タグ:ジャム・砂糖菓子 ( 25 ) タグの人気記事
 青梅のサワードリンク 
       梅シロップが沢山残っているから、ちょっとだけ。
           サワードリンクを飲んだこと無かったので、作ってみることにしました。

c0150974_1714537.jpg 一晩置いたら、少し黄色くなったような。

  材料: 青梅   500g
      氷砂糖   200g
     グラニュー糖 100g
       酢   500ml

 青梅は洗って、4時間ほど水にさらして
   アク抜きしました。
 水気をよく拭いたら、ヘタの部分を爪楊枝で
 きれいに取って、所々に穴を開けておきます。
 (穴は開けなくても良いみたいですが、
      エキスが出やすいかと思いまして。)
  あとは、詰めていくだけ。
 私は、保存容器の殺菌に自信がないので
 ビニール袋を使っていますが、余ったひだの
 部分に空気が残らないよう、気をつけてます。

 青梅さんが立派すぎて…
   ありゃりゃ、容器に入りきらない。。 
                                             でも、何とか!
c0150974_17171744.jpg
                    蓋は閉まりませんが、このまま1~2ヶ月置いてみます。^^ 
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-25 18:06 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
 甘夏ジャム 
       少し熱心に煮詰めすぎたかしら~…冷めたら、ぷりっぷりっの仕上がりに。^^
          それほど飴っぽい感じでは無いのです。 
       ぷりっぷりっの正体は、甘夏のペクチン! 
                 果肉が沢山入ったから?か、柚子の時より強力でした。
       果肉がたっぷり入った甘夏ジャムは、甘酸っぱくてほろ苦い~イイお味です♪
c0150974_14405351.jpg
      材料: 甘夏1個(280g)、グラニュー糖150g、ペクチン水用の水300cc
           仕上げのレモン汁 小さじ1。
c0150974_15144655.jpg
   ①甘夏の皮は、内側の白い部分を少し減らして薄切りにし、水にさらす。2・3回水を変える。
   ②実の方は、果肉と袋・種に分けて、袋と種をペクチン水用の水につけて、ペクチン水を作る。
   ③皮のゆでこぼしを2回。(あく抜きなので、たっぷりの水で!)
   ④皮と果肉とペクチン水を合わせて煮る。
   ⑤皮が軟らかくなったら砂糖を数回に分けて加え、好みの状態まで煮詰めていく。
                     仕上げにレモン汁を混ぜて、出来上がり。
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-27 15:50 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
 苺ジャム 
c0150974_15325063.jpg
         苺は生で食べるのが好きだけれど
       小ぶりでお安いものが出回るこの時季に、作りたくなる苺ジャム♪
               ペクチンたっぷりで失敗知らず。 手作りの味は格別ですよね!

           ヘタを取って適当な大きさに切った苺 280g(1パック分)
           グラニュー糖 120g
           レモン汁 大さじ1
      
      苺にグラニュー糖をまぶして何時間か置いておくと、苺から水分がしみ出てくるので
        ひたひたになったら、レモン汁を入れて煮始めます。
    強火にかけて沸騰したら中火にして、丁寧にアクを取りながら煮詰めて(20~30分程度)
       かき混ぜた時に鍋底が見えるようになったら、そろそろの合図。
                            お好みの固さに煮詰めて出来上がり☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-04-29 16:27 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
 小豆・粒あん 
    思い立ったが吉日!と、粒あんを煮ました。(^-^)
 小豆は一晩水に浸積しなくてもすぐ煮始められるのでとっても便利♪大豆ならそうは行きません。。
c0150974_1772738.jpg
    先日和菓子の本を読んでいたら、小豆の特殊な性質について書いてありました。
   『黒豆は一晩水に漬けておくと、水が真っ黒になるけれど
   小豆の場合はそんなに水の色が変わらない。小豆は他の豆と違って皮から水を吸わず、
   種留(しゅりゅう)と呼ぶところからしか水や空気が出入りできないのです。』
                                          へ~そうだったのか。 
   目的によって浸積する場合もあるそうですが、浸積による吸水が少ないことや、煮ると
   皮が軟らかくなりやすいなどから、小豆はそのまま煮ても大丈夫なのだそうです。

   水から煮始めて、渋きりを1~2回、1時間ほど煮て小豆が軟らかくなったら
   小豆と同量弱の砂糖と一つまみの塩を加えて、好みの固さに仕上げて出来上がり!
   プロの世界では繊細で難しい小豆あんですが、家庭ではこれで十分楽しめますョ☆
               さて、粒あんで何作ろう~。 まずは、あんぱんですかな。^^      
[PR]
by aku_beeno | 2008-03-26 17:49 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)
柚子ジャム
   冷蔵庫に眠っていた柚子でジャム作り♪
c0150974_10155417.jpg
                               出来立てを、ちょこっとお味見~^^
c0150974_1047064.jpg<マイメモ> (ちゃんとしたレシピではありません。。)
・柚子2個(100g)、三温糖40g、蜂蜜大さじ1、
  水適量。
・柚子の皮は白いワタを取り、刻んで水にさらし
  1度ゆでこぼしてアクを抜いた。
・果汁を絞った残りのカスと種はお茶パックに入れて
  皮を煮る時に一緒に入れた(ペクチン)。
・皮が柔らかくなるまで、20~30分位。
・皮が柔らかくなったらお茶パックを取り出して、果汁を
  入れ、糖類を数回に分けて入れた。
・とろ~りと煮詰めて出来上がり。
(次回・・・)
・甘さ控えめ過ぎ? もう少し甘くしてもOK! 
・果汁を絞らず、丁寧に果肉を取って具として煮るべし! 

ほろ苦く甘酸っぱく、とても風味良く仕上がりました。
  それにしても、柚子のペクチン力ってスゴイですね☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-02-26 11:56 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)