タグ:麺 ( 18 ) タグの人気記事
  伊勢うどん。  
今年に入ってのマイブーム、『伊勢うどん』をお昼ご飯にいただきました。
c0150974_14445424.jpg
讃岐うどんや武蔵野うどんとは見た目からして別物のうどんで、麺は極太、つゆは真っ黒。^^
一見ゴツイけれど、極太の麺はほわんとして軟らかく、真っ黒のつゆはたまり醤油で風味は甘くまろやか~。
うどんに味噌のたまり汁をつけて食べていた昔のスタイルに近く、お伊勢参りの客がいつ来てもすぐ出せるようにと茹で時間を気にせず
長時間茹でていられる極太麺に進化したのが伊勢うどんとのことです。
ちなみに、極太麺の生麺からの茹で時間は1時間くらい。 ですから地元でもお店以外生麺は出回らず、茹で麺を使うのが一般的みたいです。
さて、茹で麺をお湯で数分茹でなおし、つゆと混ぜれば出来上がり♪  シンプルにネギだけでも美味しいですが、若芽と蒲鉾も入れました。
c0150974_14274415.jpg
つゆ、濃いです~。 濃いけど全然塩っぱくありません。 こちらのメーカーのつゆはこれでも色が薄めでさらりとしていますが、
前々回にいただいた別のメーカーのつゆは、もっとたまり醤油がきいていて黒々と濃く甘めでした。
c0150974_14275443.jpg
麺は、やはり茹で麺なのでどうしても軟らかさに多少もろさが加わったような感じはしちゃいますが、つゆが良くからんで美味しいです。
もちもちしてて優しい食感で、小麦の甘さなどの風味もすごく良く分かるし、太麺好きにはたまりません。
うぅ、茹で立ては猛烈に美味しいんだろうなぁ~。 残念ながら、伊勢まで行かないと茹で立て伊勢うどんは食べられそうにないので
そのうち行ってみたいなと思っていますが、それまで身近で手に入る茹で麺の方を色々楽しんでみようと思います。
[PR]
by aku_beeno | 2014-03-01 23:48 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  辛くて酸っぱい焼きビーフン。  
c0150974_17112770.jpg
我が家で『辛くて酸っぱいの』と呼んでいる焼きビーフン。 夫ふろやん特製の焼きビーフンです。
豆腐と青菜は外せず、こっくり味噌味。 豆板醤とお酢がきいているので辛くて酸っぱくなっています。
マーボー豆腐と酸辣湯が合わさったような?感じでしょうか。  久々に作って貰いましたが、美味しかった♪
ニュータンタンメン、蒙古タンメンと並んで、私のお気に入り辛ウマ麺です。^^

:新竹ビーフン(真っ直ぐタイプ)230gくらい分の合わせ調味料:
スープ(水250gくらい+鶏がらスープの素小さじ2)、味噌大さじ山盛り1、オイスターソース小さじ2、塩小さじ1/2強、コショウ少々
砂糖小さじ2、酒大さじ1、仕上げの酢大さじ2、仕上げゴマ油。
 ビーフンはぬるま湯で軟らかくなるくらいに戻しておく(長かったら切る)。豆板醤小さじ1強は具を炒める時に入れる。
 具が炒まったらビーフンと合わせ調味料を加えて、ビーフンが汁を吸って汁気が無くなるまで炒め煮にする。
 仕上げに酢とゴマ油を混ぜて出来上がり。 具はお好みで。
[PR]
by aku_beeno | 2014-02-16 21:07 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  正麺・カレーうどんを食べてみる。  
正麺シリーズの『うどん』が登場していたので、驚いてつい購入してしまいました~。
 普通のうどんとカレーうどんがあって、とりあえずカレーうどんを試食です。^^
c0150974_1919540.jpg
麺は赤いきつねと同じく平たいきしめん風の麺でしたよ。
c0150974_1919131.jpg
インスタントの場合、具をつゆで煮込むのが難しいため、具はいつも通り炒めて後からのせることに。
つゆが多めで具が沈んじゃってますが、具沢山でいただきます。 食べる前に擂りゴマと七味もトッピングしました。
c0150974_19192022.jpg
さて、いただいてみての感想はというと、なかなか良かったです☆
麺が平たく薄いので、うどんらしい力強さはありませんが、赤いきつねの麺よりプリッと感が出ていて悪く無いです。
ただつゆの方は、カレーのスパイシーさがちょっと物足りなかったのでガラムマサラを追加したら香りが出て美味しくなりましたよ。
それと、かえしの風味がもっと強いと良いなぁと思ったのですが・・・それは関東人だからなのかなぁ~。
次回はカレー粉追加とそばつゆ追加でいただいてみようかなと思います。(正麺のラーメンシリーズに比べるとインパクトは弱いかも。)
[PR]
by aku_beeno | 2013-10-14 19:20 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  正麺の冷し中華を食べてみる。  
売り出しの時に買ってあった正麺の冷し中華。 夏の暑さが残っている間にいただかなくては!ということになって、いざ開封~。
c0150974_15365947.jpg
スープは液体だったので、少し冷蔵庫で冷やしておきました。
インスタントというとスナック的な扱いになるけれど、これは、そばうどんなどの乾麺と同じジャンルのものと言えそうです。
ゆで時間は5分。 洗って氷水にさらすと、つるつるぷりぷりの麺に仕上がりました。  盛り付けて、実食!
c0150974_1537760.jpg
スープは色が濃くて、冷しておいたせいか糸を引くようなトロミがあったので、もしかしたらすごく甘いのかも?と、ちょっと心配になりましたが
甘すぎることは無く、おとなしめにこっくりした味になっていました。 酸味が我が家としては物足りなくて、レモン汁をシャバシャバとかけてちょうどな感じ。
でも、レモン汁をかけると味が薄くなるので、要注意です。 (かけすぎちゃったよ~。。)
c0150974_15371378.jpg
麺は、つるつるで美味しかったです。 チルドの生麺に比べるとやはり、食感の軽さみたいなものは感じますが(生めん風全体で感じます。)
常温長期保存可能でこの美味しさならば、文句のつけようもありません。 ただ、冷し中華は季節ものなので、長期保存の必要があるのかどうか。。
手間はかかりますが麺を冷水でしめるので、のびずに最後まで美味しくいただけるのは良いですね。 麺の太さも好みでした。
この麺、麺だけを使って色々アレンジしたらすごく良さそう。 ふろやんが「麺だけ単売したら良いのに」って一言。 私もそう思います。

これで、正麺(今のところ発売されている)の全種類をいただきましたが、私の中での一番は豚骨味でした。^^
[PR]
by aku_beeno | 2013-09-14 16:18 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  ゴマ塩つけめん。  
c0150974_12474897.jpg
タンメン用の生麺、汁なしタンタンの時に茹でて冷水でしめていただいたらとっても美味しかったので、つけめんでいただいてみることにしました。
つけダレは夫ふろやんの特製。 擂った白胡麻にタンメン用の濃縮スープや蒸し鶏スープ、調味料色々、仕上げに柚子胡椒などを加えたもの。
これが、すごく美味しかった。  鰹や魚粉出汁の和風では無く、柚子胡椒の和風テイストが爽やかで良い感じでした。
[PR]
by aku_beeno | 2013-08-19 12:50 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  バジルたっぷりトマトスパ。  
c0150974_14463356.jpg
私が材料を準備して、夫ふろやんが作る、いつものトマトスパだけれど、
ベランダ栽培のバジルが茂り過ぎな為、剪定したら大収穫となったので、バジルを具としてひと掴みくらいドッサリ入れてみた。
かなり大人っぽい味わい。 使い方としては、何とも贅沢な。 ジェノベーゼソースなら、少量でも十分な味わいになるのにね。
でも、かなり美味しかったので、また大収穫の際は決行することとします。
[PR]
by aku_beeno | 2013-08-16 14:52 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  久しぶりの汁なしタンタン。  
c0150974_23393095.jpg
胡麻味噌ダレは夫・ふろやんの特製。松の実入りの豪華版。  夏だから、冷水でしめてツルツルにした麺でいただきました。
肉そぼろにザーサイやタケノコを入れなかった替わりに、ニンニク少々と長芋のみじん切りを入れてみると
香りとシャリシャリ感が出て美味しかった。  夏野菜の糧も添えました♪
[PR]
by aku_beeno | 2013-08-14 23:43 | 手作り料理・保存食 | Comments(0)
  ラクサ。  
シンガポールの麺料理、『ラクサ』のインスタント袋麺。
先日、coolys氏の記事を拝見した夫・ふろやんが、カルディの袋をぶら下げて帰ってきました。 (ふろ記事 
スープにココナッツミルクが入っていて、麺は小麦の白い太麺、エビの風味のラーメンとのこと。
ふろやんは、私がエビ味噌系がちょっと苦手なので、先ず一人で食べてみるつもりだったみたいだけれど、私も食べてみたいぞ!って
ことで、トッピング具材を色々用意してスタンバって・・・お相伴にあずかりました。^^

袋を開けると、表面がツルツルピカピカの白い麺が登場。
米粉の麺かと思ったけれど、原材料に『めん(小麦粉、食塩)』と書いてありました。(地域によって米粉麺の所もあるらしいです。)
c0150974_1663971.jpg
昔ふろやんがマレーシアで食べた時の話を聞くと、トッピングには香菜やフライドオニオン、厚揚げっぽいのと白身魚のつみれっぽいの、
揚げたナッツみたいなのなどがのっていたそうなので、とりあえず、フライドオニオンを揚げてみました。
他には、茹でもやし、香菜、酒レモン蒸し煮したエビ(煮汁も使用)、ゆで卵、焼き厚揚げ。
c0150974_16732.jpg
いただいてみると、麺はプリッとしてさっぱりした味。 スープはとてもまろやかで風味は穏やか~食べやすいです。
少しピリリとするくらいでそれほど辛くないのですが、スープカレーのようでもあり、具沢山が美味しいスープに感じましたよ。
思いの外、厚揚げが美味しかった! 袋の写真には油揚げのようなものがのっていて、そちらも試してみようかな~。
それと、ちょっと焦げすぎ?と思ったフライドオニオンでしたが、入るとコクが出て美味しかったです。 レモン汁との相性もバッチリ。
暫くハマリそうです☆
[PR]
by aku_beeno | 2013-04-23 16:08 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)
  焼きうどん。  
今日のお昼ご飯。 醤油味の焼きうどん。 削り節、タップリ。
鰹節削り器を使うようになってから仲間入りしたメニューです。 美味し!
c0150974_0403087.jpg
:ふろやんの合わせ調味料:(茹でうどん玉・3玉分)
醤油大さじ1強、塩小さじ1、砂糖小さじ2、酒大さじ1強、鰹ダシの素少々+水大さじ2くらい。
仕上げに、鍋肌から醤油少々を回しかけて香ばしい香りを立たせると良さそう。
[PR]
by aku_beeno | 2013-02-24 00:14 | 手作り料理・保存食 | Comments(2)
  小池さんし放題の状態。  
c0150974_22313753.jpg
今年は新しい袋麺が次々と登場して、話題になりましたね~。
我が家でも色々な種類の袋麺を試食してみましたが、どれもなかなかの美味しさで、すっかりハマってしまいまして・・・
週末ランチには欠かせない状態となっております。 で、今日、在庫を見てみたら、こんなでした。。^^;
私の一番のお気に入りは極太麺の“ちゃんぽん”! ちなみに、ふろやんは正麺の豚骨味とのことです。
もちろんインスタント麺なので一長一短があり、生ラーメンのリアルさを追求するのはどうなんだろう?って考えもあるのですが
各メーカーの意気込みが窺えて、それぞれの特徴や全体としての美味しさを楽しみながらいただけました。^^

ちゃんぽんは『麺の力』と『チャルメラ』の2種類をいただきますが、麺の力の方は麺を茹でた後に粉末スープを溶かすスタンダードタイプで
チャルメラの方は先に粉末スープを溶かしてその中で麺を茹でるタイプ。 スープで麺を茹でるってインスタントでは新しいでしょ。
本場ちゃんぽんのレシピに合わせたのですかねぇ。
↓は、麺の力をいただいた時の写真ですが、スープが少しオトナシイ感じなので、魚介の具(エビ・アサリ)を色々入れたら美味しくなりました。
c0150974_22304823.jpg
ちゃんぽんなので、野菜はタップリ入れます♪
c0150974_22341284.jpg
私の好みとしては、チャルメラのホタテ風味のスープが明るく華やかな感じの風味で好きなのですが、ちょっと明るすぎる感じもして
試しにチャルメラ2袋に麺の力1袋をちゃんぽんして作ってみたところ(我が家は3袋で2人分!)、良い感じに美味しくてビックリでした。^^
[PR]
by aku_beeno | 2012-12-30 22:13 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)