タグ:和菓子 ( 35 ) タグの人気記事
  さつま芋白玉ぜんざい。
 月見団子に使ったさつま芋あんと粒あんが少し残っていたので、
   食後のデザートに作ってみました。 15分もあれば簡単に作れて美味しい一品です。^^
c0150974_11453214.jpg
さつま芋あん(と言っても茹でて裏漉して、砂糖を少量加えて練っただけのものですが)が50g。
 50gの白玉粉を40gちょいくらいの水で捏ねた白玉生地とさつま芋あんを合わせて捏ねたら
小さく丸めて茹でるだけ。 白玉が茹で上がったら、鍋に粒あんと少量の水を加えて煮溶かし
   とろりとしたところで白玉と合わせて、できあがり~♪

 白玉生地に対してさつま芋あんが多く入っているので、ふんわり軟らかめの食感でした。
  (白玉粉に混ぜる水を、もう少し減らしてみようかしら。)
 さつま芋はたっぷり加えた方がさつま芋の香りが強くなって美味しいと思います。
   さつま芋とあんこって、とっても良く合いますよね~。
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-26 12:18 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
  月見団子。
 日中の猛烈な暑さに十五夜とはちょっと信じられない気持ちでしたが、夜になると月が昇り
  近くに寄り添う木星と一緒に、夜空を華やかに照らしていました。
 中秋の名月・芋名月と言うことで、今回は芋の形をした関西風の月見団子を作ってみました。
c0150974_2353465.jpg
 巻いてあるあんは雲を表しているそうです。 今回、粒あんを使ったので、少々ぼってり。
  こしあんを薄く巻いた方が、月を覆っては過ぎて行く薄雲の風情が出たかもしれません。
 折角なので、満月も作ってみました。 サツマイモのあんで団子生地を包んであります。
   団子生地は上新粉8:白玉粉2に砂糖を少々加えた生地。
 水分が多かったみたいで軟らかめの団子になってしまったのですが、美味しくいただけました。

  夕ご飯を食べてまた空を見てみると、空一面が雲に覆われてしまっていて
         残念ながら、月も見えず。    もしや、、粒あんが厚すぎた・・・せい?!

  :団子生地:
 白玉粉20g、上新粉80g、水(お湯)100g弱、砂糖20g。
 白玉粉に分量の水から少量を加えて捏ね、上新粉と砂糖とお湯を加えて捏ねる。
 きれいにまとまったらちぎって蒸し器に並べ、15分くらい蒸す。
 蒸し器から取り出した生地を滑らかになるまで捏ねてまとめたら、丸めて出来上がり。
   蒸した生地を捏ねる時はオーブンシートを使うとくっ付かずに便利。
   電子レンジ加熱でも大丈夫みたいです。(ムラができないよう注意。)
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-22 22:52 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  芋きんつば。  
 おやつに作ってみました、大好物の芋きん~♪
c0150974_229814.jpg
 まずは、蒸したサツマイモを潰して寒天液で固め、芋ようかんを作っておきます。
   芋ようかんは固めに作ったほうが、側面を焼く時にちゃんと掴めて失敗が少ないかと。
 最初、この大きさで作るつもりが、厚みが足りず。焼く時に倒れることが判明。。
                         急遽、半分のミニサイズへと変更しました。
c0150974_18154935.jpg
  表面を綺麗に焼くため、どの面も平らになるように端の出っ張り部分は取り除いておきます。
    生地は小麦粉に白玉粉とそば粉が少し入ったゆるい生地。
c0150974_18163493.jpg
 フライパンに薄く油を敷いて、1面ずつ生地を薄く付けながら焼いて行きます。
                             熱いのでヤケドしないように気をつけて。
c0150974_2261185.jpg
      ほんの少し入った白玉粉の餅が効いて、皮はモチモチの仕上がり。
  そば粉の香りも芋のあんととても良く合って、イイ香りです~。
c0150974_1974488.jpg
  出来立てアツアツでお芋が軟らかいのも美味しいし、
                    冷めてしっとり落着いたのも、とても美味しかったです。^^

  レシピはこちらを参考にさせていただきました。(半量の7割で作っています。)
   芋ようかんの砂糖を少し減らして米水飴を入れてみましたが、良い具合のお味でした。
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-19 22:45 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
  夏は夜船。  
    盆休み。ちょうど粒あんを煮たところだったので、おはぎ(ぼた餅)を作ってみました。
 おはぎと言えば彼岸ですが、近頃お盆の時季にもおはぎの並ぶ店が増えたような気がします。
   春はぼた餅、秋はおはぎ、ではでは、夏は??と思ったら、
     やはり、夏には夏の呼び方があるのですね。夏は『夜船』だそうです。で、冬は『北窓』。
   邪気を祓う小豆と豊かさ・力の象徴である餅に黄な粉や胡麻。 昔から1年を通じて大切に
  作られ食べられてきたおはぎは、素朴ではあるけれど、ハレの日らしい食べ物だと思います。
c0150974_17361531.jpg
  今回レシピは、もち米1合にうるち米半合を合わせて炊いて、粒々が残る程度に搗き上げたら
   1個40gに丸めて10個分。 黄な粉と黒胡麻用には中に粒あん20gを包んでおきました。
    黄な粉と黒胡麻は、砂糖と塩(お好みで)を良く混ぜて餅に丁寧にまぶして出来上がり。
      粒あんは、粒あん50gで餅を丁寧に包んで出来上がり。
    出来上がって見てみれば、案の定、粒あんが一回りデカかった!
         30gのあんこの差がはっきりと大きさの違いに表れてしまいました。。。。-_-;
      次回、粒あんの方の餅を減らして調節しなければ。
                    ご先祖や昔の人々に感謝して、美味しくいただきました。

 ※沢山作った場合、冷凍保存が可能のようです。冷蔵だと餅が硬くなるので半日が限度かな。
[PR]
by aku_beeno | 2010-08-15 17:55 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  スカイツリーとコンサートとあんみつ。  
    昨日はコンサートのため、錦糸町へ行ってきました。
        武蔵小杉で横須賀線の乗り換えが出来るようになってはじめての錦糸町です。
c0150974_23111488.jpg
    駅を出ると目の前にはスカイツリー。 昨日はとても湿度が高くて、白く霞んで見えました。
       駅前でスピーディーに昼ご飯をいただいて、いざ、すみだトリフォニーホールへ!

    本日のプログラムは、前回の続きのようなプログラム。
   リゲティ 『バイオリン協奏曲』・ヴェレッシュ 『哀歌~バルトークの思い出に:日本初演』
    ・コダーイ 『ハーリ・ヤーノシュ』。 ハンガリーの現代曲、3曲。
 指揮はもちろんクリスティアン・アルミンクさん。演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団です。
c0150974_23112946.jpg
     開場とともに入場してサササッとトイレも済ませ、座席で待機。
   何故急ぐかと言えば、アルミンクさんの回にはプレトークが行われる可能性があるのです。
   これがとても面白く意義深いので聞き逃すまいと急いだんですが、やはり正解でした!
     少しするとアルミンクさん(と通訳さん)が登場。
  曲の解説や登場する珍しい楽器の紹介などをしてくれる中で、ハーリ・ヤーノシュで使われる
   ツィンバロンについては奏者の斎藤さんも交え、弦を叩くバチの素材による音色の違いや
       民謡曲を紹介してくださいました。
   バチの先には綿や皮(鹿だそうです)やビニールテープなどが使われており、以外や以外
   発祥の地・中近東の音色に近いのはビニールテープなのだそうで、金属らしい芯のある音に
     柔らかなベールがかかったような素敵な音色をしていました。
  バチは奏者の手製によるもので、これらの材料は〇急ハ〇ズで調達されているのだとか。^^
    
   現代曲は夫ふろやんの専門で私は全然なので、特に予習もして行かなかったのですが
  3曲とも、とっても良かったです! リゲティのバイオリン協奏曲にはオカリナが登場したり
 コダーイのハーリ・ヤーノシュにはツィンバロン以外にも色々な打楽器が登場して楽しかった~。
                                  私、こうゆうのに弱いんだわね。

   ソリストは、パトリシア・コパチンスカヤさん。 演奏を一言で言えば、エネルギッシュ!
     体全体で力強い演奏をする人でした。  アンコールで弾いてくれた曲も個性的。
   最後にコンサートマスターさんと2人でリゲティの曲を弾いてくれたのですが
  その時、コンマスさんがいきなり靴を脱いで、靴下も脱いで裸足になったので、何だろ?と
   思っていたのですけど、コパチンスカヤさんは(ドレスに隠れて見えなかったのですが)
  裸足で舞台に立つことで、有名な方だったようです。 演奏中、足が動く度に床がずんずん
   鳴っていましたから、確かに靴を履いてできる演奏の仕方では無いかもな・・・と。

    またアルミンクさんの指揮する新日本フィルの演奏も、とても素晴らしくて楽しくて
  現代曲だからか空席もありましたが(本当に勿体無い)、開場は大いに盛り上がりましたよ。
c0150974_2311403.jpg
      楽しい演奏会の後は、スカイツリーを眺めて
c0150974_23115270.jpg
                                亀戸天神の方へと歩いて行けば
c0150974_2312030.jpg
        目指すは甘味処。
c0150974_23127100.jpg
       レトロな趣きの中でいただく老舗の味は格別であります~。
c0150974_2312126.jpg
       船橋屋さんらしく、あんみつにもくず餅がトッピング!
     下町らしい濃厚な黒蜜に塩味の効いたエンドウ豆が、めちゃんこ美味しかったです。
                      くず餅に粒あんが良く合うってことも知りました。
[PR]
by aku_beeno | 2010-08-01 19:16 | 音楽 | Comments(6)
  うぐいす餅。  
 ホーホケキョ、ケキョケキョ・・・鳴声はすれども姿は見えず。
     おやつに、うぐいす餅を作りました。
                       ぎゅうひ生地は電子レンジで作る簡単バージョン。
c0150974_11451785.jpg
  白玉粉+砂糖を水で溶いたら、1分半レンジで加熱して生地を練るのを3セットくらい。
きな粉を敷いた上に生地を広げて、1つ分の大きさに分割。 丸めたあんこを包んで端っこをキュ。
      残りのきな粉をまぶして出来上がり。
c0150974_11452425.jpg
     うぐいすきな粉の色ってきれいですよね。 冷やして食べても美味しいです。
     ぎゅうひの硬さや甘さはお好みで。 あんこは粒あんだって平っちゃらよ~。
  
  :材料:(6個分)
   白玉粉50g、水100g弱、砂糖80g(+水飴5g)、あんこ150g、きな粉(うぐいす)適量。
  
[PR]
by aku_beeno | 2010-04-26 11:46 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)
  カステラ作り。。  
     基本は卵・砂糖・小麦粉・水飴(蜂蜜)と、シンプルな材料のカステラ。
                                でも、作るのはとっても難しくて…。。
     思う様に作ることが全然出来ていないまま、暫くお休みしていたカステラ作りでしたが、
        今回は高カロリーの壁も何の其の、再燃してしまいました!
    やはり、目指すは福砂屋さんのカステラ~♪なので、東京風でなく長崎風を目指します。
c0150974_1795480.jpg
     カステラ作りに必要な木枠。
      以前作った木枠は大きいので、同様に試作用の小さな木枠を作りました。
            〔ホームセンターで板(杉)と釘(銅)を買って来れば簡単に作れますので。〕
c0150974_17101674.jpg
        紙を敷いて準備OK!
c0150974_1716161.jpg
      今のところ、材料・分量・作り方は少しずつ様子を見ながら変えて作っています。
      ↓こちらは試作5号。(共立法) 味は良いんですが、ふかふかスカスカ。う~む。。。。
c0150974_17273260.jpg
      ↓昨日作った試作6号。(別立法) 
c0150974_17253615.jpg
        粗熱が取れたらラップに包んで、3日後がちょうど食べ頃。
                  すぐに食べられないので、待っている間気になって気になって…。
                            カステラ試作の道、当分続きそうです☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-11-28 17:28 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  森幸四郎のかすてら  
     東京駅(改札の外)まで行くのは暫くぶりで、やっとやっとのかすてぃら~♪
         知る人ぞ知る、銀座文明堂のかすてら職人森幸四郎さん。
   江戸時代の幻の味である五三カステラを復元し完成させた方の名前が付いたかすてらです。
c0150974_12173040.jpg
c0150974_1213583.jpg
       開封してみると、綺麗な色、形に好い香り~。
c0150974_12141598.jpg
      竹皮包みはあまり日持ちがしないので、早速お茶を淹れていただいてみました。
c0150974_12183131.jpg
      うひょー♪お・・おいしぃ~!  
    この美味しさについては、ぜひ召し上がってみて下さいとだけしておきますネ。(イヒヒ・・)
    ただ、この極みの味を存分に味わうにはフォークなどで食べちゃダメだと判りました。。
        お行儀悪いようですが、ぜひ、手で優し~く千切りながら食べてみて下さい。
                                    断然!美味しさが違いますよっ☆

   ちなみに、“森幸四郎のどらやき”も
      醤油とお酒の効いた大人なお味でメチャ旨でした♪
[PR]
by aku_beeno | 2008-11-16 20:01 | 食べ物・飲み物 | Comments(14)
  あんこ玉!?~どら焼き  
     ちょこっと実家へ顔を出しに行ったついでに、買って帰ってきました。^^
       近頃、静岡名物となりつつあるらしい、まるでおはぎを挟んだような形のどら焼き。
     本家は安東2丁目にあるお店(水月)とのことですが、他のお店の物も販売されていて
                          駅のKIOSKなどで購入することができます。
c0150974_23322554.jpg
       こちらは、駅の売店で買った泉寿庵さんのどら焼き。 1個160円也。
     どら皮の大きさは普通のどら焼きの3/5程度ですが、厚みは3倍くらいあるかしら。
                                (かぶりつくのはかなりツライです。)
     でも、あんこが甘すぎず、とってもお味も宜しくて、あんこ好きにはたまらない一品!
                  1人1個ずつ、ペロリといただいてしまいました♪
[PR]
by aku_beeno | 2008-10-25 23:46 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)
 満月 
c0150974_21424822.jpg
                                      では、ありませぬ。。^^;

      今晩の夕飯、副菜はズッキーニのフリッター(風天ぷら)。
      生地作りの時に粉をドバッと入れすぎてしまい、倍量の生地ができてしまったので
      余った生地をどうにかしよう・・・と考えたのが、どら焼きの皮。
                適当に砂糖とベーキングパウダーを入れて焼いてみました。

     皮はできたものの、中身をどうしよう~” と、冷蔵庫の中をゴソゴソやっていると
     夫ふろやん<「羊かんを薄く切って挟んでみれば?」の一声! 
                                         それ、ナイスアイディア☆
c0150974_2265758.jpg
      コレがなかなかイケるお味で、笑ってしまいました。026.gif   
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-04 22:23 | 手作りパン・おやつ | Comments(8)