タグ:紅茶 ( 6 ) タグの人気記事
  チャイ・煮込み式ミルクティー。  
“ミルクティー”と一言で言ってもその淹れ方は様々で、なかなかに奥が深いもの。
『ミルク イン ファースト』か『ミルク イン アフター』か。 ミルクは温めるか温めないか。
煮出すか煮出さないか。 ミルクには何を使うか。 紅茶液:ミルクはどのくらい?・・・などなど。
ちなみに・・日本でお馴染みのロイヤルミルクティーは、煮出し式のミルクティー。
“ロイヤル”でも英国との関係は無いそうで、ミルクをたっぷり使うところがロイヤルっぽい?
 と言うような理由の、日本の呼び方なのだとか。 チャイとはどう違うのかな?

先日DVDを借りて観た『ダーリンは外国人』では、
  主人公さおりとトニーの絆を現す大切なシーンでミルクティーが登場していました。
トニーが淹れるミルクティーは、小鍋で温めたミルクを紅茶の入ったカップに注ぐ
『ミルク イン アフター』。 火にかけたミルクをカップに注ぐシーンはミルクティーらしく
良いシーンだったけれど、毎回同じだったのが(茶好者には)ちょびっと残念でありました。

で、人によっては、香りが立ちすぎるからミルクは温めないで常温のままの方が良い
と言うことを言う人もいるようですが、私は、ミルクがたっぷりで熱々が大好き。
 やっぱり温めないと。 ってことで、家ではチャイを作ります。
以前、インド料理の店でチャイを飲んで以来、チャイのコクがあってまろやかなミルクの味に
ハマってしまいました。 でも家で作っても、なかなかお店のような味にならないのね。。

チャイのように煮て作る場合でも、ミルクティーのミルクについて一般に言われていることは
 『ミルクは煮立たせない!』と言うこと。 これは鉄則だと思っている人も多いと思います。 
が、本場インドの作り方を見てビックリ!

  

煮出し式でなく、煮込み式だったのですね。。
普通、茶葉を煮出す時にミルクの中へ茶葉を入れてしまうと、タンパク質の膜に覆われて
浸出しないので、ミルクを入れる前に紅茶葉を煮出しておきますが、ミルクに茶葉を入れてOK!
ガンガン沸騰させてOK! 沸騰させて、さらに煮詰めています。
とにかく、スゴイです。@0@

そうして淹れてみたらどうなのか、試してみました。
  茶葉はディンブラ(スリランカですが)。 ミルクは普通に牛乳。
(インドは紅茶の生産量もすごいですが、牛乳の生産量世界一だってなんて知らなかったな~。)
細かい茶葉ではありますが、やはり浸出を良くするため先に少し煮出しておきます。
c0150974_17564913.jpg
1分ほど煮出したら牛乳を入れて、強火!沸騰! そのまま3分ほど煮込みます。
c0150974_1757160.jpg
今回はスパイスも砂糖も無しで。
c0150974_1816973.jpg
飲んでみると、オォ~♪ってなお味。 求めていたコクが出ています。
今まではサラリとし過ぎていると言うか、ミルクを多くしても薄い気がして何か物足りないような、
それはミルクが違うからだと思っていましたが、そうでは無かったのですねぇ。
c0150974_18163215.jpg
水と牛乳の比率を変えて何度か作ってみたところ、ミルクを多すればするほど濃厚になるという
訳では無いことが分かりました。 茶葉の量を増やしてみても風味が淡く感じてしまうような・・・。
牛乳が多すぎると紅茶の風味が隠されてしまい、釣り合いが悪くなってしまうのかもしれません。
2倍+αの濃さの紅茶液1:牛乳1くらいが、今のところ丁度良いみたいでした。
               やはりチャイにはスパイスと砂糖もちょっと入ると美味しいですね~♪
[PR]
by aku_beeno | 2011-05-11 19:15 | | Comments(2)
  水出し紅茶。  
  今は新茶が美味しい季節なのですが・・・
      何だかとても冷たいものが恋しくて、水出し紅茶を作って飲んでいます~。
c0150974_13503964.jpg
  茶葉は、ルフナ。
    ルフナは色が濃く、ちょっとスモーキーでコクのあるスリランカの紅茶です。
 普通にポットで淹れても美味しい紅茶なのですが、今回のルフナは、少し木質っぽさと渋味が
   強くて重たい感じだったので、水出しにしてみたところ、まさにピッタリ♪^^
          とっても甘く、華やかで軽やかな感じになりました。(香りも良いです☆)

  1Lの水に対して茶葉小さじ3杯くらい(6gくらい)をお茶パックに入れて、お水にポン!
    冷蔵庫の中でじっくりと、1晩くらい置いて浸出させると美味しいです♪
[PR]
by aku_beeno | 2009-05-25 21:31 | | Comments(4)
  ・・NOЁL・・  
      クリスマスの紅茶とお菓子でティータイム~♪
    紅茶は、マリアージュ・フレールのエスプリ・ド・ノエル。
    先月お店へお茶しに行った時、ふろやんママがお土産に!と買ってくれたお茶です。
                                 (自分ではとても買えましぇん~。)
    クリスマスやお祭りをお祝いするお茶だそうで、ブルボンヴァニラ、オレンジピール
      シナモンなどのスパイスがプンプンと香る、とってもフランスっぽいお茶です。   
c0150974_15421561.jpg
        そしてこちら↓も頂き物で、ドイツのシュトーレンを和風にアレンジした
     マリアージュ・ドゥ・ファリーヌのシュトーレン、和み。(Yちゃんご馳走さま~♪) 
c0150974_15433489.jpg
     この緑はヨモギです!好い香り~(ヨモギ大好き♡)。
   胡桃や大納言の他にアラレのような粒が入っていてちょっと不思議な噛み心地。^^
   素材一つ一つの良さが分かる味わいで美味しかったです☆(緑茶といただきました。)

     さて、紅茶の方はクッキーと一緒に♪
c0150974_15492098.jpg
     フレーバーティーに合いそうな、発酵バターたっぷりのクッキーを作りました。
   キプフェル(三日月クッキー)は、オーストリア・ウィーンのクリスマスクッキーだそうです。
     シンプルなクッキーですけど、サクサクホロホロが美味しくて、最近はこればかり。
   今回は基本の生地に刻んだ胡桃を少々。(チョコやココナッツバージョンも美味しいです。)
    紅茶のかなり強烈なブルボンバニラの香りと良く合って、美味しくいただきました♪
  この紅茶の大人っぽく華やかな香りと明るくキレイな水色は、お祝いという感じがします。
   ただ香りは強いので、一口飲むと暫く何を食べてもその香りになっちゃいますから
                                              …ご注意を!^^;
[PR]
by aku_beeno | 2008-12-25 16:45 | | Comments(4)
  マサラ・チャイ♪  
   一昨日行ったインド料理のお店で、お食後にいただいたマサラ(スパイス)たっぷりのチャイ♪
     カルダモンとクローブがしっかりと効いていて、とっても好みのお味だったので
                     その味を忘れないうちに・・・と、早速作ってみることに~。^^ c0150974_3182564.jpg

インド庶民の味・チャイは、煮出し(煮込み?)式のミルクティー。
 元々はイギリス植民地時代に、イギリスへ送られずに残った
 細かいホコリのような紅茶を、現地で美味しく飲む方法として
 考えられた飲み方だそうで、ホコリとはいかなくとも細かい葉の
 紅茶を使った方が、美味しいチャイを作ることができる…との事。

 今回はアッサムが無かったので、ウバを使いました。
 スパイスはカルダモン、クローブ、シナモンと生姜のスライス。
   このあたりが多く使われるみたいですが、お好みで!
c0150974_23133652.jpg
        ホールのスパイスは、粗く潰して・・・。
   (インドではマサラ潰しという金属でできた専用の道具を使うそうで、、ちょっと欲しいかも。)
c0150974_2333526.jpg
     さて作り方(ティーカップ3杯分)は、
        水・ティーカップ1杯とスパイスを鍋に入れて沸かし、2~3分弱火で煮ます。
      そこに茶葉・ティースプーン軽く4杯を入れて蓋をして2~3分弱火で煮たら、
                ティーカップ2杯の牛乳を入れて、中火で沸騰直前まで温めます。
    水と牛乳は1:1.5~2くらいが一般的でしょうか。
         牛乳を入れる前に茶葉を入れて、しっかり浸出させておくのがポイントです。
c0150974_22594033.jpg
    お茶請けには、クラブハリエのバウムクーヘン!ここのバウムはふわんふわんですよね。
c0150974_230321.jpg
   できあがり♪ ミルクが多いので膜が張っちゃいますが、ミルクは多い方が美味しいです。
c0150974_230156.jpg
      スパイスがホールだったせいか、マイルドに風味良く仕上がりましたヨ。
         お店の味とは少し違いましたけど、なかなか好い感じです。
                        (生姜を今度はすりおろして入れてみようかしら。)
        大変、美味しゅうございました☆
c0150974_23132376.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2008-12-21 00:55 | | Comments(4)
 紅茶作り! その2 
    続きです。^^
     酸化発酵が終了したら、次は乾燥です。 乾燥は電子レンジで!
    お皿にクッキングペーパーを敷いて、茶葉を広げます。
c0150974_10263211.jpg
    レンジに30秒かけたら、取り出して葉を集め、少し揉んで熱と水分を均一にし、また広げる。
    それを繰り返しながら乾燥させていきます。クッキングペーパーが湿ったら取り替えます。
c0150974_10422910.jpg
    表面だけでなく、芯までしっかり乾くよう、じっくり乾燥させます。
                          全部で30秒×12回くらいだったかな。。
     出来上がりです~!  まるでヒジキ。
c0150974_10462074.jpg

     早速、淹れてみました♪ (茶葉4g・湯量200cc・5分浸出。←濃いめでした)
c0150974_1052928.jpg
     いかがでしょう? 見た目もお味も・・・しっかり紅茶です!
    風味に華やかさが欠けるものの、旨味や甘味、渋味も効いて美味しくいただけます。
                       結果、65gの生葉から15g紅茶ができました☆
c0150974_1123454.jpg

[PR]
by aku_beeno | 2008-05-15 11:19 | | Comments(4)
 紅茶作り! その1 
    先日の新茶摘みで、ひとつかみの生葉を分けてもらってきました☆
    新茶の葉は天ぷらやおひたしなど・・・料理に使ってもとても美味しいのですが
    茶好きとしてはお茶を、やっぱり自分で作ってみたいのです~。
      で、紅茶作り♪
  もちろん緑茶を家庭で作ることもできますが、緑茶の場合、摘んだ生葉をすぐに蒸して
  生葉中の酸化酵素を失活させなければならなかったり、非常に味に影響する揉みの工程が
  初心者には上手くできなかったりして、頑張ったわりに??という出来上がりになりがちなんです。
  その点、紅茶の場合は、味は兎も角、変化が楽めて、発酵が不十分だったとしても大丈夫!
  自然と半発酵茶の烏龍茶になってしまう儲け物。^m^

     さて最初は、生葉を『萎凋』させます。  ざるに薄く葉を広げて室内で陰干しです。
c0150974_9205216.jpg
    萎凋(いちょう)とは葉をしおれさせること。
    生葉中の水分の減少と、葉中の成分に加水分解や酸化などの変化を起こさせて
    香りを出させる工程です。 雨天の室内萎凋の為、時々かき混ぜながら2日置きました。
c0150974_9274140.jpg
                                        重量65g→39g。
     次に、揉みの作業。  
    揉むことで組織を破壊し細胞中の成分を外に出して、カテキンなどの成分の酸化を進めます。
c0150974_937386.jpg
    葉の量が少ないので、厚手のビニール袋を使いました。
    袋の隅に葉を寄せたら洗濯のツマミ洗いをするような感じで、ひたすら揉みます。
    2分くらい揉んだら、葉の塊を解してビニールに新しい空気を入れて葉に空気を触れさせます。
      30分くらいすると汁が出てきました。でも、まだまだ。
c0150974_9554685.jpg
    1時間半。 そろそろイイかな~。
c0150974_9574146.jpg
     続いて、酸化発酵です。 30℃くらい・湿度90%くらいのサウナで茶葉をぬくぬくさせます。
    発砲スチロール箱の中にお湯を入れて、濡れ布きんに包んだ茶葉を置きます。
    時々お湯を変えて温度を保ちながら、4時間くらい発酵させました。
    (ここの工程で発酵を浅くすると烏龍茶になります。好みで発酵具合を変えてみても♪)
c0150974_1015916.jpg
      こんな色になったらOK! 
c0150974_1015313.jpg
                                                     ^◇^b   
[PR]
by aku_beeno | 2008-05-15 10:19 | | Comments(0)