、柚子湯に入って融通がきくようにってことですから
                           日本人ってのは、ほんと面白いですよねぇ。。
c0150974_16214624.jpg
 昨晩は写真を撮っていなかったので、写真は昨晩の残りをお昼に頂いた時のものです。
                               (チキン南蛮は残りませんでした。。)

 金柑の錦玉。 金柑の甘煮を甘煮の汁を加えた寒天液で固めて作りました。
   粉寒天で作ったら寒天液が濃すぎてしまってプルプル感は出ませんでしたが、
              金柑と寒天を食べたと思えば美味しかったので、良しとしましょう。^^;
c0150974_16151151.jpg

  金柑の甘煮は今回初めて作りましたが、思った程時間もかからず作りやすかったです。
c0150974_16152638.jpg
 金柑は水洗いしたら縦に切れ目を入れ、タップリのお湯で数分煮て湯でこぼし、水に浸けて
 1時間ほどアク抜きします。 切れ目から種を取り出して、ヒタヒタの水と砂糖を入れて、
  踊り過ぎない火加減で煮て行きます。 煮汁にとろみがついてきたら出来上がり。
                             煮た時間は20分くらいだったかな。
 今回、砂糖はジャムと同じに金柑の重さの半分で作りましたが、ちょっと甘かったので次回は
   25%で良いかなと思っています。 (長く保存する場合は多いほうがよいですが。)
 仕上げにレモン汁大さじ1とコアントロー大さじ1弱入れましたが、お好みで!
[PR]
by aku_beeno | 2010-12-23 17:47 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  甘夏ジャム。  
 夏の柑橘類が美味しい季節になりまして、早速に甘夏のジャムを作りました。
c0150974_13115892.jpg
 柑橘類のジャム作りは手間も時間も結構かかってしまいます。(皮を刻むだけで一苦労。。)
 それでも一度煮始めれば、部屋中甘く少しほろ苦く、そして爽やかな匂いが部屋中に立込めて
                   作って幸せ、食べて幸せ、手作りジャムはやめられません。
c0150974_1312664.jpg
 3個分の皮と2個分の果肉、出来上がりは1リットルほどに。色も香りも良い具合です。
 砂糖は甘夏の重さの50%、それでも控え目な甘さでした(甘夏があまり甘くなかったので)。
    トーストにた~っぷりのせていただきたい。暫くの間楽しめそうです ♪ 
                                    作り方はこちらの記事を。
    
[PR]
by aku_beeno | 2010-05-23 13:29 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  林檎ジャムと、ピール(?)のクッキー。  
    冷蔵庫に眠っていた紅玉をジャムにしました。 
      紅玉の皮は赤が濃くてきれいなので一緒に煮たら、真っ赤なジャムができました♪
c0150974_1547167.jpg
    で、最後に取り出した皮。 まだ赤くてきれいだし、せっかく甘く煮てあるのだから…と
     前回、細かく刻んでマフィンに入れてみたところ、焼く前は確かに赤かったのに
                             焼きあがったら色が無くなってるんだもん~。。
c0150974_16113020.jpg
   色素のアントシアニンは水溶性。 水分タップリのマフィンに入れたのが失敗だったみたい。

        なら、クッキーならどうだ!と、、アイスボックスクッキーに入れてみました。
c0150974_1663438.jpg
       今度は焼いても無くなっていませんでしたョ。^^ 
c0150974_1691398.jpg
      林檎の皮は煮てもあまり柔らかくならないみたいで、ちょっと硬いですが
                                    細かくすれば結構大丈夫です!
[PR]
by aku_beeno | 2009-12-03 17:07 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  蜂蜜レモン。  
    寒い季節になりました。
        皆さま、お風邪など召しませぬように。
c0150974_10294010.jpg
        薄切りレモンを蜂蜜漬けにしました。
c0150974_14542445.jpg
         紅茶に入れると濁ってしまうけれど、美味しいですよね~♪
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-15 10:30 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  栗の渋皮煮。  
     今年も栗を煮ました。
c0150974_20503020.jpg
     レシピは前回とほぼ同じ。
    重曹の臭消しに紅茶葉を使い、風味付けは夫ふろやんの好きなダークラムにしました。
c0150974_20504066.jpg
   いつもながらテキト~ですが、渋はしっかり抜けてシロップも濁らず
                                        美味しくできました☆

  鬼皮剥きに失敗して。。
[PR]
by aku_beeno | 2009-10-10 21:02 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  柚子ピール。  
     ♪冬至過ぎお手頃価格の柚子2つ~(字あまり)で、柚子ピールを作ってみました。^^
c0150974_1456315.jpg
          1つは柚子皮を8等分、もう1つは12等分にしてみました。(適当です。) 
     作り方:
      柚子皮はゆでこぼし(水から、沸騰したら3分くらい置いてこぼす)を2回。
      水に晒して、軟らかくなったワタの部分をスプーンで軽く取り除きます。
      鍋に水150cc(柚子皮と同量)と、グラニュー糖75g(柚子皮の半量)を入れて
      火にかけ、グラニュー糖を溶かしたら、柚子皮を投入。
      シロップが無くなる手前(中火で30分程度)で火を止めて、そのまま粗熱を取る。
      粗熱が取れたら、柚子皮を1枚ずつ網に並べて、しっかり乾かす(丸2日くらい)。
      乾いても表面がペタペタするので、好みでグラニュー糖を薄くまぶして出来上がり!

     乾かないうちにグラニュー糖をまぶすと、グラニュー糖が溶けて失敗するのでご注意を。
         (8等分の方は、それで少し失敗しました。溶けて乾いてガリガリに。。^^;)

     でも、味はスゴく良いです!甘すぎず、柚子の香りが口いっぱいに広がって~旨♪
   よく煮たわりに、皮の表面の所が少し硬いです。(それで表面を薄く剥くレシピもあるのね。)
    そのまま食べちゃうのは勿体無いので、少しずつお菓子やパンに使うつもりです。(^-^)

        中身は、他の柚子と一緒にジャムになりました☆ プリプリです!
c0150974_17101011.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2009-01-07 18:16 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  ジャム3種  
      旬の柚子と林檎を使って、ジャムを作りました♪
c0150974_11534910.jpg
   林檎(ジョナゴールド)は、ピンク(薄切り・皮入り)と黄色(厚切り・皮なし)の2種類。
   ピンクはシナモンスティック、黄色はパウダーのシナモンとカルダモンでほんのり風味づけを。
   紅玉の血を引くジョナゴールド。皮の色がとっても鮮やかでカワイイ形の林檎です。
   酸味と甘味があるのでお菓子作りに向いていそうな感じなのですが、食べてちょうど良い
   硬さの物を煮ると、煮崩れしやすいことが分かりました。
       おかげで、薄切りにして作った方は崩れてもろもろ。。(それもまた良しかな~。)

c0150974_11541370.jpg柚子は前回、果汁をしっかり絞り切れず
勿体無かったので、今回は丁寧に果肉を
取って、柔らかい袋も刻んで使いました。
種も煮出してペクチン水をしっかり作って
煮たところ、ぷりっぷりの仕上がりに…。
匙を入れるとポッコリ穴が開きます。^^
うむむ…水を多くすれば味が薄くなりそう
だし、どうしたものか。。
でも、味はとっても美味しいから
         これで良いのかもね~☆

  ○林檎ジャム:林檎1個(350g)、グラニュー糖135g、蜂蜜大さじ1、レモン汁小さじ1。
  (黄色の方は、薄切りにした林檎を塩水にさらして変色をふせぐ。薄切りにした林檎に
   レモン汁とグラニュー糖をまぶして30分置いておく。水分が出てきたら煮はじめる。)
  ○柚子ジャム:柚子2個(150gくらい)、グラニュー糖135g、蜂蜜大さじ1、水500cc。
  (皮は白いワタを取り、薄切りにして水にさらす。アク抜きのゆでこぼしを1回。
   種を煮て作ったペクチン水に、ゆでた皮と果肉、刻んだ袋を入れて柔かくなるまで煮る。
                             柔かくなったら、糖類を入れて煮詰める。)
[PR]
by aku_beeno | 2008-11-06 13:38 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  栗の渋皮煮  
      大粒の利平栗♪
    グリルで焼いて食べてみたところホクホクしていて、それはそれで美味しかったのだけど
    甘味がちょっと少ないみたい…で、渋皮煮にしてみました。
c0150974_18102522.jpg
材料:
  栗800g、重曹10g×3回分、ティーパック1つ、上白糖300、水あめ50g、ラム酒小さじ2。
作り方:
  ①栗を一晩水に漬けて鬼皮を剥く。(渋皮を傷つけないように、剥いた栗はすぐ水に浸す。)
  ②鍋に、栗と重曹とかぶる程度の水を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火で10分煮る。
  ③渋で真っ茶色の煮汁を流水で流して捨て、新しい水、重曹で同じように煮こぼす。(全3回)
  ④栗の余分な渋皮と太い筋を取る。(やさしく、やさし~く)
  ⑤きれいになったら、かぶる程度の水と、重曹の臭い消しでティーパックを入れて20分煮る。
  ⑥煮汁を流水で流して、新しい水(今度は水だけ)でもう一度煮こぼしたら渋抜き終了。
  ⑦鍋に、栗(むき身560g)と水を入れて強火にかけて、沸騰したら砂糖(栗の重量の
    5~10割、お好み)を、3回(10分毎)に分けて加えながら煮る。(落し蓋)
  ⑧やわらかくなるまで煮てシロップがトロリとしたら、香り付けのお酒(ダークラム、ブランデー)
    を入れて火を止め、一晩休ませたら、出来上がり。      
    
   渋皮煮にして正解!
     程好く渋が抜けて、ラムの香りが大人な感じの美味しい渋皮煮ができました。(^-^)
     平気で2・3個ペロリと食べてしまいます。ケーキに使う分、残しておかなくちゃ~。。
[PR]
by aku_beeno | 2008-10-03 22:53 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
 生姜の砂糖衣 
      生姜糖の甘味に続いてやってくる、口中カーっとする辛味。
                       その辛味に、遅れ馳せながら目覚めてしまいました。
      生姜の辛味成分、ジンゲロールとショウガオール。 大事な薬効成分です。
    せっかくならば、辛味成分タップリにして作ってみたい!と、新生姜を買いに走りました。
     
      生姜糖はシロップを煮詰めるのに時間はかかりますが、作り方は簡単です。
        スライスした生姜を1時間水にさらして、湯でこぼしを数回。シロップでゆっくり煮て
        煮詰まったら火から下ろし、かき混ぜて砂糖を再結晶させて乾かします。
               ※材料:新生姜250g、シロップ(水ひたひた、グラニュー糖230g)
      
      今回、水にさらすのは30分程度で、湯でこぼしも1回しかしませんでした。
      中火の弱くらいの火加減でシロップを煮詰めるのに1時間弱かかって・・・
                 でも、そのあとの、砂糖を再結晶させるところが面白いんですよ~!
      シロップが無くなりきる前に火から下ろして、木べらでゆっくりかき混ぜていると
          1~2分でこんなからそんな状態に♪
c0150974_1893322.jpg
c0150974_1895497.jpg
         砂糖が固まってカラカラしてきたら、網に移して乾かして出来上がりです。
c0150974_2023734.jpg
       薄かったのでサクサクの食感。好い甘さ・・で、辛~ぃ!!! メチャ旨です♪
    夫ふろやんも生姜糖は大好物なので、辛~辛~と言いながらポリポリ食べてくれてます。
       もっと作れば良かったなぁ~この勢いだと、冬までどころか・・1週間もちません。。^^
[PR]
by aku_beeno | 2008-08-08 20:25 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)