タグ:料理 ( 32 ) タグの人気記事
  スベリヒユを食べてみる。  
今年は枝豆を育ててみようと、6月にプランターへ豆を蒔いたのですが・・・芽は出たものの
その後はひょろひょろと成長。 ほんの少しの実をつけて今年の枝豆栽培は終了したのでした。

その枝豆の芽が出てひょろっと10cmくらい伸びたくらいの頃、枝豆の傍らから多肉っぽい
植物が芽を出し、ぐんぐん伸びてきました。 どんな花が咲くのかな?と思って、そのままにして
置いたところ、ずいぶん立派に成長して、黄色い小さな花を沢山咲かせていました。
         (1日花だそうで今回写真を撮り損ねました。そのうち、また咲くと思いますが。)
調べてみると『スベリヒユ』と言う、どこにでも見られる植物(雑草)とのこと。ですが、、、何と!
食用植物として(薬用植物としても)ポピュラーな植物なのだそうです~。
トルコやギリシャでは生のままや炒めてサラダにしたり、漢方では馬歯莧という生薬。
秋田では「ひょう」と呼ばれ山菜として食べられているそうで、酸味と茹でた時に出るぬめりが
特徴とのこと。 ヨーロッパでも立ち木性の品種(パースレイン)が食用にされているそうです。
c0150974_14554671.jpg
窒素分大好きで繁殖力旺盛、畑では厄介者のスベリヒユ。 ・・・ふふ~ん、食べられるのね
 と思いつつも後込みしていると、夫ふろやんがパクリ。
「ちょっと酸っぱいけど、普通に食べられるよ。」と言うので、ならばちゃんといただかねばと
  おひたしにして食べてみることにしました。
c0150974_14555424.jpg
  摘んだ葉を2~3分茹でて水に晒して、出来上がり。
c0150974_1456180.jpg
 短く切って束ねて手で水気を絞ったら、ねば~っと糸を引いて手がぬるっとしました。
  確かにスベリヒユで間違いなかろうと、ここで断定。 試食に移りました。
c0150974_1456983.jpg
芥子醤油でいただいてみました。 実は、芥子を入れすぎてスベリヒユの風味が分かり難く…
と言うか、かなり主張が弱いみたいで、アクっぽさも無いし青臭くも無いけど旨味も薄い感じ?
  ただ、ぬめりのある食感はなかなか好い感じでした。
 この後、また茹でてマヨネーズで和えて食べてみたのですが、こちらの方が私にはイイかな。。

生で食べると少し青臭みはあるのですが、ちょっと酸っぱくて(リンゴ酸由来の成分だそうです)
 ハーブらしい個性も感じられて、サニーレタスやルッコラなどと合わせてサラダにしたら
                          結構イケるかもしれないな~なんて、思ったりも。
  炒め物と干して煮物にするのは、またいつか挑戦するかもしれません。

 ※スベリヒユは栄養価が高い植物だそうすが、沢山食べたり妊婦さんには良く無かったりも
  するらしく、また、もしかしてスベリヒユじゃなかった!?なんてこともあったら大変なので
  食べる時は良く良く調べて、自己責任の上でお願いしますネ。
[PR]
by aku_beeno | 2010-09-02 14:40 | ベランダ園芸 | Comments(4)
  鶏はむ。  
 少し前に大流行した鶏はむ。 前はそのまま茹でて、軽く燻製してみたりもしたのですが、
  今回は肉汁が出ないように密閉して茹でる方法を試してみました。 スパイスは胡椒のみで。
c0150974_1846422.jpg
  鶏ムネ肉1枚の表面に砂糖小さじ2くらいと塩大さじ1くらいと胡椒を全体にまぶしつけて
 袋に入れ冷蔵庫で2~3日寝かせます。その後、塩抜きの為1時間ほど冷たい水に浸けて置き
    水気をよく拭いて粗挽き胡椒をまぶし、ラップで包んで形を整えます。
  鍋に肉とかぶるくらいの水を入れて火にかけ、中火で加熱して沸騰してきたら鍋蓋を閉めて
 火を止めて、そのまま冷めるまで一晩くらい置いておきます。 冷蔵庫で冷やして出来上がり!
c0150974_18465431.jpg
  早速、試食してみたところ、確かにハムです。^^
   塩味も好みの具合に仕上がっていました。きめ細かな食感もハムっぽく、密閉したおかげで
      旨味がギュッと詰まっているみたい。 とっても美味しいです。
c0150974_18525388.jpg
    皮を取るレシピもありますが、私は皮は好きなので取っていません。
                                 マスタードが、とても良く合いました☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-07-06 21:20 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  茶の新芽と桜海老のかき揚げ。  
八十八夜が近づいて、茶摘前線が北上してきました。 
  今年は3月4月と寒い日が続いて、新芽の状態が心配されました。
19日に静岡で行われた新茶初取り引きでも、霜害のため生育が遅れ
                        前年に比べて2割ほどの量(8割減)だったそうです。 
家のベランダでは茶の樹2株を小さな鉢植えにして育てていますが、霜害は無かったものの
 2株で成長具合が違っていたり同じ株でも芽が揃っていなかったりしています。
    それでも、片方の株の芽がいくらか一芯ニ葉になってきたので、茶摘み決行です!
c0150974_20102048.jpg
  少ないですが、貴重な新茶葉。(昼に摘んで夜まで置いたので、少ししんなりしています。)
 新茶葉は表面がツルツルピカピカで、本当に綺麗な若緑色。(生えている姿は左上の写真を)
c0150974_20102878.jpg
 お茶を作れるほどの量ではないので、
   これまた今が旬の桜海老(残念ながら干し海老でしたが)と一緒にかき揚げにしました。
 最近はコレを、駿河揚げと言うらしいですね。^^; お酒のCM用の呼称だと思いますが。
c0150974_20103673.jpg
               塩をパラリと。 ほんのりお茶香が香って、美味しかったです☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-04-27 10:34 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  割り干し大根。  
   天気の良い日が続いていたので、適当に吊る下げておいた割り干し大根。
                                 2週間ほどで、こんな感じになりました。
c0150974_11374545.jpg
     大根の先18cmくらいを縦に10等分。さらに割り箸状にスリットを入れて干したのですが
c0150974_1137547.jpg
         こんなに細く軽くなっちゃってね~。。

     使いきり一回分の割り干し大根。 保存する間も無く、晩ご飯のおかずになりました。
c0150974_11451916.jpg
                         干し大根ならではの食感がたまりません!^◇^
[PR]
by aku_beeno | 2010-02-10 21:20 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  炒り大豆ご飯。  
    炒り大豆を沢山いただいていたので、今年の節分はお豆ご飯を作りました。
c0150974_1519416.jpg
     炒り大豆と切り昆布、みじん切りにした人参を具に、酒と塩少々で味付け。
                                     全部一緒に炊いて出来上がり♪
c0150974_14352284.jpg
      カリッとした豆も炊くと軟らかくなるのですよね。 三つ葉を散らせば良かったかナ。
          香ばしくて美味しいご飯です☆
[PR]
by aku_beeno | 2010-02-04 14:37 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  黒はんぺんを作ってみる!  
    魚屋へ行くと鰯が安くて、干物にしようかな~♪ と買って帰るが、翌日も天気が悪い。   
       半分を煮物にして、残りはつみれにでもしてみようと思い、つみれにするのなら
   黒はんぺんはできないだろうか…? なんてことを考えてしまう。
         調べてみれば詳しい作り方が載っていたので、それを参考に作ってみました。^^
c0150974_21322039.jpg
     材料は鰯、塩、砂糖、風味付けに生姜と醤油。つなぎの片栗粉、固さ調節用の冷水。
          塩、片栗粉・砂糖はそれぞれ固さ調節用の冷水で溶いておきました。
c0150974_2143194.jpg
          鰯は手開きで中骨だけ取って、小骨や皮はそのまま入れます。
c0150974_947525.jpg
   よく冷えた材料を順番に加えながらフードプロセッサーでガーっと練って、生地は出来上がり。
c0150974_21332230.jpg
        適当に成形して、5分程茹でます。
c0150974_21364550.jpg
        茹でたてを早速試食してみれば、結構イイ感じじゃないですか~☆
c0150974_21371334.jpg
     形は不格好ですが、上出来上出来!
    熱いうちは片栗粉の弾力で軟らかなのですが、冷めると少し固くポソっとなってしまうのは
  『市販の蒲鉾のような歯ごたえを出すには良い原料と技術が必要です。』というレシピの一文に
     尽きる訳で、、でも十分美味しいと思います。
c0150974_21375580.jpg
       フライにしたらめちゃんこ旨かった! やっぱ、はんぺんフライはイイなぁ~♡  
c0150974_21415549.jpg
    静岡に居たら作るなんてこと考えもしなかったでしょうが…市販品には及ばないものの
      こんなに簡単に作れるのですねぇ~これからは作りますです、、はい。(^^ゞ
  
     魚はイワシやサバ、アジなど。混ぜるも良し。 塩は(魚の量の)2%、砂糖10%、
      片栗粉(馬鈴薯澱粉)15%、冷水20% が、基本の分量のようです。
[PR]
by aku_beeno | 2009-11-30 21:43 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  栗の渋皮煮。  
     今年も栗を煮ました。
c0150974_20503020.jpg
     レシピは前回とほぼ同じ。
    重曹の臭消しに紅茶葉を使い、風味付けは夫ふろやんの好きなダークラムにしました。
c0150974_20504066.jpg
   いつもながらテキト~ですが、渋はしっかり抜けてシロップも濁らず
                                        美味しくできました☆

  鬼皮剥きに失敗して。。
[PR]
by aku_beeno | 2009-10-10 21:02 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  ピザ・トースト。  
     ご想像の通り、刻んだ生ネロを忍ばせています~。
c0150974_1542913.jpg
    ほんの少量だけど、辛い! でも、旨い~♪
        このところ、毎日少しずつネロを食べているけれど…ネロダイエット、なるか?!
[PR]
by aku_beeno | 2009-10-05 17:40 | 手作り料理・保存食 | Comments(4)
  何が無くとも。 その3  
         五万米♪ 小さいけれど尾頭付き!>゜)))彡
                                来年も豊作でありますように。^^
c0150974_22291475.jpg
         お煮しめと紅白なますも、作り置き完了!
     夫ふろやん特製・豚の角煮の仕上がりも間近で、お雑煮を残しておせち作りは終了です。
[PR]
by aku_beeno | 2008-12-30 23:08 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  何は無くとも。 その2  
c0150974_13503641.jpg
      金団♪ 今回はいつもより少し丁寧に、梔子と一緒に茹でたサツマイモを裏ごしして
     ごく軽く水に晒して作ってみました。 しかも栗入り!(林檎でも美味しいんですよ♪^^;)
       味付けはグラニュー糖に栗のシロップ、味醂と塩少々。小豆あんこを煮る要領で。
                              さらりとした味に仕上がりました☆
[PR]
by aku_beeno | 2008-12-30 14:32 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)