タグ:和菓子 ( 36 ) タグの人気記事
 満月 
c0150974_21424822.jpg
                                      では、ありませぬ。。^^;

      今晩の夕飯、副菜はズッキーニのフリッター(風天ぷら)。
      生地作りの時に粉をドバッと入れすぎてしまい、倍量の生地ができてしまったので
      余った生地をどうにかしよう・・・と考えたのが、どら焼きの皮。
                適当に砂糖とベーキングパウダーを入れて焼いてみました。

     皮はできたものの、中身をどうしよう~” と、冷蔵庫の中をゴソゴソやっていると
     夫ふろやん<「羊かんを薄く切って挟んでみれば?」の一声! 
                                         それ、ナイスアイディア☆
c0150974_2265758.jpg
      コレがなかなかイケるお味で、笑ってしまいました。026.gif   
[PR]
by aku_beeno | 2008-06-04 22:23 | 手作りパン・おやつ | Comments(8)
 鳩の親子 
       今日のお八つは、鳩の親子♪
c0150974_1641431.jpg
         本当は五つ子なんですが・・・どこに行っちゃったかは、秘密です。^^;
       豊島屋さんの小鳩豆楽は、
           軽くて口どけが良くて、空豆粉の風味がとっても乙な可愛い落雁。
                             鹿児島の新茶と美味しくいただきました☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-27 16:59 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)
 笹だんご 
     今日は端午の節句。
       菖蒲湯には入らなかったけれど、よもぎ餅を食べて邪気払い。
c0150974_21195379.jpg
              新潟名物 笹だんご。  笹とよもぎの爽やかな香り♪   
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-05 19:31 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
 いきなり団子 
    小豆あんとサツマイモを素朴な皮で包んで蒸したお菓子、いきなり団子。 
      熊本の郷土菓子だそうです。
c0150974_19584258.jpg
    よく似たお菓子がサツマイモの街・川越にもあって、そちらで知っていたのですが
    その後、熊本の伝統的なお菓子だと知りました。 作り方はいたってシンプル!
    すぐに作れることから、客がいきなりやって来ても出せる団子⇒いきなり団子 と、
    言われているそうですが・・・来客中に作るのはちと大変かと。。^^;

     皮は小麦粉だけのものや小麦粉に団子粉を混ぜたものなど様々。
    ただ、冷めると皮が固くなるので、できたてあつあつをいただくのが一番!ですが、
    冷めたものや冷凍したものも、レンジでチンして食べるとおいしくいただけます~♪
      私は小麦粉に白玉粉を混ぜた、モチっと柔らかい皮が好き♡
             
    皮の材料:(6~7個分)
       白玉粉30g+水30g(しっかり溶いたもの)、小麦粉100g、
       砂糖小2、塩少々、水40gくらい(少しずつ加えて固さを調節)。
     捏ねた生地を手のひら大に伸ばして、小豆あん大1とサツマイモの輪切りを包み
     蒸し器で25分程度蒸したら出来上がり!
[PR]
by aku_beeno | 2008-04-18 20:27 | 手作りパン・おやつ | Comments(0)
シベリア
  カステラの間に柔らかい羊羹を挟んであるお菓子、シベリア
  昔ながらのお菓子です。
c0150974_18282143.jpg
  母が好きだった様で、私の子供時代、時々おやつに食べていました。(好きでした☆)
  子供の目には地味なお菓子でしたから、それから自分で買って食べるに至りませんでしたが、
  結婚してから一度、買ったような無いような…。
  昨日、スーパーのパンコーナーに置いてあったシベリアに何となく手が伸びて買って帰ったので
  早速、今朝のおめざにいただきました♪

  大手製パン会社のシベリアは、洋風ケーキのスポンジに近いふわっふわなカステラに水羊羹風
  の柔らかい羊羹が挟んであって、ほろほろと口どけの良い食感になっています。
  子供の頃は牛乳とでしたが、今だったらコーヒーといただきたい!そんな感じです。*^^*
  (コーヒーとあんこって意外に合うのですよね~。)

  調べてみると、シベリアは発祥地や考案者、名前の由来など、不明のお菓子だそうです。
  (こちらの外部リンク先のページに詳しく書かれていました。)
  しかし、明治末期~大正初期に食べられていたことが本に書かれているそうなので、時代的にも
  あんぱんと同じような誕生の仕方だったかもしれません。 名前の由来については諸説ある
  ようですが、どんな思いが込められてシベリアと名付けられたのでしょうね。

  こうやって写真を撮ってみると、お茶席に上がる棹もの菓子のようにも見え、、、
  洋菓子のような和菓子のような、分からないところが…日本的のような。。(=´ω`)旦~
[PR]
by aku_beeno | 2008-02-23 18:58 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)
くず餅
 江戸っ子が愛したくず餅c0150974_12124775.jpg
      くずはくずでも、葛ではありません。
お麩作りで小麦粉からグルテンを採った、残りの デンプンから作られるエコ(?)菓子です。^^

その小麦デンプンを、(葛粉やわらび粉、米粉など…他のデンプンで作る場合とは違って)水に漬けたまま1年以上、じっくり時間を掛けて自然に発酵(乳酸発酵)させて使用するのが、くず餅流!

小麦デンプンを水に漬けて発酵させることによってデンプンの質を変化させ、蒸し上げた時にあの独特のモチモチ感を出すのが目的らしいのですが、乳酸発酵によって生まれる爽やかな酸味を感じさせる風味は、くず餅ならではのモノ♪
その魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。

くず餅をいただきながら何となく、味わい方が蕎麦の味わい方と似ているような気に。。
始めのうちはくず餅そのものの香りを楽しみながら…そして後半は黒蜜ときな粉を、これでもかっ!
と言うくらい、たっぷりつけて。
  死ぬ前に「せめてたっぷりつけて食べたかった…」と、後悔しないように☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-15 12:42 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)