タグ:季節のもの ( 71 ) タグの人気記事
  明けまして御芽出度うございます!  
c0150974_16223771.jpg
 本年も宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>

 花びら餅。 本日のお茶の時間にいただきました。
  昨日の苦心の作。(笑 
        床の拭き掃除をした後だったのに、キッチンが粉だらけになって大騒ぎしました。
 ゴボウは前日に、下ゆで後、水1:砂糖1のシロップで煮て1晩寝かし、
 翌日煮詰めてトロミがついたら汁気を切って、グラニュー糖をまぶしておいたものです。
  味噌あんは大好きなのですが用意できなかったので、粒あんをペーストにして柚子の皮の
  蜂蜜煮と一緒に練り上げて風味付けをした『黒柚子あん』を使ってみました。
c0150974_16224561.jpg
 もとが粒あんなので少々滑らかさに欠けますが、柚子の香りが効いたなかなかのお味。^^
  求肥を作る時に、ゴボウを煮た時のシロップを少し加えてみたのですが、
                           その香りは、ちょっと分かりませんでした。
  コーヒーといただきましたが、美味しかったです♪

 求肥は白玉粉1:水2:砂糖2 電子レンジで簡単に作る作り方です。
 柚子皮はみじん切りにして、お湯と蜂蜜少々で軽く煮ておき、粒あんを加えて練り上げる。
 粒あんはペーストにせず、粒あんのままで良さそう。
[PR]
by aku_beeno | 2011-01-01 18:16 | 手作りパン・おやつ | Comments(4)
  大晦日。  
やはり今日の晩ご飯は、年越し蕎麦!
大森のお海苔屋さんでいただいた美味しいきざみ海苔があるのと、長芋があるのとで、
今年の年越し蕎麦は『あったか・ぶっかけ・とろろそば』となりました。
温かい蕎麦つゆにワサビも美味しいですね~♪ (つゆ少なめなので埋もれちゃってますが。。)
c0150974_22375324.jpg
 今年の年越し蕎麦も美味しくいただいて大満足でした。^◇^

今年お世話になった皆様に感謝! どうもありがとうございました。<(_ _)>
      また来年もよろしくお願いします。043.gif
[PR]
by aku_beeno | 2010-12-31 20:05 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  『ん』のつく食べ物、色々。  
  昨日は冬至。 
 柚子湯の替りに今年もみかんの皮湯に入り、『ん』のつく食べ物を沢山いただきました。
 昨晩の献立は、銀杏ご飯、根菜タップリけんちん汁(うどん入り)、チキン南蛮+サラダ、
  カボチャと金時豆のいとこ煮。 デザートには金柑の錦玉。 と、『ん』のオンパレード!^^

 冬至に『ん』のつく食べ物を食べるのは、無病息災を願うと同時に、『ん』が2つつく
 カボチャ(南京)・人参・蓮根・銀杏・饂飩(うんどん)・金柑・寒天の『冬至七種(ななくさ)』
 を食べて、事を成し遂げるのに必要な『運・鈍・根』にあやかろうと言うことのようです。
 柚子湯も、冬至⇒湯治、柚子⇒融通、柚子湯に入って融通がきくようにってことですから
                           日本人ってのは、ほんと面白いですよねぇ。。
c0150974_16214624.jpg
 昨晩は写真を撮っていなかったので、写真は昨晩の残りをお昼に頂いた時のものです。
                               (チキン南蛮は残りませんでした。。)

 金柑の錦玉。 金柑の甘煮を甘煮の汁を加えた寒天液で固めて作りました。
   粉寒天で作ったら寒天液が濃すぎてしまってプルプル感は出ませんでしたが、
              金柑と寒天を食べたと思えば美味しかったので、良しとしましょう。^^;
c0150974_16151151.jpg

  金柑の甘煮は今回初めて作りましたが、思った程時間もかからず作りやすかったです。
c0150974_16152638.jpg
 金柑は水洗いしたら縦に切れ目を入れ、タップリのお湯で数分煮て湯でこぼし、水に浸けて
 1時間ほどアク抜きします。 切れ目から種を取り出して、ヒタヒタの水と砂糖を入れて、
  踊り過ぎない火加減で煮て行きます。 煮汁にとろみがついてきたら出来上がり。
                             煮た時間は20分くらいだったかな。
 今回、砂糖はジャムと同じに金柑の重さの半分で作りましたが、ちょっと甘かったので次回は
   25%で良いかなと思っています。 (長く保存する場合は多いほうがよいですが。)
 仕上げにレモン汁大さじ1とコアントロー大さじ1弱入れましたが、お好みで!
[PR]
by aku_beeno | 2010-12-23 17:47 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  サトちゃんとケロちゃんと他色々クリスマスバージョン。  
いつもサトちゃんやケロちゃんたちが賑やかに並んでいる薬屋さんのディスプレーコーナー。
c0150974_2261375.jpg
サトちゃんもクリスマスの装いに☆
c0150974_2262161.jpg

 夜には、夫ふろやんが忘年会の帰りにお土産に買ってきてくれたドーナッツ♪
c0150974_2358324.jpg
こちらも、クリスマスカラー。
c0150974_23263631.jpg
  とても美味しゅうございました。^^
[PR]
by aku_beeno | 2010-12-11 22:10 | 空・風景 | Comments(2)
  月見団子。
 日中の猛烈な暑さに十五夜とはちょっと信じられない気持ちでしたが、夜になると月が昇り
  近くに寄り添う木星と一緒に、夜空を華やかに照らしていました。
 中秋の名月・芋名月と言うことで、今回は芋の形をした関西風の月見団子を作ってみました。
c0150974_2353465.jpg
 巻いてあるあんは雲を表しているそうです。 今回、粒あんを使ったので、少々ぼってり。
  こしあんを薄く巻いた方が、月を覆っては過ぎて行く薄雲の風情が出たかもしれません。
 折角なので、満月も作ってみました。 サツマイモのあんで団子生地を包んであります。
   団子生地は上新粉8:白玉粉2に砂糖を少々加えた生地。
 水分が多かったみたいで軟らかめの団子になってしまったのですが、美味しくいただけました。

  夕ご飯を食べてまた空を見てみると、空一面が雲に覆われてしまっていて
         残念ながら、月も見えず。    もしや、、粒あんが厚すぎた・・・せい?!

  :団子生地:
 白玉粉20g、上新粉80g、水(お湯)100g弱、砂糖20g。
 白玉粉に分量の水から少量を加えて捏ね、上新粉と砂糖とお湯を加えて捏ねる。
 きれいにまとまったらちぎって蒸し器に並べ、15分くらい蒸す。
 蒸し器から取り出した生地を滑らかになるまで捏ねてまとめたら、丸めて出来上がり。
   蒸した生地を捏ねる時はオーブンシートを使うとくっ付かずに便利。
   電子レンジ加熱でも大丈夫みたいです。(ムラができないよう注意。)
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-22 22:52 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  ゆで落花生。  
落花生の収穫期が始まりましたね~。
ふるさと静岡(の、特に東部地方)では落花生を茹でて食べます。
静岡だからと言う訳で無く、きっと落花生の産地ではポピュラーな食べ方なのでしょう。
ここ川﨑ではどうか分かりませんが、八百屋さんには生落花生が並んでいました。
ゆでピーは、新鮮な生落花生が手に入った時だけの、お楽しみです♪
                                 (最近は冷凍物もあるそうですが。)
c0150974_9501788.jpg
生落花生は殻のまま、3~5%程度の塩水で殻が少し軟らかくなるくらいまで茹でます。
茹で時間は殻の硬さによるみたいなので、時々味見しながら、40分~1時間強くらい。
火を止めてから蓋をして暫く置いておくと、塩味がより中まで滲み込むそうです。
殻を剥けば、茹で汁に浸った薄いピンク色の豆が、こんにちは~。^^
ほっくりしてしっとり甘く、後味は猛烈濃厚! 殻中の汁と一緒にすするのが通の食べ方とか?
確かに落花生の味わいだけれど、やはり炒りピーとは違った味わいでとても美味しいです。
                        枝豆同様、食べ出すと止まらなくなること間違い無し!

ゆで落花生について調べていたら、ゆで豆用奨励品種(神奈川県)のページを見つけました。
茹でる用の品種があったとは、知りませんでした。
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-22 11:42 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  夏は夜船。  
    盆休み。ちょうど粒あんを煮たところだったので、おはぎ(ぼた餅)を作ってみました。
 おはぎと言えば彼岸ですが、近頃お盆の時季にもおはぎの並ぶ店が増えたような気がします。
   春はぼた餅、秋はおはぎ、ではでは、夏は??と思ったら、
     やはり、夏には夏の呼び方があるのですね。夏は『夜船』だそうです。で、冬は『北窓』。
   邪気を祓う小豆と豊かさ・力の象徴である餅に黄な粉や胡麻。 昔から1年を通じて大切に
  作られ食べられてきたおはぎは、素朴ではあるけれど、ハレの日らしい食べ物だと思います。
c0150974_17361531.jpg
  今回レシピは、もち米1合にうるち米半合を合わせて炊いて、粒々が残る程度に搗き上げたら
   1個40gに丸めて10個分。 黄な粉と黒胡麻用には中に粒あん20gを包んでおきました。
    黄な粉と黒胡麻は、砂糖と塩(お好みで)を良く混ぜて餅に丁寧にまぶして出来上がり。
      粒あんは、粒あん50gで餅を丁寧に包んで出来上がり。
    出来上がって見てみれば、案の定、粒あんが一回りデカかった!
         30gのあんこの差がはっきりと大きさの違いに表れてしまいました。。。。-_-;
      次回、粒あんの方の餅を減らして調節しなければ。
                    ご先祖や昔の人々に感謝して、美味しくいただきました。

 ※沢山作った場合、冷凍保存が可能のようです。冷蔵だと餅が硬くなるので半日が限度かな。
[PR]
by aku_beeno | 2010-08-15 17:55 | 手作りパン・おやつ | Comments(2)
  山椒の実。  
  6月。実山椒が旬の季節をむかえています。
    八百屋さんで1パック210円の実山椒を見つけたので、買ってみることにしました。
  青い実は、生でかじったてみたことがあるくらいで(舌シビレマヒタ)、料理に使うのは初めて。
   粒々が可愛くて綺麗な黄緑色の実。そして、柑橘らしいすぅ~っと爽やかな良い香り ♪
                             食欲ならぬ、調理欲?をそそられます~。^^
c0150974_0445075.jpg
    まずは下処理から。 小枝を丁寧に取り除いて、水洗いします。
                      小枝がとにかく多いので、取り除くのがやっとでした~。。
c0150974_0445834.jpg
    洗ったところで、次はアク抜き。 山椒はアクが強いんだそうです。
    アク抜きには塩漬けする方法と茹でる方法があるそうで、今回は茹でる方にしました。
 鍋に湯を沸かして、アクが凄く強い場合は塩を沢山入れたり重曹を入れたりするみたいですが
  色を良くする程度に塩を入れて、実山椒を投入。 5分茹でたら冷水に取って暫く晒しました。

   人によっては一晩晒すというので、この程度ならまだ辛味は抜けて無いんだろうなぁ~と
    恐る恐る味見してみれば、あれれ?全然ピリピリしない。晒しすぎ?茹ですぎ?
   香りはとても良いのですが、ここまで刺激が無いとちょっと物足りない気がしてしまいます。
  生の実を味見した夫ふろやんによると、生でも辛味やアクがかなり穏やかな実だったようで
   茹で時間はひと煮立ち、晒しは少々、くらいでちょうど良かったのかもしれません。
     ちなみに茹で汁が良い香りだったので、暫く鍋に入れたまま置いておいたのですが
     最初白っぽかった茹で汁が真っ茶色になっていました。(タンニンたっぷり?)
c0150974_045677.jpg
    冷水に晒した実山椒は水気を良~く切って良~く拭いて、この状態で一時、冷凍保存。
     しっかり空気を抜いて密閉しておけば、1年くらい持つそうです。
                    これを佃煮にしたり、煮物に加えたり、使い方はお好みで!
      出来上がりの量で90gありました。 何を作ろうか、只今考え中です~。
[PR]
by aku_beeno | 2010-06-05 02:17 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  茶の新芽と桜海老のかき揚げ。  
八十八夜が近づいて、茶摘前線が北上してきました。 
  今年は3月4月と寒い日が続いて、新芽の状態が心配されました。
19日に静岡で行われた新茶初取り引きでも、霜害のため生育が遅れ
                        前年に比べて2割ほどの量(8割減)だったそうです。 
家のベランダでは茶の樹2株を小さな鉢植えにして育てていますが、霜害は無かったものの
 2株で成長具合が違っていたり同じ株でも芽が揃っていなかったりしています。
    それでも、片方の株の芽がいくらか一芯ニ葉になってきたので、茶摘み決行です!
c0150974_20102048.jpg
  少ないですが、貴重な新茶葉。(昼に摘んで夜まで置いたので、少ししんなりしています。)
 新茶葉は表面がツルツルピカピカで、本当に綺麗な若緑色。(生えている姿は左上の写真を)
c0150974_20102878.jpg
 お茶を作れるほどの量ではないので、
   これまた今が旬の桜海老(残念ながら干し海老でしたが)と一緒にかき揚げにしました。
 最近はコレを、駿河揚げと言うらしいですね。^^; お酒のCM用の呼称だと思いますが。
c0150974_20103673.jpg
               塩をパラリと。 ほんのりお茶香が香って、美味しかったです☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-04-27 10:34 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  炒り大豆ご飯。  
    炒り大豆を沢山いただいていたので、今年の節分はお豆ご飯を作りました。
c0150974_1519416.jpg
     炒り大豆と切り昆布、みじん切りにした人参を具に、酒と塩少々で味付け。
                                     全部一緒に炊いて出来上がり♪
c0150974_14352284.jpg
      カリッとした豆も炊くと軟らかくなるのですよね。 三つ葉を散らせば良かったかナ。
          香ばしくて美味しいご飯です☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-02-04 14:37 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)