タグ:季節のもの ( 66 ) タグの人気記事
雪、降ル。
c0150974_15212949.jpg
   ピント合わせられず↓>_<
c0150974_1522770.jpg
c0150974_15223041.jpg
c0150974_15245742.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2008-01-23 15:27 | 空・風景 | Comments(0)
大寒
     寒中お見舞い申し上げます。
c0150974_15553668.jpg
    今日は大寒。
     “1年で最も寒い時期”のとおり、昨夜から全国的に雪の予報が出ていました。
      めずらしく関東地方南部も!
     雪経験の少ない私としては内心心待ちにしていたのですが…降りませんでしたね。^^;
     それでも、かなり冷え込んでおります~。薄暗い雲に覆われた冷たい1日でした。
     
       まだまだ寒さ厳しい日が続きますので、
                    皆様、どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいませ☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-21 17:30 | 空・風景 | Comments(2)
七草がゆ
  今日は正月7日。
           年越し蕎麦に、おせち料理♪を…c0150974_16444964.jpg

c0150974_1645576.jpg     







    た~ぷり頂いた後は、
        胃にやさしい七草がゆ!
c0150974_16274440.jpg
     今回、米1:水5の全粥に大根と茹で小松菜のみじん切りを入れました。
                                         +薬味のトッピング☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-07 16:51 | 手作り料理・保存食 | Comments(6)
元日の大福茶
 日本には古くから、お正月に大福茶(皇服茶・王服茶)を飲んで無病息災・招福息災を願う
慣わしがあるそうです。
c0150974_1422051.jpg 大福茶とは、正月最初に汲んだ初水(若水)で煎れたお茶に梅や昆布などを入れたもの。(地方や家によって違いありです。)
 大福茶の由来は…951年春。京都で疫病(胃腸病)が流行し蔓延した際に六波羅蜜寺の空也上人が村上天皇から命じられて悪疫退散の祈祷を行ったが効果が無かった。そこで、十一面観音像を安置した台車に茶を積んで京の町を引き回し、街頭で祈祷しながら茶に梅干や昆布を入れて道行く人に振舞ったところ、さしもの悪疫も次第に下火に向かった。この功徳にあやかり、村上天皇が毎年正月元旦にお茶を服するようになり、皇服茶・王服茶と呼ばれるようになった…。
または、960年に村上天皇が病んで悩んでいた際、六波羅蜜寺の観音菩薩に供えた祈祷茶を飲んだところ、たちまち全快したので王服茶・皇服茶と呼ばれるようになった…。
など、伝えられています。
いずれにしても、六波羅蜜寺。
六波羅蜜寺では、今も正月の3が日には皇服茶が振舞われているそうですね。
後に、皇服茶から大福茶の字が当てられるようになり、一般庶民もお正月には大福茶を飲んで
旧年の邪気を祓い、新しい年を祝福するようになったそうです。
  今年から我が家でも☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-04 14:28 | | Comments(2)
新年
   明けまして おめでとうございます。
     旧年中お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。
     本年も どうぞよろしくお願い申し上げます。 <(_ _)>
c0150974_11474443.jpg
                        新しい1年が幸多き年となりますように~☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-01-01 11:52 | Comments(4)
冬至
   今日は冬至。 北半球では太陽の南中高度がもっとも低くなる日。 
   冬至には、冬至カボチャと柚子湯♪
      「湯治(トウジ)にて、身体に融通(ユズ)をきかせる」…ホントかしら。^^
c0150974_17525723.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2007-12-22 17:57 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)